学術システム研究センター

主な業務

※センター研究員は、審査・採択そのものには関わりません。

若手研究者の養成(研究者養成事業)

特別研究員
海外特別研究員

特別研究員事業審査に係る年間を通じての業務

特別研究員等事業の書面審査・合議審査・面接審査の手引き等の策定

専門調査班会議及び主任研究員会議にて、特別研究員等事業における審査システムについて検討し、助言等を行います。

特別研究員等審査会委員・専門委員の選考、候補者案の作成

従来、審査委員による後任の推薦等で行われていた選考を、より透明性の高い審査システムとするため、現在は、振興会内に構築した審査委員データベースを活用し、センター研究員の専門的見地により審査委員候補者を選考し、候補者案を作成しています。作成された候補者案にもとづき、審査委員選考会にて審査委員を決定しています。

学術システム研究センターにおける委員候補者の選考数

特別研究員等審査委員の選考 約1,800名

具体的な作業内容

研究員は、専門分野に応じて割り当てられた選考担当分野ごとに、審査委員データベースから適切な審査員候補者(新規及び補欠)を選考します。なお、担当分野ごとに割り当てられる研究員は必ず複数(2~3名)となっており、候補者案作成には担当研究員の合議による検討が必須となっています。

審査委員候補者案については、担当の主任研究員が新規候補者について、所属機関等のバランスを考慮し、新規・補欠の順位の調整を行います。最終的な審査委員候補者案については、主任研究員会議にて確認後、審査委員等選考会にて審議され、決定されます。

書面審査セットの検討

前年度の申請件数をもとに、各専門調査班会議にて審査セットの見直しを行います。書面審査セットについては、「特別研究員の選考方法」をご参照ください。

審査結果の分析・検証

より適切な審査システムの構築のため、審査結果の分析・検証を行っています。

具体的な作業内容

割り当てられた担当分野ごとに、研究員(複数)が専門的見地から、審査結果ひとつひとつについて下記のように検証を行います。

(1)
審査結果に不備もしくは明らかに利益誘導が行われている等、問題があると思われる審査委員がいないかについて確認する。
(2)
書面審査委員のうち、他の書面審査委員の模範となるような審査を行った審査員を、表彰候補者として選定する。
(3)
各専門調査班会議において、検証結果を合議する。
(4)
各専門調査班での検証結果について、主任研究員会議において検討、対応等を決定する。

審査委員の表彰

特別研究員等審査会の陪席

年3回(7月、9月、11月~12月頃)行われている特別研究員等審査会に陪席し、審査が適切に行われているか確認します。また、必要に応じ、審査委員に対して審査方針等の補足説明を行います。

特別研究員-SPDの中間・事後評価

対象となる特別研究員-SPDの専門分野に応じて、適切な学術システム研究センター研究員が中間・事後評価を行っています。また、SPD採用1年後に実施する研究発表会(中間評価)に出席し、研究に対する助言等を行います。

日本学術振興会賞

日本学術振興会賞は、優れた若手研究者を見出し、早い段階から顕彰してその研究意欲を高め、独創的、先駆的な研究を支援することにより、我が国の学術研究の水準を世界のトップレベルにおいて発展させることを目的として平成16年度より創設された賞であり、本センターでは、受賞候補者の選定にあたり、予備的審査を実施しています。

育志賞

育志賞は、将来、我が国の学術研究の発展に寄与することが期待される優秀な大学院博士課程学生を顕彰することで、その勉学及び研究意欲を高め、若手研究者の養成を図ることを目的として平成22年度より創設された賞であり、本センターでは、受賞候補者の選定にあたり、予備的審査を実施しています。