お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
研究事業部 研究助成第一課、研究助成第二課
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
詳細はこちら

ENGLISH
科学研究費助成事業

科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金/科学研究費補助金)は、人文・社会科学から自然科学まで全ての分野にわたり、基礎から応用までのあらゆる「学術研究」(研究者の自由な発想に基づく研究)を格段に発展させることを目的とする「競争的研究資金」であり、ピア・レビューによる審査を経て、独創的・先駆的な研究に対する助成を行うものです。

最近の研究成果トピックス

(「科研費NEWS 2013 vol.3」より)

教授 小口 雅史
人文・社会系

世界中に散った吐魯番(トゥルファン)出土文字資料断片を繋ぐ! 法政大学 文学部 教授 小口 雅史
20世紀初頭、吐魯番(トゥルファン)(現在の中国新疆ウイグル自治区の中央部に位置する市)などシルクロード周辺の遺跡に世界各地から多くの探検隊が乗り込み、貴重な文化的資料が欧州や日本へと運び出されました…

 
研究主幹:松川 公洋
理工系

元素の特性を活かした有機無機ハイブリッド材料の開発 大阪市立工業研究所 電子材料研究部 研究主幹 松川 公洋
有機材料と無機材料をナノサイズで組み合わせた有機無機ハイブリッドは、それぞれ構物質の特徴を併せ持たせることができるので、物性のトレードオフを解消できる材料として期待されています。…

 
教授:神谷 信夫
生物系

光合成の酸素発生機構の解明と人工光合成の実現に向けて 大阪市立大学 複合先端研究機構 教授 神谷 信夫
光合成は、太陽の光エネルギーを利用して有機物と酸素を作り出す働きです。光化学系II(PSII)と呼ばれるタンパク質複合体が太陽光を利用して水を分解し、酸素と水素イオン、電子を発生させています。…・・・

 
主任研究員:小村 豊
人文・社会系

.....
見えている世界の確からしさを支える神経基盤の解明 産業技術総合研究所 ヒューマンライフテクノロジー研究部門 主任研究員 小村 豊
私たちの日常生活は、周りの世界を認識して、次の行動を決定していくというサイクルの繰り返しですが、そのとき脳の中では、何が起こっているのでしょうか?…・・・

 
准主任研究員:肥山 詠美子
理工系

量子少数多体系計算法の確立とハイパー核 理化学研究所 仁科加速器研究センター 准主任研究員 肥山 詠美子
陽子・中性子の仲間で、ストレンジネス(奇妙さ)という量子数で特徴づけられるハイペロンと呼ばれる粒子があります。ハイペロンが入った原子核をハイパー核と呼びます。…
・・・

 
教授:山岸 明彦
生物系

全生物の共通祖先となる高温安定タンパク質の復元 東京薬科大学 生命科学部 教授 山岸 明彦
地球は今から46億年前に誕生しました。誕生して間も無い地球に生命は誕生しました。当時の生き物の姿を残す化石は残っていません。…
・・・

 

最近の研究成果トピックス

(「科研費NEWS 2013 vol.3」より)

教授:埋橋 孝文
人文・社会系

子どもの貧困に対してどのように対応すべきか 同志社大学 社会学部 教授 埋橋 孝文
近年、子どもの貧困に注目が集まっています。(ここでいう貧困とは、経済的なものに限定せず、健康や社会とのつながりなども含めています。)…
・・・・・・

 
准教授:山ノ井 克俊
理工系

複素多様体におけるネヴァンリンナ理論 東京工業大学 大学院理工学研究科 准教授 山ノ井 克俊
数学の研究における一つの方向性として、高次元化があります。これは1次元など次元(=変数の数)が低いときに知られている事実を、次元が高い状況で考察しよう、という研究の方向性です。…
・・・

 
准教授:経塚 淳子
生物系

イネの穂のかたちはどう決まるのか 東京大学 大学院農学生命科学研究科 准教授 経塚 淳子
私たちは、イネの穂のかたちはどのように決まるかという観点から、イネのサイエンスにアプローチしています。…
・・・

