お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
人材育成事業部 研究者養成課
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
詳細はこちら

特別研究員-RPD

申請手続き

  平成30年度採用分特別研究員-RPDに関するQ&A


1.申請資格について


Q1-1 平成29年4月2日以降に出産予定だが、申請できるか。
A1-1 申請できません。申請できるのは、採用年度の4月1日より1年以上前(申請年度の4月1日以前)に出産された方です。申請年度の4月2日以降に出産された方については、次回募集分から対象となります。次回募集分に申請される際には、必ず最新版の募集要項をご確認ください。

Q1-2 「未就学児」の定義は何か。
A1-2 小学校の就学年齢に満たない者(0歳~5歳の者、または6歳児のうち、6歳に達した日以後の最初の3月31日を迎えない者)を指します。

Q1-3 「5年以内に疾病や障害のある子を養育した者」とあるが、当該の子の年齢に制限はあるか。
A1-3 年齢に制限はありません。平成29年4月1日から過去5年以内に「疾病や障害のある子の養育のため」3ヶ月以上研究活動を中断していれば申請できます。

Q1-4 「子」の定義は何か。
A1-4 「子」の定義は、民法上の解釈に則して、申請者本人の子(実子、非嫡子又は養子)となります。

Q1-5 「3ヶ月以上研究活動を中断した者」となっているが、3ヶ月に満たない場合には認められないのか。
A1-5 認められません。ただし、研究活動の中断は「1ヶ月」を単位とし、以下の通り算出します。
(1)月をまたぐことのない半月程度の中断は1ヶ月として換算しません。
(2)当該月の中断が半月程度であっても、中断が翌月若しくは前月にまたがる場合は1ヶ月として換算して構いません。
(3)ただし、連続する月の双方で中断が半月程度の日数である場合は、どちらか日数の多い方を1ヶ月として換算して下さい。少ない方は中断に含みません。
「RPD申請書作成要領」に図表を記載しておりますので、こちらを参考に自身の中断時期が3ヶ月以上か確認して下さい。(RPD申請書作成要領のⅡ<申請書情報の入力について>、「(17)研究中断時期の合計」参照)
また、研究中断は連続した「3ヶ月以上」でなくとも構いません。

Q1-6 「研究活動を中断した」とは、中断前に研究職に就いていて、その職を辞めた場合のみが該当するのか。また、そのことを証明する書類(退職証明等)が必要か。
A1-6 出産・育児による研究中断には、様々な事情があることを想定し、研究職を辞めた方のみに対象者を限定していません。従って、証明書等を提出いただく必要もありません。

Q1-7 研究中断後、現在は非常勤研究員(非常勤講師)として研究を行っているが申請できるか。
A1-7 申請できます。申請資格では現職の有無は問いません。ただし、採用後は特別研究員以外の身分を持つことはできません(一部例外もありますので、詳細については、遵守事項および諸手続の手引(https://www.jsps.go.jp/j-pd/pd_tebiki.html)をご確認ください)。

Q1-8 RPDの採用時に受入研究機関を大学院在学当時の所属研究機関以外の研究機関としなくてよいのか。(特別研究員-PDの場合は要件となっているが。)
A1-8 特別研究員- RPDの場合、対象者の育児等の状況に配慮し、研究機関の移動については要件としていません。ただし、一般的に若手研究者が多様な研究環境を経験することは、研究能力の向上につながるものと期待されますので、募集要項では「大学院在学当時の所属研究機関以外の研究機関を選定することを推奨する」こととしています。

Q1-9 特別研究員若しくは海外特別研究員との併願は可能か。
A1-9 特別研究員PD・海外特別研究員・海外特別研究員-RRAいずれも併願可能です。但し、重複採用は認められませんので、2つ以上内定があった場合は、採用を希望する事業を1つ選んでいただきます。それ以外は全て辞退してください。

