お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
研究事業部 研究助成企画課、研究助成第一課、研究助成第二課、研究事業課
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
詳細はこちら

ENGLISH
科学研究費助成事業

科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金/科学研究費補助金)は、人文学、社会科学から自然科学まで全ての分野にわたり、基礎から応用までのあらゆる「学術研究」(研究者の自由な発想に基づく研究)を格段に発展させることを目的とする「競争的研究資金」であり、ピアレビューによる審査を経て、独創的・先駆的な研究に対する助成を行うものです。

最近の研究成果トピックス

(「科研費NEWS 2018 vol.3」より)

広島大学 大学院国際協力研究科 教授 関 恒樹
人文・社会系

「ネオリベラリズムの時代における『社会的なもの』の再想像/創造―グローバル・サウスの社会開発・政策の諸事例から」 広島大学 大学院国際協力研究科 教授 関 恒樹
「社会的なもの(the social)」とは、人々が互いの生を保障するために形成してきた相互性であるといえます。それは、見ず知らずのアカの他人の間柄においても、徴税と再分配を通じた相互扶助を可能にする思想として、日本や西欧諸国における近代福祉国家を支えてきました。…

 
京都大学 高等研究院 教授 平岡 裕章
理工系

「トポロジカルデータ解析:「データの形」とトポロジー」 京都大学 高等研究院 教授 平岡 裕章
膨大な実験画像データ、大規模シミュレーションで再現される原子配置データなど、現在の科学や産業の現場ではデータが溢れています。このようなデータ駆動型の問題では、データが多いことよりもむしろデータが複雑であることが問題になる場合が多く、複雑データに対して適切な記述子を開発することが望まれています。…

 
理化学研究所 開拓研究本部 主任研究員 平野 達也
生物系

「「再構成」を通して染色体を理解する」 理化学研究所 開拓研究本部 主任研究員 平野 達也
細胞分裂期には、ゲノムDNAは光学顕微鏡下で観察可能な「染色体」へと姿を変えます。この分裂期染色体の構築は、複製した遺伝情報を2つの娘細胞に分配するために必須な準備過程です。私たちは、染色体の構築に中心的な役割を果たす2つのタンパク質複合体「コンデンシンIとII」を発見し、…

 
慶應義塾大学 文学部 教授 石川 透
人文・社会系

「奈良絵本・絵巻研究からの進展」 慶應義塾大学 文学部 教授 石川 透
奈良絵本とは、室町時代後期から江戸時代中期にかけて制作された、手作り手彩色の豪華絵本です。代表的な作品としては、『浦島太郎』や『物くさ太郎』といった、今日でも知られている御伽草子(おとぎぞうし)のいろいろな作品があります。最近では、中高の教科書やマスコミにも登場するようになりましたが、なかなか総合的な研究は進みませんでした。…

 
千葉大学 大学院薬学研究院 准教授 荒井 緑
理工系

「「標的タンパク質指向型天然物単離法」を用いる天然物の発見」 千葉大学 大学院薬学研究院 准教授 荒井 緑
天然物とは、植物,微生物などの自然が生み出した化合物のことで、免疫抑制剤タクロリムスや抗寄生虫病薬イベルメクチンなど、多くの有用な新薬に結びついています。しかしながら、薬に結びつく生物活性のある天然物を発見・精製し、その構造を解明するのは時間と労力がかかります。…

 
中部大学 創発学術院 准教授 松田 一希
生物系

「テングザルの鼻と社会」 中部大学 創発学術院 准教授 松田 一希
天狗のような大きな鼻が特徴的なテングザルを、ボルネオ島のジャングルで13年間観察しています。テングザルは、沿岸部や川沿いの、地面がぬかるみ、人の侵入を阻むような森に棲んでいるため、長い間その生態は謎でした。朝から晩まで森でサルを観察し、基本的な生態、社会性が少しずつ明らかになってきました。…

 
横浜国立大学 大学院国際社会科学研究院 教授 相馬 直子
人文・社会系

「ダブルケアが負担にならない社会へ」 横浜国立大学 大学院国際社会科学研究院 教授 相馬 直子
少子化と晩婚化と高齢化の中で、育児と介護を経験する時差が縮まってきています。制度も研究も「子育て」・「高齢者」と対象別に進められており、育児と介護の両方に直面する問題は見過ごされてきました。そこで、英国ブリストル大学の山下順子上級講師と「ダブルケア」という概念をつくり、…

