ENGLISH

外国人特別研究員

趣旨

外国人研究者招へい事業(外国人特別研究員)は、諸外国の若手研究者に対し、我が国の大学等において日本側受入研究者の指導のもとに共同して研究に従事する機会を提供する事業です。このプログラムは、外国人特別研究員の研究の進展を援助すると共に我が国及び諸外国における学術の進展に資することを目的としています。
外国人研究者招へい事業(外国人特別研究員)には、下記5つのプログラムがあります。

博士号取得
前後~
ポスドク~

外国人特別研究員(サマー・プログラム)
欧米主要国の博士号取得前後の若手研究者を夏期2ヶ月間日本の大学等に受け入れる制度です。




外国人特別研究員(戦略的プログラム)
特定の国との間で、特に将来が期待されている優秀な大学院レベルの若手外国人研究者を、比較的短期間、戦略的に日本の大学等に受け入れる制度です。




外国人特別研究員(欧米短期)
欧米諸国の博士号取得前後の若手研究者を比較的短期間日本の大学等に受け入れる制度です。



外国人特別研究員(一般)
博士号取得直後の外国人若手研究者を最大2年間日本の大学等に受け入れる制度です。



外国人特別研究員(定着促進)
博士号取得直後の外国人若手研究者を2年間日本の大学等に受け入れ、外国人研究者を常勤職として採用する取り組みを促す制度です。