お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
人材育成事業部 海外派遣事業課
若手研究者海外挑戦プログラム担当
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
TEL03-3263-1943
FAX03-3237-8305
MAILtoku-haken*jsps.go.jp

(注)メールアドレスは、「@」を「*」に置換しています。

海外特別研究員

審査

選考方法


  1. 若手研究者海外挑戦プログラムの選考は、我が国の学界の第一線の研究者(委員55人、専門委員約 1,800人)で構成される特別研究員等審査会において、書面審査及び合議審査により行われています。

  2.  若手研究者海外挑戦プログラムの審査方針は、以下の通りです。

①海外での研究に新たに挑戦することによって、研究に大きな進展が見込まれること。
②申請者と受入研究者との事前交渉が明確で、研究計画が具体的かつ実現可能性があると認められること。
③優れた研究能力を有し、海外での研究経験を通じて、将来の活躍が期待できること。

  3. 書面審査による評価は、(1) 挑戦性・進展性、(2) 研究計画、(3) 研究者としての能力・将来性などを含めて総合的に判断したうえ、 5段階の評点を付けます。

  4. 1件の申請について、申請者の分科細目に応じて上記審査会の専門委員3人によって書面審査を行います。その際、申請件数が少ない細目については、適切な相対評価ができるように、関連する細目を組み合わせてグループ化を行います。その上で、各細目(又は、細目をグループ化したもの)に対し、3人の書面審査員を割り当てます。3人の書面審査員については、専門分野のバランス、各審査員の所属機関が異なるようにする等、公平性に配慮しています。このように各細目(又は、細目をグループ化したもの)に、3人の書面審査員を割り当てたグループを「書面審査セット」と呼んでいます。

  5. 合議による9つの領域別審査会(人文学・社会科学・数物系科学・化学・工学・生物学・農学・医歯薬学・総合)では、上記の書面審査の評点に基づき、各領域への配分数により、採用内定者の選定を行います。