お問い合わせ先

■審査・評価に関する問合せ先
独立行政法人日本学術振興会
人材育成事業部 大学連携課
大学の世界展開力強化事業プログラム委員会事務局
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1(麹町ビジネスセンター6階)
TEL03-3263-1740
FAX03-3237-8015
MAILtenkai-jsps*jsps.go.jp

■事業内容全般に関する問合せ先
文部科学省
高等教育局高等教育企画課
国際企画室 調整係
〒100-8959
東京都千代田区霞が関3-2-2
TEL03-5253-4111(内線3352)
FAX03-6734-3385

(注)メールアドレスは、「@」を「*」に置換しています。

大学の世界展開力強化事業

事後評価

事後評価概要

評価の目的

 「大学の世界展開力強化事業」の取組状況や成果、目標の達成状況及び補助期間終了後の展開等について評価を行い、その結果 を選定大学に示すとともに社会に公表することにより、①我が国の大学教育のグローバル展開力の強化とともに、高等教育の質の 保証を図りながら、日本人学生の海外留学と外国人学生の戦略的受入を行う事業対象国・地域の大学との国際教育連携の取組 を促進すること、②選定大学で構築された大学間交流プログラムの補助期間終了後の持続的な展開を促進すること、③選定大学の 取組が広く国民の理解を得られるように促進していくことを目的とします。
※事業対象国・地域は選定年度ごとに異なります。

評価の時期

 大学の世界展開力強化事業に選定された各事業について、補助期間開始から6年目に事後評価を実施します。

評価の対象年度

 補助期間開始から5年目の年度末までの取組状況を対象とします。
 なお、補助期間終了後の計画等も対象に含めます。

評価の体制

 大学の世界展開力強化事業プログラム委員会(以下「委員会」という。)の下に、有識者からなる事後評価部会を設置し、事後評価を実施します。
 なお、事後評価部会委員は、委員会の委員及び専門委員(本プログラムの選定に係る審査を担当した者を中心とする専門家や有識者)によって構成することとします。

評価方法

事後評価部会において、以下の①~④の方法により行います。

  1. 書面評価
     評価部会委員は、各事業について次の評価資料により書面評価を行い、合議により書面評価結果をとりまとめる。
    • 事後評価調書及び参考資料
    • 選定時の審査結果表
    • 中間評価結果
    • 海外相手大学追加調書(事業選定後に海外相手先大学を追加し、当該調書を提出した大学のみ対象)
  2. 面接評価
     評価部会委員は、書面評価結果を踏まえ、不明な点や関係者から直接聴取すべき事項等があり、書面評価だけでは適切な事後評価ができないと判断される事業においては、面接調査を行い、質疑応答等を行うことにより、取組状況等を十分に把握し、評価に反映させる。
  3. 現地調査
     評価部会委員は、書面評価結果(及び面接調査を実施した場合は面接調査結果)を踏まえ、不明な点や現地で確認すべき事項等があり、書面評価(及び面接調査を実施した場合は面接調査)だけでは適切な事後評価ができないと判断される事業においては、現地調査を行い、教育現場における教職員や学生との面談、関係施設の視察等を行うことにより、取組状況等を十分把握し、評価に反映させる。
  4. 合議評価、評価の決定
     評価部会委員は、書面評価結果(実施した場合は面接調査結果、現地調査結果)を踏まえて合議評価を行い、各事業の評価結果や助言等をまとめる。なお、選定大学から、開示された評価結果に対して意見の申し立てがあった場合には、その申し立て内容について、再度審議を行い、評価結果をまとめる。
     委員会は、評価部会における評価結果について全体要請を行い、各事業の評価結果を決定する。

評価基準

事後評価結果は、総括評価(下表の5段階評価)及び評価結果に関するコメントで構成されます。

評価 標語
事業計画を上回る成果をあげており、事業目的は十分に実現された。
A※ 事業計画どおりの成果をあげており、事業目的は実現された。
事業計画をやや下回っているが、事業目的はある程度実現された。
事業計画を下回っており、事業目的はあまり実現されていない。
事業計画を大きく下回っており、事業目的はほとんど実現されていない。

※A評価のうち、一部でやや不十分な点はあるものの、概ね事業計画どおりの成果をあげており、事業目的は実現されたと判断されるものについてはA-とすることができる。