学術システム研究センター

組織

所長ごあいさつ



           佐藤 勝彦 所長

このたび、小林 誠前所長の後任として、学術システム研究センターの所長に就任いたしました佐藤勝彦です。どうぞよろしくお願い申し上げます。

学術システム研究センターは、日本学術振興会が実施いたします競争的研究 資金、とりわけ科学研究費の効果を最大限に発揮させるため、厳正で、透明性の高い評価システムの確立と、研究経歴のある者が課題選定から評価、 フォローアップまで一貫して責任をもちうるプログラムオフィサー制度が必要である、 との総合科学技術会議の提言等を踏まえて平成15年7月に設立されました。

本センター研究員は、研究機関に籍を置く第一線級の研究者で構成され、「ファンディングエージェンシーとしての振興会」と「研究者コミュニティー」との橋渡し的な役割を担っております。科学研究費助成事業や特別研究員事業において、審査委員候補者案の作成や審査会への出席、審査結果の分析・検証等、振興会の事業の実施に直接関与する傍ら、学術的な見地から、最新の学術研究の動向や現場の声を事業運営に反映させるために、さまざまな活動をしております。

今後も、学術システム研究センターは、学術研究のさらなる発展と、研究者支援のために力を尽くしていまいりたいと考えております。引き続き、皆様方の一層のご支援・ご協力をお願い申し上げます。

平成28年4月