Q1-10 特別研究員採用経験者若しくは海外特別研究員採用経験者は申請することができるか。
A1-10 特別研究員PD・DC2・DC1、海外特別研究員いずれの採用経験者であっても申請できます(RPD採用経験者はQ1-11参照。)。また、特別研究員若しくは海外特別研究員の採用期間が残っている場合もRPDに申請できます。ただし、特別研究員-RPDに採用内定となった場合は、重複採用とならないように採用開始日の前日までに採用中の特別研究員若しくは海外特別研究員を辞退していただきます。

Q1-11 特別研究員-RPDに採用された者が、再度特別研究員-RPDに申請することはできるか。
A1-11 特別研究員-RPD採用経験者は、前回の特別研究員-RPD採用開始後に新たに出産した場合(配偶者の出産を含む)のみ、再度申請することができます。

このページのトップへ戻る

2.採用予定数について

Q2-1 昨年の採用率はどれくらいか。
A2-1 本会特別研究員ホームページ「採用状況」(http://www.jsps.go.jp/j-pd/pd_saiyo.html)を確認してください。
このページのトップへ戻る

3.採用期間について

Q3-1 申請後に採用開始日を変更することは可能か。
A3-1 出産・育児の理由(例.保育園の入園が困難なため)の場合には、1度だけ採用開始日を変更することができます。その他の理由での変更は認められません。
出産・育児の理由の場合、採用内定後に本会へ連絡の上、変更の可否を問い合わせてください。

このページのトップへ戻る

4.支給経費について

Q4-1 研究奨励金はどのように支払われるのか。
A4-1 毎月20日(休日や銀行又は本会休業日の場合は翌日)に、特別研究員本人名義の口座に振り込みます。
なお、毎年4月分に関しては5月分と併せて5月に支給しますので、4月には振込は行いません。
支給する際には、所得税を源泉徴収した額を振り込みますので、募集要項に記載の額が満額振り込まれる訳ではありません。また、住民税については原則として各自で納付をすることになります。
詳細については、「遵守事項および諸手続の手引」(http://www.jsps.go.jp/j-pd/pd_tebiki.html)を参照してください。
※手引については、随時更新されますので、必ず最新版を確認してください。

Q4-2 科学研究費助成事業(特別研究員奨励費)はどのように応募するのか。
A4-2 特別研究員奨励費は科学研究費助成事業の一種であり、特別研究員に採用内定後、別途応募手続きについてご案内します。応募手続きは、受入研究機関を通じて行うこととなりますので、 当該研究機関の事務担当の方の指示に従ってください。

Q4-3 科学研究費助成事業(特別研究員奨励費)はどのように支払われるのか、 また、どのように使用するのか。
A4-3 特別研究員奨励費は受入研究機関において管理することとなっておりますので、特別研究員本人に直接支払われることはありません。特別研究員奨励費への応募後、各受入研究機関に対して交付内定金額等について通知(交付内定)されますので、受入研究機関からの指示に従い、交付申請手続きを行ってください。交付申請が受理され、交付決定が行われた後、受入研究機関名義の口座に特別研究員奨励費が振り込まれます。
また、使用にあたっての質問は、受入研究機関の科研費担当の方にお問い合わせ下さい。科学研究費補助金の使用に関するルールを定めた「補助条件」及び各受入研究機関の会計ルールに従い、これを適正に使用する義務が課せられています。

このページのトップへ戻る

5.申請書の記入方法について

Q5-1 申請書を紙媒体で提出してもよいのか。
A5-1 申請書は、電子申請システムを通じてのみ受け付けます。申請者はあらかじめ申請機関を通じてID・パスワードを取得した上で、電子申請システムにより申請書を提出(送信)してください。評価書等の添付書類も全て電子申請システムで提出を行っていただきます。

