お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
研究事業部 研究事業課
成果発信係
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
TEL03-3263-1699
FAX03-3263-1716
MAILhirameki*jsps.go.jp
※各プログラムについてご不明な点は、それぞれの実施機関にお問い合わせください。

(注)メールアドレスは、「@」を「*」に置換しています。

ひらめき☆ときめき サイエンス

実施機関の方へ

令和2(2020)年度公募要領・計画調書

令和2(2020)年度ひらめき☆ときめきサイエンスの公募について

   令和2(2020)年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(研究成果公開促進費)(研究成果公開発表(B)(ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI))の公募を行います。
   このプログラムは、科学研究費助成事業(以下「科研費」という。) の支援により生まれた研究成果の社会還元や普及推進を目的としています。小学5・6年生、中学生、高校生に、科研費により行われている学術研究を基礎として、その中に含まれる科学の興味深さや面白さを、研究者自身が分かりやすく発信する体験型プログラムを募集しており、例年、実験・実習ができるプログラムが人気です。

   なお今回の公募より、応募手続を科研費電子申請システムにより行います。
   応募される場合には以下のファイルをダウンロードし、公募内容及び応募手続をご確認の上、科研費電子申請システムにより「計画調書(PDF)」を作成・提出(送信)してください。

応募提出(送信)期限
令和元(2019)年12月19日(木)午後4時30分(厳守) 

※上記期限までに本会科研費電子申請システムにより送信すること。
※応募書類の電子メール、紙媒体での提出は受け付けません。

 ※令和元(2019)年12月9日(月)9:00~18:00に、科研費電子申請システムが停止いたします。期間中は一切の機能がご利用いただけません。なお、科研費電子申請システムトップページの「メンテナンス情報」でも停止日を告知しています。

Ⅰ 公募要領等

令和2(2020)年度ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHIの公募について(通知)

PDFファイルのダウンロード

ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI 令和2(2020)年度 公募要領

PDFファイルのダウンロード

Ⅱ 応募者が作成する様式

1. 計画調書(Web入力項目)(計画調書の1~2、6ページ)

プログラム名、開催予定日等プログラムに係る基本データについては、実施代表者が電子申請システムによりWeb上で入力します。
応募者が電子申請システムで行う手続については、こちらを参照ください。(電子申請のご案内ページ)

計画調書(Web入力項目)作成・入力要領

PDFファイルのダウンロード

2. 計画調書(添付ファイル項目)(計画調書の3~5ページ)

プログラムの内容、プログラム当日のスケジュール等、プログラムの計画の内容に係る部分です。計画調書(添付ファイル項目)は電子申請システムからは作成されませんので、以下の様式を利用し作成してください。

計画調書(添付ファイル項目)(様式S-53) 作成・記入要領

PDFファイルのダウンロード

計画調書(添付ファイル項目)(様式S-53)

PDFファイルのダウンロード    Wordファイルのダウンロード

※計画調書の構成イメージ

web入力項目
(前半)
添付ファイル項目 web入力項目
(後半)
【参考】計画調書(全体)のイメージ
PDFファイルのダウンロード 電子申請システムからは作成されませんので、「2.計画調書(添付ファイル項目)」の様式を利用し、作成してください。 PDFファイルのダウンロード PDFファイルのダウンロード

Ⅲ 応募方法

【応募者(実施代表者)の所属する研究機関の担当者】

1 応募者(実施代表者)の所属研究機関担当者は、電子申請システムにアクセスし、補助事業者としての研究機関の長の情報を登録する。なお、研究機関の長の情報を登録しないと、応募者(実施代表者)は計画調書を作成できない。
2 応募者(実施代表者)の所属研究機関担当者は、応募者にe-RadのID・パスワードを発行する。

【応募者(実施代表者)】

3 応募者(実施代表者)は受領したID・パスワードで電子申請システムにアクセスし、「Web入力項目」を入力、「添付ファイル項目」をアップロードすることで、計画調書(PDFファイル)を作成する。
4  応募者(実施代表者)は、作成した計画調書に不備がなければ、確認完了・提出操作を行うことで、所属研究機関に計画調書(PDFファイル)を提出(送信)したことになる。

【応募者(実施代表者)の所属する研究機関の担当者】

5 応募者(実施代表者)の所属研究機関担当者が計画調書(PDFファイル)を承認することで、日本学術振興会に提出(送信)される。
なお、応募者(実施代表者)の提出した計画調書(PDFファイル)の不備又はその他の事由により承認しない場合は、却下し応募者(実施代表者)に修正を依頼する。

Windows版のダウンロードは、各アイコンを右クリックし保存先を指定するように操作します。
WordファイルのダウンロードはWindows版MS-Word 2016で作成したものを、Word97-2003形式で保存しています。
PDFアイコン はAdobeAcrobatで作成しています。
(アドビ社の”Acrobat Reader Ver.4.0”以上を使用して見ることが出来ます。)
このソフトウェアは、無料で入手することができます。まだインストールされていない方は、下のボタンをクリックして下さい。
AdobeReaderアイコン

※ダウンロードされる方への注意事項
各様式は、お使いの個々の動作環境によって、不自然な罫線のずれや改行、または文字化け等不具合が発生する場合があります。その場合は個々の動作環境にかかるお問い合わせには応じかねますので、お手数ですが適宜修正を施してご使用ください。