電子申請のご案内

電子申請については
こちらをご覧ください。

独立行政法人日本学術振興会
国際事業部 研究協力第二課
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1

「研究者交流事業-特定国派遣研究者-」担当
電話 : 03-3263-1983

※アジア諸国に関しては、以下までお問い合わせください。
電話 : 03-3263-2362

Email(共通):
Fax(共通):
03-3234-3700

研究者交流(特定国派遣研究者)

【申請に際してのQ&A】

  1. 日本学術振興会の「二国間交流事業(共同研究・セミナー)」にも同時に申請できますか?
  2. 申請できます。ただし、特定国派遣研究者については、申請は一ヶ国一件のみ可能です。


  3. 過去に特定国派遣研究者に採用されたことがあります。再度申請可能ですか?
  4. 申請可能です。ただし、過去3年度間に特定国派遣研究者として採用され、(短期・長期・ポスドクの別に関わらず)JSPSと同一対応機関との覚書に基づいて派遣されたものを除きます。過去3年度間に採用されていても、異なる国(対応機関)の場合には、申請可能です。


  5. 過去に特定国派遣研究者で不採用となりました。再度申請可能ですか?
  6. 申請可能です。


  7. 申請時に既に海外渡航している場合でも申請できますか?
  8. 募集要項の「3.申請資格」に当てはまる場合には、申請できます。


  9. 募集要項「3.申請資格」の「常勤の研究者(任期の有無を問わない。)、又は、当該常勤研究者を志望する者」には、特任教授も含まれますか?
  10. 常勤として位置づけられているかどうかは、申請者の所属機関の定めによります。


  11. 募集要項の紙媒体はありますか?
  12. ありません。HPを印刷してご利用ください。


  13. 募集の時期やスケジュールのお知らせを受け取ることはできますか?
  14. 本会の公募情報をメールで配信していますので、ご活用ください。
    <国際交流事業メールマガジン(不定期)登録画面>
    http://www.jsps.go.jp/j-kokusai/mail/index.html
    <JSPS Monthlyメールマガジン(毎月第1月曜日)登録画面>
    http://www.jsps.go.jp/j-mailmagazine/index.html


  15. 所属機関が高等専門学校、短期大学の場合にも申請可能ですか?
  16. 可能です。詳細は募集要項「3.申請資格」をご覧ください。


  17. 申請時に、訪問希望先研究者との連絡状況に関する書簡を提出する必要がありますか?
  18. ありません。申請書「訪問希望先の研究者との連絡状況」欄に、往復書簡の日付、内容を記載してください。採用内定後、原本(Emailの場合には、コピー可)をご提出いただきます。書類が提出されない場合には、内定取り消しとなる可能性もありますので、ご注意ください。


  19. 結果通知が届きません。いつ届きますか?
  20. 通常、派遣の前年度2月末頃までにお知らせしています。ただし、相手国機関の事情により、結果通知が遅れる場合がありますので、前年度末になっても通知が来ない場合には、本会までお問い合わせください。

【採用後の手続きに際してのQ&A】

  1. 採用後、派遣期間の変更はできますか?
  2. 募集要項に定められた派遣可能な期間中であれば変更できます。ただし、日程の延長はできません。


  3. 外国出張計画書はいつまでに提出すれば良いですか?
  4. 出発の40日前までに提出してください。詳細は「事務取扱の手引」をご覧ください。


  5. 派遣の際、合わせて第三国への訪問または派遣国内での滞在延長を考えています。可能ですか?
  6. 可能です。ただし、経費は自己負担となります。また、別用務(第三国での滞在含む)に係る日数が本用務(特定国派遣研究者としての相手国滞在)の日数を超える場合は、本会は、往路、復路、またはその両方の渡航費を負担しませんので、注意してください。詳細は「事務取扱の手引」をご覧ください。


  7. 海外旅行損害保険へ加入したいのですが、経費を支払ってもらえますか?
  8. 海外旅行保険に係る経費を本会で負担することはできません。各自で手続きの上、お支払ください。


  9. 一時帰国は認められますか?
  10. 原則として認められません。ただし、研究遂行上必要な場合、その他やむを得ない理由がある場合に限り、例外的に認められる場合がありますので、本会までご相談ください。また、本会は経費を負担しません。