Q5-2 申請書の所定の様式内では記入しきれない場合、ページの追加等は可能か。
A5-2 所定の様式へページを追加したり、新たに用紙を加えたりすることはできません。これらを行った場合は、不備の申請書とみなされ、審査にあたり不利益を生じることがあります。

申請書「4.研究業績」欄に記入しきれない場合には、主要な業績に絞り込んで記入してください。


このページのトップへ戻る

6.選考について

Q6-1 選考の日程を知りたい。
A6-1 選考日程は、本会特別研究員ホームページ「選考日程」(http://www.jsps.go.jp/j-pd/pd_nittei.html)に掲載します。




    Q&A for Fellows under FY2018 Research Fellowships for Young Scientists (RPD)

This Q&A consists of two parts, one written in Japanese and the other in English. If any differences in wording or interpretation should occur between the two parts, the Japanese part will take precedence.


1. Eligibility


Q1-1 I will give birth on or after April 2, 2017. Can I apply for the fellowship for FY 2018?
A1-1 No. The eligible applicants for this application round are those who gave birth more than a year before April 1, 2018. For those who will give birth after April 2 of the application year, they are eligible for the next recruitment. When applying for the program, be sure to read the latest application guidelines.

Q1-2 What is the definition of a “preschooler”?
A1-2 It refers to a person who is under school age of elementary school. More specifically, a person 0 to 5 years of age or a six-year-old, who does not pass beyond the first March 31 after celebrating the 6-year-old -birthday is a preschooler.

Q1-3 It is said that a person who has taken care of a child with a disease or disorder within the past five years is eligible. Is there an age limit for the child?
A1-3 There are no restrictions on age. An applicant whose research activities have been interrupted for more than three months “for the upbringing of a child with a disease or disorder” within the past five years from April 1, 2017 is eligible to apply.

Q1-4 What is the definition of an “infant/child”?
A1-4 It is an applicant’s own child (biological, illegitimate or adopted) under Japan’s Civil Code.

Q1-5 If the period of research activities’ interruption would be for less than three months, can I apply?
A1-5 No. However, a period of research activities’ interruption is calculated in units of ‘one month’. The three months period does not necessarily require three consecutive months. Please refer to the RPD application procedure to check if such interruption period meets the more-than-three-months criteria before applying.
For more details, see the RPD Operation Manual (in Japanese) [申請書作成要領] II <申請書情報の入力について>、 「(17)研究中断時期の合計 」参照).

Q1-6 With regard to suspending one’s research activities, can I only apply if I resign a job I had before suspending my research? Would I need to submit some kind of certificate showing that I have resigned that job?
A1-6 People suspend their research for the purpose of childbearing and infant raising under various conditions, not only resigning a research job. Accordingly, no certificate is required.

Q1-7 After suspending my research, I have been doing some research as a part-time researcher (part-time lecturer). May I apply for RPD fellowship?
A1-7 Yes, you may. You can make an application without regard to your affiliation at the time of application. But, please be aware that you cannot hold another status during your RPD tenure. On the other hand, under certain conditions, you are allowed to work part-time at an institution. For more details, see the Compliance Rules and Procedure Guidance [遵守事項および諸手続の手引き] (in Japanese) on JSPS’s website (http://www.jsps.go.jp/j-pd/pd_tebiki.html).

Q1-8 When I restart my research would it have to be in research institution other than the one in which I was enrolled when I received my doctorate? (I understand that this is a requirement for PD fellows.)
A1-8 Under the RPD fellowship, there is no requirement for the fellow to change research institutions, as consideration is given to fellow’s special needs in continued childbearing. However, young researchers are encouraged to change institutions for the purpose of enhancing their research skills and capacities.

Q1-9 May I apply to more than one fellowship either with a Research Fellowship for Young Scientists or an Overseas Research Fellowships?
A1-9 Yes, you may submit dual applications. If you receive preliminary notices of both fellowship appointments, you will have to choose either one.

