お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
研究事業部 研究助成企画課、研究助成第一課、研究助成第二課
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
詳細はこちら

科学研究費助成事業

審査・評価関係

審査・評価について

科研費の配分審査の基本的な考え方は、文部科学省の諮問機関である科学技術・学術審議会が決定する「独立行政法人日本学術振興会が行う科学研究費補助金の審査の基本的な考え方」に拠っています。これを踏まえて本会の科学研究費委員会が決定した審査規程等に則り、科学研究費委員会の各部会が配分審査を行います。

NEWS一覧 審査のながれ 科研費委員会 審査委員 審査結果の開示

NEWS一覧

2016年4月22日
平成28年度科学研究費助成事業の審査結果等の開示について
2016年4月22日
平成27年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(国際共同研究加速基金(帰国発展研究))の審査結果等の開示について
2016年4月1日
審査委員候補者データベースのご確認について
2016年1月15日
審査委員名簿の更新について
2015年11月2日
平成27年度科研費の審査委員表彰について
2015年10月13日
科学研究費助成事業における審査及び評価に関する規程(平成27年10月6日一部改正)について
2015年10月13日
平成27年度科研費の審査に係る総括について
2015年9月4日
審査委員名簿の更新について
2015年7月1日
審査委員名簿の更新について
2014年11月6日
審査委員名簿の更新について

平成27年度の審査について

公募について

審査規程
科学研究費助成事業における審査及び評価に関する規程(平成27年10月6日一部改正) PDFファイルのダウンロード

審査規程の主な改正点

若手研究(B)複数細目研究課題の審査の改善等に伴う改正(第12条)
基盤研究(B・C)(審査区分「特設分野研究」)の審査の改善等に伴う改正(別添12)
研究成果公開促進費の審査の改善等に伴う改正(第10条、第12条、別添10、別添11)
国際共同研究加速基金(帰国発展研究)の実施に伴う改正(第2条、第8条、第10条、第11条、第12条、
   第13条、別添1、別添2、別添6)




審査の手引










審査の総括

平成27年度科研費の審査に係る総括について
(平成27年10月6日 独立行政法人日本学術振興会科学研究費委員会)
PDFファイルのダウンロード

平成26年度PDFファイルのダウンロード 平成25年度PDFファイルのダウンロード 平成24年度PDFファイルのダウンロード 平成23年度PDFファイルのダウンロード 平成22年度PDFファイルのダウンロード 平成21年度PDFファイルのダウンロード



審査の流れ




  配分審査は、第1段審査(研究計画1件あたり4人または6人の審査委員が個別に専門的見地から書面審査)、第2段審査(第1段審査の評価を基に総合的な調整を行うことを主眼とした、十数人から三十人程度で構成される専門分野ごとの各小委員会での合議審査)の二段審査で行います。


科学研究費委員会

  科学研究費委員会は、書面審査を担当する第1段審査委員、合議審査を担当する第2段審査委員など、委員及び専門委員約6,000人の審査委員(研究者)で構成されています。


審査委員の選考

科研費の審査委員の選考は、以下の手順で行われます。

1 日本学術振興会学術システム研究センター(プログラムオフィサーに相当する研究員で構成)において、日本学術振興会審査委員候補者データベースを活用し、各専門調査班毎に候補者の選定作業を行い、同センターの主任研究員会議における調整を踏まえ、候補者案が決定されます。
2 作成された候補者案にもとづき、日本学術振興会科学研究費助成事業選考会にて審議を行い、審査委員を決定します。
注)審査委員の任期は、原則として2年ですが、継続を予定していた審査委員の辞退等に伴い新たに審査委員となった方々の任期は、1年となります。

候補者の選考の条件及び配慮事項は次のとおりです。

(1) 科学研究費助成事業の制度を理解し、かつ当該学術分野に精通し、公正で十分な評価能力を有する者であること。
(2) 大学教授又は准教授相当の識見を有する者であること。ただし、当該専門の事項に関し特に優秀と認められる場合には、講師又は助教相当の職にある者を選考することができる。
(3) 精力的に研究活動に従事している者であれば、年齢は問わないものとするが、選考する審査委員の年齢構成を考慮しつつ、若手研究者の積極的登用に配慮すること。
(4) 相当数の女性研究者を加えることに配慮すること。
(5) 公私立大学、独立行政法人及び民間企業等の研究者の選考にも配慮すること。
(6) 審査委員を選考するに際しては、特に、以下の点に注意すること。
同一の研究課題を個別に審査する審査委員は、同一の研究機関に所属する者でないこと。
各小委員会の構成は、同一の研究機関に所属する者の割合が1/3を超えないこと。
科学研究費委員会の複数の専門分野及び小委員会の審査委員を兼ねないようにすること。
審査委員の関連細目及びキーワードのバランスが適切なものとなるようにすること。
任期を終えた審査委員は連続して選考しないこと。ただし、真にやむを得ないと判断される場合は、連続して選考することができる。
各小委員会においては分担して同一の研究課題を審査する審査委員が2人である場合には、前任者と同一の研究機関に所属する者は選考しないこと。
不正行為を行った者や過去に適正さを欠く審査をしたと判断される者は選考しないこと。


審査結果の開示

  審査の結果については、応募された研究者本人が所属する研究機関事務局を通じてお知らせします。また、基盤研究、挑戦的萌芽研究、若手研究、研究活動スタート支援の研究種目において不採択になった方で、応募時点で結果の開示を希望された方には、第1段審査結果を電子的開示により科学研究費委員会よりお送りしております。
  なお、採択課題の情報は、国立情報学研究所のホームページ内の「科学研究費助成事業データベース」においても入手できます。

評価について

  以下の研究種目については、評価を行っております。評価結果については、各研究種目のページで公開しておりますのでご覧ください。
  また、特別推進研究の追跡評価、基盤研究(S)の研究進捗評価、若手研究(S)の研究進捗評価については、評価協力者の協力を得て、評価を実施しております。
(審査・評価第一部会及び審査・評価第二部会の審査委員は、上記審査委員名簿で公開しております。)
  • 科学研究費委員会 審査・評価第一部会及び審査・評価第二部会 評価協力者一覧

    平成27年度