2022年度 2021年度 2020年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度 2010年度 2009年度

2022年度

2022年06月20日 「JDCatサロン - データインフラの最前線」にインタビューを掲載しました。

朝岡 誠
朝岡 誠 国立情報学研究所
オープンサイエンス基盤研究センター 特任助教
「JDCat開発を通じて」

続きはこちら

2022年06月15日 第14回HOPEミーティングの開催概要を更新しました。

第14回HOPEミーティング

  第14回HOPEミーティングは2023年2月27日(月)~3月3日(金)、

  集合・対面形式にて開催します。国内参加者の募集要項・申請書を掲載しました。

 

続きはこちら


2022年06月15日 第10回グローバルリサーチカウンシル年次会合(ハイブリッド形式(パナマ SENACYT・米国 NSF主催))が開催されました。

 令和4年5月30日から6月3日の5日間、パナマ国立科学技術イノベーション局(Secretaria Nacional de Ciencia, Tecnologia e Innovacion, SENACYT)、米国国立科学財団(National Science Foundation, NSF)の主催により第10回グローバルリサーチカウンシル(Global Research Council: GRC)年次会合がパナマ・パナマシティを拠点としてハイブリッド形式で開催され、本会からは杉野理事長が出席しました。
 GRCは世界各国の学術振興機関の長によるフォーラムであり、各機関が連携を強めることでサイエンスの質を高め、単独では解決できない課題に対応するために、平成24年に米国国立科学財団(NSF)の提唱により設立されました。本会理事長は設立当時から理事会メンバーに選出され、平成27年5月から理事会議長を務めるなど、GRCの運営において主導的役割を果たしています。
 第10回は2020年12月にGRC参加機関で採択された「迅速な研究成果が求められる状況下での研究倫理、研究公正及び研究風土(Research ethics, integrity and culture in the context of rapid research results)」と「科学技術人材育成(Science and technology workforce)」に沿った議題が設定されました。GRC参加機関はこれらの宣言に則り、各々の研究助成政策・制度を充実させていくことを目指していきます。
 次回第11回GRC年次会合は、オランダ(Nederlandse Organisatie voor Wetenschappelijk Onderzoek, NWO)、ブラジル(The São Paulo Research Foundation,FAPESP)の主催により、令和5年にオランダ・ハーグにて開催予定です。

【参考】

2022年04月27日 「JDCatサロン - データインフラの最前線」にインタビューを掲載しました。

佐々木 尚之
佐々木 尚之 大阪商業大学 公共学部 准教授
「JGSSがJDCatに連動してデータアーカイブを構築する意義」

続きはこちら

2022年04月25日 第13回HOPEミーティング(オンライン)を開催しました。

第13回HOPEミーティング

第13回HOPEミーティング開催概要(完全オンライン開催)

日時:2022年3月7日(月)~3月11日(金)
開催方式:全プログラム ウェブ会議システムによる会議(オンライン開催)
対象分野:物理学、化学、生理学・医学及び関連分野
参加者数:91名
開催概要:https://www.jsps.go.jp/hope/gaiyou13.html

 

続きはこちら