お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
研究事業部 研究助成第一課、研究助成第二課
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
詳細はこちら

ENGLISH
科学研究費助成事業

科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金/科学研究費補助金)は、人文・社会科学から自然科学まで全ての分野にわたり、基礎から応用までのあらゆる「学術研究」(研究者の自由な発想に基づく研究)を格段に発展させることを目的とする「競争的研究資金」であり、ピア・レビューによる審査を経て、独創的・先駆的な研究に対する助成を行うものです。

最近の研究成果トピックス

(「科研費NEWS 2014 vol.3」より)

教授 菊池 誠一
人文・社会系

「近世日越交流史の再構築をめざして」 昭和女子大学 大学院生活機構研究科 教授 菊池 誠一
私たち日本人にとってベトナムは遠い存在かもしれません。しかし、歴史的にみると日本とベトナムは緊密に連携していた時代がありました。近世初期、徳川幕府が推進した「朱印船貿易」によって両国は結びついていたのです。…

 
准教授 松添 博
理工系

「統計多様体の幾何学と情報幾何学」 名古屋工業大学 大学院工学研究科 准教授 松添 博
曲線や曲面など、曲がった図形の概念を高次元化したものを「多様体」と呼びます。統計学や情報理論などの分野では確率分布が重要な役割を果たしますが、情報幾何学では1つの確率分布を高次元空間内の点だと考えます。…

 
教授 宮田 真人
生物系

「最小生物、マイコプラズマ滑走運動のメカニズム」 大阪市立大学 大学院理学研究科 教授 宮田 真人
一昨年の冬に大流行したマイコプラズマ性肺炎は、「マイコプラズマ・ニューモニエ」という細菌によって起こります。マイコプラズマは、最も小さなゲノムと細胞を持つことで知られており、一般的には、「極限まで単純化した生物で、栄養の豊富な培地でのみ増殖する」と理解されています。…

 
准教授 小泉 政利
人文・社会系

「言語の語順と思考の順序:カクチケル・マヤ語からの考察」 東北大学 大学院文学研究科 准教授 小泉 政利
日本語や英語など多くの言語の理解(聞く、読む)や産出(話す、書く)の際に、動詞(V)の位置にかかわらず、主語(S)が目的語(O)に先行するSO語順(SOV、 SVO、 VSO)のほうが、その逆のOS語順(OSV、 OVS、 VOS)よりも、処理負荷が低く母語話者に好まれる傾向があることが知られています。…

 
助教 根来 誠
理工系

「動的核偏極によるNMR分光高感度化~室温でNMR信号を1万倍増大することに成功~」 大阪大学 基礎工学研究科 助教 根来 誠
核スピン(原子核の持つ微小な磁石)から発せられる電磁波信号を解析することで、試料内部の原子レベルの構造情報を知ることができます。…
・・・

 
岡本 朋子
生物系

「花の匂いが結ぶ植物と昆虫の相利共生系」 独立行政法人森林総合研究所 日本学術振興会特別研究員PD  岡本 朋子
陸上植物の約90%を占める被子植物の多くは、花粉を雄しべから雌しべに運ぶために動物を利用しています。これらの花は、色や匂いなどの“広告”を用いて、花粉を運ぶ動物(送粉者)にその存在を示し、送粉者はそれらを手がかりに花を訪れ、蜜や花粉を得ています。…

 

最近の研究成果トピックス

(「科研費NEWS 2014 vol.3」より)

准教授 高橋 絵里香
人文・社会系

「ケア〝ワーク”としての家族介護:フィンランドの自治体レベルでの支援制度から考える」 千葉大学 文学部 准教授 高橋 絵里香
現在の日本では、「介護の社会化」というスローガンに代表される通り、従来は家族が担ってきた高齢者介護の専門職への役割移行が訴えられてきました…
・・・

 
教授 手塚 育志
理工系

「高分子トポロジー化学:「かたち」からはじめる高分子材料設計」 東京工業大学 大学院理工学研究科 教授 手塚 育志
高分子物質(高分子)は、20世紀に革命的な発展を遂げた合成化学分野の科学・技術のシンボルであり、広範な用途で現代の社会生活を支える材料・素材となっています。…
・・・

 
准教授 岩田 洋佳
生物系

「ゲノム・表現型多型のモデル化に基づく新しい育種システムの確立に向けて」 東京大学 大学院農学生命科学研究科 准教授 岩田 洋佳
食料問題の深刻化が進む今日、作物の遺伝的能力を大幅に改良することが一つの課題となっています。ゲノミックセレクション(GS)と呼ばれる新技術の登場により、従来長い年月を必要とした育種の大幅な効率化・高速化がはかられようとしています。…

 
教授 小野 輝男
理工系

「新しいスピンダイナミクスデバイス」 京都大学 化学研究所 教授 小野 輝男
19世紀初頭にエルステッドが導線を流れる電流によって方位磁針の向きが変わることを発見して以来、磁石の磁化の向きは電流によって作られる磁場で制御されてきました。…
・・・