Q1-10 Can people who have previously granted a “Research Fellowship for Young Scientists (PD/DC)” and or a “Overseas Research Fellowships” apply?
A1-10 Yes. People who have previously granted a PD, DC2, DC1 or Overseas Research fellowships are eligible to apply. You may apply even if you have time left on your Research Fellowship for Young Scientists or Overseas Research Fellowships. However, you must resign it at least one day before your RPD fellowship starts.

Q1-11 I was appointed and granted as a Fellow-RPD in the past. May I make an application again?
A1-11 If you or your spouse gave birth to another child during or after the first tenure, you may apply for a RPD fellowship again.


2. Scheduled Selections


Q2-1 What was last year’s selection ratio?
A2-1 Please refer to JSPS’s (Japanese) webpage (http://www.jsps.go.jp/j-pd/pd_saiyo.html)


3. Fellowship Tenure


Q3-1 Is it possible to change the starting date of one’s fellowship?
A3-1 No, it’s not. However, an exception may be made only once for reasons of childbearing or upbringing (e.g., difficultly in enrolling a child in nursery school). If you should wish to change the starting date for such reasons, please contact JSPS after you receive your notice of provisional selection.


4. Allowances


Q4-1 How are a fellow’s allowances paid?
A4-1 They are deposited into the fellow’s registered bank account on the 20th of each month. (In the case of national holiday, bank holiday or JSPS’s office closed, the deposit is made on the next day.)

Please note that the first month of your allowance will be paid together with the second month. Every year after that, your allowances for April and May will be paid together in May.

National income tax is withheld from the amount deposited. Accordingly, the amount paid will differ from the full amount stated in the application guidelines. As a rule, fellows need to pay their own local taxes. For details, please see the Compliance Rules and Procedure Guidance [遵守事項および諸手続の手引き] (in Japanese) on JSPS’s website (http://www.jsps.go.jp/j-pd/pd_tebiki.html). Since they are revised annually, please refer to the latest version.

Q4-2 How do I apply for a “Grants-in-Aid for JSPS Fellows” under the Grants-in-Aid for Scientific Research Program?
A4-2 After being issued a notice of provisional appointment, fellows receive a guide on the application procedure. As the application process is carried out through your host institution, you should follow the instruction from its administrative office.

Q4-3 How is the Grant-in-Aid for Scientific Research (Grant-in-Aid for JSPS Fellows) paid? How is it used?
A4-3 The grant is managed by the host institution. It is not paid directly to the Fellow himself/herself. Following the submissions of application to Grant-in-Aid for JSPS Fellows, a grant amount is notified to each host institution. (Informal decision to grant the funding; 交付内定 )
Please follow the grant application procedure in accordance with an instruction from the host institution. After the grant application was accepted and the grant decision has been made, it will be transferred to the account of the host institution.
Concerning the question about use of the grant, please contact the person in charge of the host institution. Fellows should comply with the rules regarding the use of the Grant-in-Aid for Scientific Research that are specified in the “Supplementary conditions” (補助条件), accounting rules of each host institution and the obligation of the proper use.


5. Applications


Q5-1 May I submit a paper application for the fellowship?
A5-1 Applications may only be submitted via JSPS’s electronic application system. When applying, a person should acquire a system ID and password from his/her applying institution. Then, the application form should be submitted via the electronic system. The evaluation letter [評価書] and other attached documents should also be submitted via the electronic application system.

Q5-2 May pages be added to the application form if the information I wish to enter exceeds the space allotted.
A5-2 No additional pages or new sheets may be added to the form. If they are added, the application will be regarded as erroneous.
Regarding item 4. Research Achievements [研究業績] of the application form, if your information does not fit into the allotted space, please narrow it down to the most important achievements.


6. Selection Process


Q6-1 Where can I find the selections schedule?
A6-1 The selection schedule is posted on JSPS’s (Japanese) webpage.
See http://www.jsps.go.jp/j-pd/pd_nittei.html