電子申請のご案内

電子申請については
こちらをご覧ください。

お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
国際事業部 研究協力第二課
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
麹町ビジネスセンター

TEL 03-3263-1864/1918/1724
FAX 03-3234-3700
MAIL

スイスとの国際共同研究プログラム(JRPs)

申請・採用状況

ドイツとの国際共同研究プログラム(JRPs-LEAD with DFG)(申請・採用状況)



  募集件数 申請件数 採択件数
平成30年度 10件程度 25 9

平成30年度採択課題
研究課題名 日本側研究代表者 ドイツ側研究代表者 H30 H31 H32 H33
欧州とアジアにおけるバイオマス燃焼起源有機エアロゾル:分子組成と大気環境への影響 中部大学
教授
河村 公隆
Hartmut
HEERMANN
Professor,
Leibniz Institute for Tropospheric Research
報告書 PDF      
年々変動と長期トレンドにおける中層大気と超高層大気結合:大気波動の役割を探る 九州大学
准教授
リュウ フイシン
Christoph
JACOBI
Professor,
Institute for Meteorology,
University of Leipzig
報告書 PDF      
植物プランクトンの生理生態応答と物質循環に関するハイパフォーマンスモデル開発 国立研究開発法人
海洋研究開発機構
主任研究員
シャーウッド
ラン スミス
Onur
KERIMOGLU
Postdoctoral Researcher,
Helmholtz-Zentrum Geesthacht
報告書 PDF      
天然層状ケイ酸塩のトポタクティック変換による多孔質ケイ酸塩の合成 早稲田大学
教授
下嶋 敦
Bernd
MARLER
Senior Lecturer,
Institute for Geology, Mineralogy and Geophysics,
Ruhr-University Bochum
報告書 PDF      
HIGHER:岩石き裂の高温高圧下レオロジー:マグマシステム・熱水循環への影響 東北大学
准教授
渡邉 則昭
Francesco
PARISIO
Post-doctoral Researcher,
Institute of Geotechnical Engineering,
Freiberg University of Mining and Technology
報告書 PDF      
大気データ解析における非断熱加熱の代替指標としての水蒸気同位体情報の高度応用 東京大学
生産技術研究所
准教授
芳村 圭
Matthias
SCHNEIDER
Group Head of Remote Sensing of Water Isotopoloques,
Institute for Meteorology and Climate Research,
Karlsruhe Institute of Technology
報告書 PDF      
二枚貝殻の化学組成と殻構造の微小領域変動:成長線解析による古環境復元の革新的手法 東京大学
大気海洋研究所
助教
白井 厚太朗
Bernd R.
SCHOENE
Professor,
Institute of Geosciences,
University of Mainz
報告書 PDF      
古生物学と発生学の統合的アプローチで迫るカメ類の頭骨の進化的起源 武蔵野美術大学
准教授
小薮 大輔
Ingmar
WERNEBURG
Curator of Paleontology,
Senckenberg Centre for Human Evolution and Palaeoenvironment Tübingen
報告書 PDF      
赤道電離圏の変動とプラネタリー波の関係について 九州大学
准教授
三好 勉信
Yosuke
YAMAZAKI
Researcher,
Geophysics,
GFZ German Research Center for Geosciences
報告書 PDF      

※各研究課題全体を総括する共同研究報告書が最終年度の報告書を兼ねています。
※日本側研究代表者および相手国側研究代表者情報は採択時のものです。