寄付金事業

ノーベル・プライズ・ダイアログ東京2019

概要
 独立行政法人日本学術振興会は、ノーベル財団傘下組織として広報部門を担うノーベル・メディアABとの共催により、平成31(2019)年3月17日に「ノーベル・プライズ・ダイアログ東京2019」(英文:Nobel Prize Dialogue Tokyo 2019)を開催いたします。

 「ノーベル・プライズ・ダイアログ」とは、平成24(2012)年より毎年スウェーデンにおいてノーベル賞授賞式の前日に開催されている一般向けの公開シンポジウム「Nobel Week Dialogue」を日本学術振興会とノーベル・メディアABとの共催により、平成27(2015)年3月に、スウェーデン国外で初めて開催したものです。今回は、4回目の開催となります。

 本会議は、日本をはじめ世界各国からノーベル賞受賞者を含む著名な研究者や有識者が一堂に会し、社会にとって重要な問題を語り合う、参加費無料の公開シンポジウムです。学生や研究者を含む広く一般の皆さまに、多岐にわたる学術・科学技術への関心・理解を幅広く深めていただき、以て学術・科学技術の振興に寄与することを目的としています。

 我が国における開催は、世界の知のフロンティアを拓いたノーベル賞受賞者をはじめとする有識者との対話を通じ、参加者が学術の意義や重要性に対する理解を深めるのみならず、我が国が学術先進国として国際的な存在感を示す貴重な機会となることも大いに期待されます。

 開催に必要な経費については、日本学術振興会の運営費交付金を財源とする予定ですが、なお一部に不足が見込まれることから、今般、特段の御協力をいただきたく御支援をお願い申し上げる次第です。

 御支援いただきます御資金は、「ノーベル・プライズ・ダイアログ東京2019」の準備運営等に充当し、本会議の開催を通じた我が国の学術の振興のために有益に使用させていただきますので、本会議の趣旨を御理解いただき、何卒御協力いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

会議の名称 和文名:ノーベル・プライズ・ダイアログ東京2019
英文名:Nobel Prize Dialogue Tokyo 2019
主催 独立行政法人日本学術振興会
ノーベル・メディアAB
開催日時 平成31(2019)年3月17日(日) 10時30分~17時15分(予定)
開催場所 パシフィコ横浜 会議センター
テーマ The Age to Come(仮)
プログラム 基調講演、テーマ別分科会、パネルディスカッション等
言語 英語(日英同時通訳付き)
参加数 1,000名程度
参加費 無料

「御支援のお願い」様式等ダウンロード

様式
御支援のお願い     PDF
別紙様式1 広告協賛申込書     PDF  Wordファイルのダウンロード
別紙様式2 寄附申込書     PDF  Wordファイルのダウンロード

御支援にあたりましては、別紙様式1「広告協賛申込書」又は別紙様式2「寄附申込書」にご署名ご捺印の上、下記住所宛郵送、もしくはスキャンしたPDFデータ(カラー)をメール添付にてご送付の上、別途お知らせする口座にお振込くださいますようお願い申し上げます。

問い合わせ・送付先 〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
独立行政法人 日本学術振興会
国際事業部 研究協力第一課
ノーベル・プライズ・ダイアログ東京2019担当
TEL:03-3263-1725, 1844
MAIL:nobelprizedialogue*jsps.go.jp

(注)メールアドレスは、「@」を「*」に置換しています。