ENGLISH

先端科学シンポジウム

先端科学(FoS)シンポジウムについて FAQ

Ⅰ.先端科学(FoS)シンポジウムについて

Q 先端科学(FoS)シンポジウムとは、どのようなシンポジウムですか。
A 先端科学(Frontiers of Science: FoS)シンポジウムとは、日本と諸外国の優秀な若手研究者が様々な研究領域における最先端の科学トピックについて、分野横断的な議論を行う合宿形式のシンポジウムです。
シンポジウムに参加した若手研究者がより広い学問的視野を得るとともに、既存の学問領域にとらわれない自由な発想を更に発展させ、新しい学問領域の開拓に貢献し、また、次世代のリーダーを育成し、ネットワークを形成することを目的としています。
詳細は、先端科学(FoS)シンポジウムとはをご覧ください。
Q 先端科学(FoS)シンポジウムの相手国はどこですか。
A 年度により異なりますので、詳細は参加者推薦要項・様式等をご覧ください。
Q 先端科学(FoS)シンポジウムには、どのような研究者が参加しますか。
A 優れた業績を持ち、自分の領域以外の研究にも広く興味を持ち幅広く議論できる研究者が参加しています。
Q 先端科学(FoS)シンポジウムでは、通訳はありますか。
A シンポジウムは全て英語で行われ、同時通訳はありません。全ての方に英語で発表・議論いただきます。
page top

Ⅱ.参加資格について

Q 日本国内の大学等に在籍していれば、博士号未取得であっても参加者候補となることは可能ですか。
A 対象となるシンポジウムの開催年度4月1日時点で博士号を取得していない場合、参加者候補となることはできません。
Q 日本国内の大学等に所属する外国籍の研究者も参加者候補となることは可能ですか。
A 日本国内の大学等に在籍していれば、外国籍の研究者も参加者候補となることが可能です。なお、海外の機関にのみ所属する研究者は日本国籍であっても参加者候補となることはできません。
Q 以前、先端科学(FoS)シンポジウムに参加したことがあるのですが、以前参加した際と別の国とのシンポジウムであれば参加者候補となることは可能ですか。
A より多くの研究者に参加する機会を提供するため、過去に先端科学(FoS)シンポジウムに参加したことがある場合はどの国とのシンポジウムであっても参加者候補として推薦されることはできません。
Q シンポジウム開催時、推薦時の所属機関から異動している可能性がありますが、参加者候補となることは可能ですか。
A 可能です。ただし、異動先が外国の研究機関である等、推薦条件を満たさなくなった場合は、仮に参加者として選考されていたとしても参加いただけません。
Q 対象となるシンポジウムの全日程に参加できることとありますが、選考後、日程の一部に参加できない場合はどうなりますか。
A 一部だけでも参加いただけない場合は、当該シンポジウムの全日程に参加いただけません。
page top

Ⅲ.推薦方法について

Q 同一年度に複数の先端科学(FoS)シンポジウムが開催される場合、複数のシンポジウムへ推薦されることは可能ですか。
A 可能です。複数開催の年度は、様式にて希望順を記載することができます。希望については、選考の際に考慮されますが、複数のシンポジウムに参加者として採用されることはありません。
Q 機関長以外も推薦者になれますか。
A 機関長以外であっても推薦者になれます。優れた研究実績を有する我が国の学術研究者であれば結構です。
例えば、参加者候補が所属する部局、共同研究グループや研究拠点等の長など、日頃から参加者候補の研究を統率する立場にあると考えられる者は、適切な推薦者と想定されます。
なお、同一機関内で推薦者が異なる場合でも、一概に、機関長からの推薦の方が有利というようなことはありません。
Q 日本国内の大学等に在籍する外国籍の研究者も推薦者になれますか。
A 日本国内の大学等に在籍していれば、外国籍の研究者も推薦者になれます。なお、外国の大学等に所属する研究者は日本国籍であっても推薦者にはなれません。
Q 1つの機関に複数の推薦者がいてもよいですか。
A 可能です。推薦者の人数に制限はありません。ただし、1人の参加者候補に係る推薦者は1名のみとなります。
Q 1つの機関から何名まで推薦可能ですか。
A 人数制限はありません。
ただし、1つのシンポジウムにおいて、参加者の所属機関に明らかな偏りがある場合は選考の際に考慮されることとなります。
Q 参加候補者が他大学に転属予定ですが、推薦者は今の所属先と転属後の所属先どちらでも可能ですか。
A どちらでも可能です。
Q 自薦でも応募可能ですか。
A 自薦ではなく、必ず他薦で応募してください。
page top