 
茨城大学 大学院理工学研究科 量子線科学専攻 准教授 中野 岳仁
理工系

「ナノ空間で創る新奇磁性体」 茨城大学 大学院理工学研究科 量子線科学専攻 准教授 中野 岳仁
電子はミクロな磁石である「スピン」を持っています。永久磁石などの磁性体の中では、電子のスピンが自発的に向きを揃えています。これは電子間の量子力学的な相互作用によるものですが、膨大な数のスピンが向きを揃える条件が満たされることはあまりなく、磁性体になり得る物質は限られます。それを得意とする元素があり、…

 
岡山大学 資源植物科学研究所 教授 鈴木 信弘
生物系

「ネオウイルス学:ウイルスいろいろ」 岡山大学 資源植物科学研究所 教授 鈴木 信弘
ウイルスは、一般的に動物や植物に病気を起こす「悪者」と見られています。確かに、流行性感冒や、肝炎、食中毒を起こしたり、青梅の梅林を破壊したりとその被害は甚大ですが、これらはウイルスの一側面でしかありません。病気を起こさないウイルスもたくさん存在し、人間にとっては役立っているウイルスもあります。…

 
理化学研究所 開拓研究本部 主任研究員 平山 秀樹
理工系

「高効率深紫外発光素子の開発」 理化学研究所 開拓研究本部 主任研究員 平山 秀樹
深紫外発光ダイオード(LED)・半導体レーザ(LD)は、殺菌・浄水、皮膚治療などの医療、農作物病害防止、生化学産業、樹脂硬化成型、印刷、塗装、コーティングなど、幅広い分野での応用が考えられ、今後の大きな市場展開が期待されています。窒化物AlGaN(窒化アルミニウムガリウム)系混晶半導体は、…

 
九州大学 大学院薬学研究院 教授 津田 誠
生物系

「痛みと痒みの仕組みと慢性化メカニズムの解明に向けて」 九州大学 大学院薬学研究院 教授 津田 誠
外界からの多様な刺激は、一次求心性神経を介して脊髄後角へ入り、神経回路で適切に処理され、脳へと伝達されます。この感覚信号が正しく伝達されることで、私たちは外界の環境へ適応し、生体の恒常性を維持しています。しかし、炎症や神経系の障害などでこの秩序が乱れ、その結果、治療に難渋する慢性的な痛みや痒みを発症することがあります。…

 
芝浦工業大学 工学部 教授 菅谷 みどり
理工系

「生体信号による感情推定に基づくロボットの研究開発」 芝浦工業大学 工学部 教授 菅谷 みどり
私たちは、人の心に寄り添うロボットの研究開発を行っています。高齢化社会先進国の日本では、介護や医療分野でのロボット支援についての研究が数多く行われていますが、ロボットによるQoL (Quality of Life)支援、コミュニケーションを通じた人の情緒活動や精神的な満足度を満たす支援は、まだ十分に研究されていません。…

 
大阪大学 大学院歯学研究科 准教授 久保庭 雅恵
生物系

「歯周病原性細菌叢形成機序の分子レベルでの解明を目指して」 大阪大学 大学院歯学研究科 准教授 久保庭 雅恵
ヒトの口腔内には500種以上の細菌が生息しており、口腔細菌叢を形成しています。これらの細菌群は、シグナル伝達や共凝集、代謝物質の相互利用など、菌体間のさまざまな相互作用により互いの表現型に影響を及ぼしあっています。さらに、宿主体内の環境の影響も受けて、細菌集団としての構成バランスを変化させます。…

 
科研費NEWS オープンアクセス ひらめきときめきサイエンス
基金化とは ~科研費ロゴ 科研費改革の動向
~エッセイ~私と科研費 最近の研究成果 科研費からの成果展開事例
電子申請のご案内
審査委員候補者情報登録システム 科研費に関するご意見・ご要望 受付窓口