 
教授:北川 宏
理工系

多孔性金属錯体からなるナノチューブ 京都大学 大学院理学研究科 教授 北川 宏
活性炭やゼオライトに代表される多孔性材料は、物質の内部に無数の細孔を有しています。…
・・・
 

 
助教:福山 征光
生物系

マイクロRNAによる前駆細胞の栄養応答性調節機構の研究 東京大学 大学院薬学系研究科 助教 福山 征光
幹細胞や前駆細胞は、必要に応じて分裂や分化をおこなうことで新しい細胞を産生し、成長や再生、組織恒常性の維持などの基盤となっています。…
・・・

 
副学長・理事(研究・評価担当):布野 修司
理工系

アジアの都市組織の起源、形成、変容、転生に関する研究 滋賀県立大学 副学長・理事(研究・評価担当) 布野 修司
都市を自治会や企業など様々な組織体から構成されるとするのが「都市組織(urban tissues)」という概念です。…
 

 
教授:堀井 俊宏
生物系

大阪大学発BK-SE36マラリアワクチンがウガンダにおいて72%の発症防御効果 大阪大学 微生物病研究所 教授 堀井 俊宏
熱帯性マラリアは、単細胞真核生物の「マラリア原虫」が「ハマダラカ」と呼ばれる蚊の中で増殖し、この蚊に吸血される際に蚊の唾液と一緒に大量の原虫が血中に送り込まれることによって発症する感染症です。…

 
教授:森井 昌克
理工系

安心・安全な暗号システムを目指して:無線LANおよびインターネットで用いられる暗号の安全性評価 神戸大学 大学院工学研究科 教授 森井 昌克
暗号というと小説や映画の世界のもの、あるいは戦争時での指令を秘密裏に送る方法と捉えがちですが、現在では人の生活に密着した見えない空気のように必然的な技術になっています。…
 

 
科研費NEWS  ひらめきときめきサイエンス 基金化とは
~科研費ロゴ    
~エッセイ~私と科研費 最近の研究成果 科研費からの成果展開事例
電子申請のご案内
審査委員候補者情報登録システム

NEWS

2014年4月1日
「私と科研費No.63(平成26年4月)」を掲載しました。
2014年4月1日
平成26年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(新学術領域研究、基盤研究、若手研究、研究活動スタート支援、特別研究促進費)の交付内定について
2014年4月1日
平成26年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(基盤研究(C)、挑戦的萌芽研究、若手研究(B))の交付内定について
2014年4月1日
平成26年度科学研究費助成事業(基盤研究(B)及び若手研究(A))(平成24年度以降の研究課題)の交付内定について
2014年4月1日
平成26年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(特別推進研究)に係わる支払請求書等の提出について
2014年4月1日
平成26年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(研究成果公開促進費)「研究成果公開発表」「学術定期刊行物」「学術図書」「データベース」の交付内定について
2014年4月1日
平成26年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(奨励研究)の交付内定について
2014年3月19日
科研費NEWS2013Vol.4を掲載しました。
2014年3月3日
「私と科研費No.62(平成26年3月)」を掲載しました。
2014年3月1日
平成26年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(研究活動スタート支援)の公募について
2014年2月12日
「我が国における学術研究課題の最前線(平成25年度)」について
2014年2月10日
科学研究費助成事業の審査に係る「系・分野・分科・細目表」等への意見の受付について
2014年2月7日
平成25年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(特別推進研究)実績報告書の作成について
2014年2月3日
科学研究費助成事業(基金分、一部基金分)に係る支払請求書の提出について
2014年2月3日
平成25年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(奨励研究)実績報告書の作成について
2014年2月3日
「私と科研費No.61(平成26年2月)」を掲載しました。
2014年1月31日
平成25年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)の交付決定の変更(調整金前倒し使用分(第2回))について
2014年1月24日
科学研究費助成事業(科学研究費補助金)特別推進研究の使用ルール等-2013年度版-を作成しました
2014年1月20日
科研費(基金分、一部基金分)の補助事業期間延長承認申請書の提出について
2014年1月6日
「私と科研費No.60(平成26年1月)」を掲載しました。

過去のNEWS一覧はこちら