Ⅳ.申請書類の作成方法について

Q 電子申請システムを使用していますか。
A 電子申請システムは使用しておりません。
Q 申請は、申請書類を郵送するのみでよろしいですか。
A 紙媒体の書類を郵送いただくと共に、電子メールにより指定のファイルを提出してください。
Q 様式1の整理番号は推薦順位ではなく、事務手続き上の番号という理解でよろしいですか。
A はい、そのとおりです。整理番号を機関の推薦順位とはみなしません。
Q 様式1について、3名以上推薦する場合はどのように作成すればよいですか。
A 様式1のExcelファイルに記載のとおり、印刷範囲(青枠)を変更して番号3・4を2ページ目、番号5・6を3ページ目のように作成して下さい。参加者候補が1名の場合、整理番号2は空欄で結構です。
Q 様式1について、1名のみ推薦する場合はどのように作成すればよいですか。
A 参加者候補が1名の場合、整理番号2は空欄で結構です。
Q 様式2について、参加者候補の専門分野に該当するセッションがない場合はどうしたらよいですか。
A 参加者候補の専門分野に最も近いと思われるセッションを1つだけ選択してください。ただし、相手国との調整によりセッションの枠組みは変更されることがあります。
Q 様式2について、参加者候補の専門分野に該当するセッションが複数ある場合はどうしたらよいですか。
A 参加者候補の専門分野に最も近いと思われるセッションを1つだけ選択してください。ただし、相手国との調整によりセッションの枠組みは変更されることがあります。
Q 様式4の④過去の在外研究歴について、語学留学も含めて構いませんか。
A 語学留学も含めていただいて構いませんが、「語学留学」と明記してください。高校や学部の時の経験でも可能です。
Q 様式4の④過去の在外研究歴について、外国籍の場合はどう記載すればよいですか。
A 日本以外の国での研究歴を記載してください。母国での研究歴も含めて構いません。
Q 様式の枠内に記載できない場合は枠を大きくしてよいですか。
A 様式の改変は認められません。ページや枠を増やして記載することも認められません。
Q 別途参加者候補自身の経歴の参考となる書類等を一緒に提出してもよいですか。
A 所定の提出書類、様式以外の提出は認められません。
page top

Ⅴ.経費の支給について

Q シンポジウム参加費はいくらですか。
A シンポジウム参加費は無料です。
Q どのような経費が支給されますか。
A 本会及び共催機関が、参加者の所属機関からシンポジウム会場への往復交通費 (外国旅費・内国旅費) 及びシンポジウム期間中の宿泊費及び食事代を負担します。
Q 経費は機関を通じて支給されるのですか。
A シンポジウム期間中の宿泊費及び食事代は、本会及び共催機関が直接会場等に支払いますので、参加者の自己負担はありません。
参加者の所属機関からシンポジウム会場への往復交通費 (外国旅費・内国旅費)について、本会旅費規程により、参加者本人または旅行代理店に直接支払います。
page top

Ⅵ.決定後の手続きについて

Q 選考結果はいつ頃通知されますか。
A 平成30年度開催の日独先端科学(JGFoS)シンポジウムについては平成30年3月頃、推薦機関に通知します。
page top

Ⅶ.その他

Q シンポジウム期間の前後に、他用務で数日間旅程を延長したいのですが可能ですか。
A 可能です。ただし、本会にて旅程を確認しますので、事前にご連絡ください。また、他用務に係る経費については、各自でご負担ください。
page top