NEWS

2019年2月14日
科研費データを更新しました
2019年2月14日
平成30年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(特別推進研究)の研究進捗評価について
2019年2月6日
平成30年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(特別研究員奨励費)第7回の交付決定について
2019年2月1日
科学研究費助成事業(基金分、一部基金分)継続課題に係る支払請求書の提出等について
2019年2月1日
平成30年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(奨励研究)実績報告書の作成について
2019年1月30日
平成30年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(A)))の交付内定について
2019年1月16日
「我が国における学術研究課題の最前線(平成30年度)」について
2019年1月16日
平成31年度(2019年度)科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(特別研究員奨励費)の募集について
2019年1月16日
平成30年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(基盤研究(S))の研究進捗評価について
2019年1月16日
科研費(基金分、一部基金分)の補助事業期間延長承認申請書の提出について
2019年1月15日
審査委員名簿の更新について
2019年1月11日
平成31年度科学研究費助成事業(科研費)における研究活動スタート支援の基金化について
2019年1月9日
「科研費NEWS 2018 vol.3」を掲載しました。
2019年1月1日
平成30年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(特別研究員奨励費)第7回の交付内定について
2018年12月21日
平成30年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)の交付決定の変更(調整金前倒し使用分(第2回))について
2018年12月14日
平成30年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(特別研究員奨励費)第6回の交付決定について
2018年12月4日
平成30年度科学研究費助成事業(補助金分・一部基金分)の繰越申請手続について
2018年12月3日
平成30年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B)))の交付決定について
2018年11月20日
平成30年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(特別研究員奨励費)第5回の交付決定について
2018年11月14日
平成30年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(基盤研究(S))の新規採択課題について
2018年11月13日
平成30年度科研費等の審査に係る総括について
2018年11月9日
平成30年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(特別研究員奨励費)第6回の交付内定について
2018年11月8日
科研費ハンドブック-2018年度版-【研究機関用】(様式集)を掲載しました。
2018年11月5日
平成30年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(特別研究員奨励費)第4回の交付決定について
2018年10月31日
科研費ハンドブック-2018年度版-【研究機関用】(本体)を掲載しました。
2018年10月16日
科学研究費助成事業(国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B)))の審査結果の開示について
2018年10月12日
平成30年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(特別研究員奨励費)第5回の交付内定について
2018年10月9日
平成30年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(国際共同研究加速基金(国際共同研究強化B))の交付内定について
2018年10月5日
[文部科学省]「平成31年度科学研究費助成事業公募要領等説明会」の動画及び参考資料を掲載しました。<文部科学省のHPへのリンク>
2018年10月5日
科学研究費助成事業における審査及び評価に関する規程(平成30年10月3日改正)について
2018年10月5日
平成30年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(研究活動スタート支援)の交付決定について
2018年10月5日
平成30年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)の交付決定の変更(調整金前倒し使用分(第1回))について
2018年10月1日
平成30年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(特別研究員奨励費)第4回の交付内定について
2018年9月28日
[文部科学省]「平成31年度科学研究費助成事業公募要領等説明会」のFAQを掲載しました。<文部科学省のHPへのリンク>
2018年9月26日
「科研費NEWS 2018 vol.2」を掲載しました。
2018年9月25日
平成31年度科学研究費助成事業-科研費-の公募要領の英語版を掲載しました。
2018年9月20日
平成30年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)の交付決定の変更(若手研究における独立基盤形成支援(試行))について
2018年9月20日
科研費パンフレット2018を作成しました。
2018年9月11日
科研費FAQを更新しました
2018年9月6日
科研費100周年記念シンポジウムの開催について
2018年9月6日
平成30年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(特別研究員奨励費)第3回の交付決定について
2018年9月3日
「私と科研費No.115(平成30年9月)」を掲載しました。
2018年9月1日
平成31年度科学研究費助成事業-科研費-の公募について
2018年9月1日
平成31年度科学研究費助成事業-科研費-の研究計画調書等の英語版を掲載しました。
2018年9月1日
平成31年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(奨励研究)の公募について
2018年9月1日
平成31年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(研究成果公開促進費)の公募について
2018年9月1日
平成30年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(国際共同研究加速基金(帰国発展研究))の公募について

過去のNEWS一覧はこちら