お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
国際事業部 国際企画課
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
Tel 03-3263-1883
Fax 03-3234-3700
Email horcs@jsps.go.jp

グローバルリサーチカウンシル(GRC:Global Research Council)

第4回GRC年次会合について

   5月27~28日に、グローバルリサーチカウンシル(GRC)の第4回年次会合を開催しました。会合には47ヶ国及び国際機関の56機関の学術振興機関長等が出席し、「科学上のブレークスルーの支援のための原則に関する宣言」、 及び「研究・教育の能力構築に関するGRCのアプローチ」の2つの文書が採択されました。

第4回年次会合
(プログラム)
日程:

2015年5月27-28日

場所: 東京(日本)
議題: 1. Research Funding for Scientific Breakthrough
2. Building Research and Education Capacity
  成果文書:
(英文) 1.Statement of Principles for Funding Scientific Breakthroughs
(和文仮訳) 1.科学上のブレークスルーの支援のための原則に関する宣言
(英文) 2.Statement of approaches : Building Research and Education
Capacity
(和文仮訳)  2.研究・教育の能力構築のためのアプローチに関する宣言
  年次会合報告文書
  その他: 参加国・機関一覧
    Press Conferenceの模様 (ビデオ)
 
内閣総理大臣メッセージ(全文) (ビデオ)


・関連ウェブサイト:グローバルリサーチカウンシル   
   http://www.globalresearchcouncil.org/

 


フォトギャラリー


 

GRCとは

   グローバルリサーチカウンシル(GRC:Global Research Council)は、さらなる国際共同研究への道筋を探ることを目的とした新興国も含めた世界各国の学術振興機関の長によるバーチャル・フォーラムであり、2012年5月に米国科学財団(NSF:National Science Foundation)の提唱によりワシントンDCで設立されました。振興会は、GRC設立当初から理事会メンバーとしてGRCの運営に携わっています。
   GRCは国際研究協力を促進するための共通原則の確認等を目的としており、年次会合及びその準備会合に位置づけられる地域会合がそれぞれ年1回開催されます。これまでに年次会合が以下のとおり開催され、共通原則に関する宣言等の採択等を行っています。

第1回年次会合

日程:

2012年5月14-15日

場所: ワシントン(米国)
成果: (英文)    Statement of Principles for Scientific Merit Review
(和文仮訳) 「科学におけるメリット・レビューの原則に関する宣言」

第2回年次会合

日程:

2013年5月28-29日

場所: べルリン(ドイツ)
成果: (英文)    Statement of Principles for Research Integrity
(和文仮訳) 「研究公正の原則に関する宣言」
(英文)    Action Plan towards Open Access to Publications
(和文仮訳) 「オープンアクセス行動計画」

第3回年次会合

日程:

2014年5月27-28日

場所: 北京(中国)
成果: (英文)    Statement of Principles and Actions for Shaping the Future
  (和文仮訳) 未来の創造(人材育成)の原則・行動に関する宣言

 

新着情報

2015年10月23日
参加国・機関一覧を掲載しました。
2015年8月11日
GRC年次会合報告文書を掲載しました。第1回年次会合-第3回年次会合 成果文書を更新しました。
2015年3月26日
学振TOPICSに「グローバルシンポジウム受付登録開始」を掲載しました。
2015年2月5日
グローバルシンポジウムページを掲載しました。
2015年1月9日
グローバルリサーチカウンシル (GRC) アフリカサミットページを掲載しました。
2014年6月26日
ホームページを掲載しました。