 
教授 川口 孝康
生物系

「多分野融合による在宅医療を支える「遠隔介護システム」の開発」 筑波大学 医学医療系 教授 川口 孝康
急速な少子高齢化により、医療を取り巻く環境は「病院完結型」から地域全体で支え合う「地域完結型」への移行が進展しています。…
・・・

 
准教授 本間 尚文
理工系

「算術演算LSIの統一的な設計・検証技術の確立を目指して 」 東北大学 大学院情報科学研究科 准教授 本間 尚文
クレジットカードや家電製品など身の回りの様々な機器にLSI(大規模集積回路)がどんどん搭載されています。このLSIシステムの性能は、データを処理する算術演算回路のハードウェアアルゴリズム(算術アルゴリズム)に大きく左右されます。…・・・

 
主席研究員 丸山 千秋
生物系

「脳形成に不可欠なスイッチタンパク質」 公益財団法人東京都医学総合研究所 脳発達・神経再生研究分野 主席研究員 丸山 千秋
私たちは「RP58」という転写因子がニューロン移動を制御し、ニューロンの脳表への移動をスムーズに行わせることを特定しました。すべての遺伝子は、スイッチにあたる“転写因子”と呼ばれるタンパク質により、…

 
准教授 古阪 秀三
理工系

「建設プロジェクトの発注・契約方式と品質確保のしくみに関する国際比較」 京都大学 大学院工学研究所 准教授 古阪 秀三
建設プロジェクトの品質確保はどこの国でも重要な課題ですが、その信頼性が世界各国で問題となっています。…
・・・

 
教授 高田 秀重
理工系

「海洋漂流プラスチックによる化学物質汚染と生物影響」 東京農工大学 農学研究院 教授 高田 秀重
全世界で年間に2億8000万トンのプラスチックが生産されていますが、陸上での廃棄物管理が不十分なことから、大量のプラスチック廃棄物が海洋へ流入しています。…
・・・

 
科研費NEWS  ひらめきときめきサイエンス 基金化とは
~科研費ロゴ    
~エッセイ~私と科研費 最近の研究成果 科研費からの成果展開事例
電子申請のご案内
審査委員候補者情報登録システム

NEWS

2015年4月24日
平成27年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(特別研究員奨励費)第1回の交付内定について
2015年4月24日
平成27年度科学研究費補助金「調整金」を利用した次年度使用の申請について
2015年4月24日
平成27年度科学研究費助成事業の審査結果等の開示について
2015年4月17日
平成26年度科学研究費助成事業に係る繰越しの承認について
2015年4月15日
平成27年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(研究成果公開促進費)「国際情報発信強化(新規採択事業課題)」の交付内定について
2015年4月1日
「私と科研費No.75(平成27年4月)」を掲載しました。
2015年4月1日
平成27年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(新学術領域研究、基盤研究、若手研究、研究活動スタート支援)の交付内定について
2015年4月1日
平成27年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(基盤研究(C)、挑戦的萌芽研究、若手研究(B))の交付内定について
2015年4月1日
平成27年度科学研究費助成事業(基盤研究(B)及び若手研究(A))(平成24年度から平成26年度採択の研究課題)の交付内定について
2015年4月1日
平成27年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(特別推進研究)に係る支払請求書等の提出について
2015年4月1日
平成27年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(研究成果公開促進費)「研究成果公開発表」「国際情報発信強化(継続分)」「学術定期刊行物」「学術図書」「データベース」の交付内定について
2015年4月1日
平成27年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(奨励研究)の交付内定について
2015年4月1日
審査委員候補者データベースのご確認について
2015年3月31日
科学研究費補助金に係る研究活動の不正行為について
2015年3月31日
科学研究費補助金に係る研究活動の不正行為について
2015年3月2日
「私と科研費No.74(平成27年3月)」を掲載しました。
2015年3月1日
平成27年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(研究活動スタート支援)の公募について
2015年2月27日
科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(特別研究員奨励費)に係る実績報告書及び交付申請書の科研費電子申請システムによる作成について
2015年2月6日
平成26年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(特別推進研究)実績報告書の作成について
2015年2月2日
科学研究費助成事業(基金分、一部基金分)継続課題に係る支払請求書の提出等について
2015年2月2日
平成26年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(奨励研究)実績報告書の作成について
2015年2月2日
「私と科研費No.73(平成27年2月)」を掲載しました。
2015年1月20日
科研費(基金分、一部基金分)の補助事業期間延長承認申請書の提出について
2015年1月20日
「我が国における学術研究課題の最前線(平成26年度)」について
2015年1月20日
平成27年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(特別研究員奨励費)の募集について
2015年1月5日
「私と科研費No.72(平成27年1月)」を掲載しました。

過去のNEWS一覧はこちら