お問い合わせ先

[公募・申請に関すること]
独立行政法人日本学術振興会研究者養成課
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
TEL03-3263-3769
MAILtakuken*jsps.go.jp

[制度に関すること]
文部科学省科学技術・学術政策局人材政策課人材政策推進室
〒100-8959
東京都千代田区霞が関3-2-2
TEL03-6734-4021

(注)メールアドレスは、「@」を「*」に置換しています。

文部科学省卓越研究員事業HPリンク

卓越研究員事業

卓越研究員事業の目的
近年、短い任期での雇用など不安定な雇用によって、新たな研究領域に挑戦し、独創的な成果を出すことができるような環境に若手研究者が置かれておらず、我が国の科学技術・学術研究の持続的な発展が不安視されています。 
また、産学官のセクター間を越えた研究者の流動性が低く、人を介した 知の移転がなされず、世界規模での急速な産業構造の変化への対応が困難となっています。 
一方、人材の育成・活躍促進や多様性の確保に向けては、大学や公的研究機関、企業等が、組織として人材育成やキャリアの形成に強い責任感を持って取り組むことが重要です。 また、若手研究者自身も、自らのキャリアパスは自ら切り拓くものとの意識を持ち、自らの持つ能力を高め、社会の様々な場でその能力を発揮していくことが求められています。 
このような状況を背景とし、新たな研究領域に挑戦するような若手研究者が、安定かつ自立して研究を推進できるような環境を実現するとともに、全国の産学官の研究機関をフィールドとして活躍し得る若手研究者の新たなキャリアパスを構築するため、 「卓越研究員事業」を実施します。

卓越研究員事業の概要  
卓越研究員事業では、最初に、文部科学省又は本会が、本事業への参加を希望する研究機関からポストを募集し、提示されたポストのうち要件を満たすものを文部科学省又は本会のHPを通じて、一覧化し、公開します。 それと並行して、若手研究者に対し、卓越研究員の公募を実施します。
次に、本会において申請した若手研究者の審査を実施し、文部科学省が卓越研究員候補者を決定します。
一方で、ポストを提示した各研究機関と卓越研究員候補者との当事者間交渉の結果、各研究機関において卓越研究員候補者が安定かつ自立した研究環境を得た場合に、文部科学省が当該候補者を卓越研究員として決定し、必要に応じて、一定の期間、研究費等を支援します。

ポストの提示を希望する研究機関はこちら   卓越研究員を目指す研究者はこちら

新着情報

2017年7月4日
平成29年度卓越研究員候補者の選考結果について(Selection result of EYR candidates 2017)
2017年4月24日
平成28年度卓越研究員事業における卓越研究員の公表について(Disclosure of Excellent Young Researchers in FY 2016.)
2017年4月24日
卓越研究員候補者選考の審査員を公表しました。 (Publication of the EYR Selection Committee members.)
2017年3月21日
平成29年度卓越研究員の申請受付開始について (Started accepting applications for Leading Initiative for Excellent Young Researchers of FY 2017.)
2017年3月14日
平成29年度卓越研究員事業公募説明会の参加申込受付を開始しました。(The participation application acceptance to the public briefing for researchers of FY 2017 LEADER started. )
2017年3月7日
英語版「公募要領」掲載について (Application Guidelines 2017 (English version))
2017年3月6日
(予告)平成29年度卓越研究員事業説明会について([Advance notice] The Public briefing for researchers of FY 2017 LEADER)
2017年3月6日
平成29年度卓越研究員ポスト一覧の掲載について(Publicize the post list of FY 2017)
2017年2月7日
平成29年度「卓越研究員事業」公募に係るQ&Aについて掲載しました。 (公募情報ページ内)
2017年1月23日
平成29年度 卓越研究員事業の公募について(Public offering of Leading Initiative for Excellent Young Researchers in FY 2017)

過去の新着情報はこちら