お問い合わせ先

本件に関する問合せ先
独立行政法人日本学術振興会
国際生物学賞委員会事務局
TEL03-3263-1724/1918
FAX03-3234-3700
E-mail

ENGLISH

国際生物学賞

天皇皇后両陛下のご臨席を仰いで、
第34回国際生物学賞授賞式が挙行されました。
(平成30年11月19日)


第34回国際生物学賞授賞式1

   第34回国際生物学賞授賞式は、11月19日に日本学士院において、天皇皇后両陛下のご臨席を仰ぎ、内閣総理大臣代理として左藤章内閣府副大臣、柴山昌彦文部科学大臣をはじめ、各界から多数の来賓の参列を得て、盛会のうちに執り行われました。
 式典では、井村裕夫国際生物学賞委員長から、受賞者のアンドリュー・ハーバート・ノール博士に、賞状と賞金1,000万円及び賞牌が授与され、天皇陛下からの賜品「御紋付銀花瓶」が伝達されました。
 続いて、内閣総理大臣祝辞(代読 左藤章内閣府副大臣)、並びに文部科学大臣祝辞の後、ノール博士が受賞の挨拶を行いました。
 引き続き、天皇皇后両陛下ご臨席の下、受賞者を囲んで記念茶会が行われました。

  • 第34回国際生物学賞授賞式2

    賜品を手にするノール博士夫妻

  • 第34回国際生物学賞授賞式3

    記念茶会

 

国際生物学賞とは

国際生物学賞は、昭和天皇の御在位60年と長年にわたる生物学の御研究を記念するとともに、本賞の発展に寄与されている今上天皇の長年にわたる魚類分類学(ハゼ類)の御研究を併せて記念し、生物学の奨励を目的とした賞です。本賞は昭和60年に創設され、以後毎年1回、生物学の授賞分野を選定の上、当該分野の研究において優れた業績を挙げ、世界の学術の進歩に大きな貢献をした研究者(原則として毎年1人)を選考して授賞しています。
受賞者には、賞状・賞牌及び賞金1千万円が贈られ、例年天皇陛下から賜品を賜っています。