お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
研究事業部研究事業課
企画・人社係
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
麹町ビジネスセンター7階
TEL03-3263-1106、4645
MAILdi-hs*jsps.go.jp

(注)メールアドレスは、「@」を「*」に置換しています。

人文学・社会科学データインフラストラクチャー構築推進事業

本事業の取組

新着情報

2022年10月19日
JDCatサロン - データインフラの最前線(第9回)を掲載しました。
2022年09月16日
「Digital Humanities 2022」発表資料を掲載しました。
2022年08月31日
JDCatサロン - データインフラの最前線(第8回)を掲載しました。
2022年08月02日
JDCat紹介動画を公開しました。
2022年06月27日
『人文学・社会科学データインフラストラクチャー構築推進事業の進捗と今後の展望(報告書)』を掲載しました。
2022年06月20日
JDCatサロン - データインフラの最前線(第7回)を掲載しました。
2022年04月27日
JDCatサロン - データインフラの最前線(第6回)を掲載しました。
2022年04月06日
パンフレットを公開しました。
2022年03月03日
JDCatサロン - データインフラの最前線(第5回)を掲載しました。
2021年12月17日
JDCatサロン - データインフラの最前線(第4回)を掲載しました。
2021年11月10日
『人文学・社会科学データインフラストラクチャー構築推進事業の進捗と今後の展望(骨子案)』を掲載しました。
2021年11月08日
人文学・社会科学におけるデータ共有のための手引きを掲載しました。
2021年09月13日
JDCatサロン - データインフラの最前線(第3回)を掲載しました。
2021年09月10日
「2021年度統計関連学会連合大会」発表資料を掲載しました。
2021年07月28日
JDCatサロン - データインフラの最前線(第2回)を掲載しました。
2021年05月06日
JDCatサロン - データインフラの最前線(第1回)を掲載しました。
2020年12月24日
「英国経済社会研究会議(ESRC)研究データポリシー/データ管理計画」を掲載しました。
2020年11月20日
OECD『公的資金による研究データへのアクセスに関する原則およびガイドライン』を掲載しました。
2020年10月21日
「2020年度統計関連学会連合大会」発表資料を掲載しました。
2020年10月21日
統計と情報の専門誌「ESTRELA」掲載記事を掲載しました。
2019年12月27日
「人文学・社会科学系学術的調査データの現状に関する調査報告書」を掲載しました。

英国経済社会研究会議(ESRC)研究データポリシー/データ管理計画

 人文学・社会科学データインフラストラクチャー構築推進事業では、日本におけるデータの共有・利活用の促進のため、データの共有・利活用に係るガイドラインの策定をおこなっています。その参考資料として、ESRCが2018年に公表した「ESRC Research Data Policy」、「Data management plan: guidance for peer reviewers」 を翻訳しました。データの共有・利活用の際には、当該翻訳資料を是非ご活用ください。

 本翻訳物は、ESRCの公式翻訳ではありません。翻訳の質および原著との整合性に関しては、学振が唯一の責任を負います。原著と本翻訳物に何らかの食い違いがある場合、原著の原文のみが正当とみなされます。

<英語版(原文):ESRCのHPへのリンク>
ESRC Research Data Policy ©2018 ESRC
Data management plan: guidance for peer reviewers ©ESRC

<日本語訳版:PDF>
英国経済社会研究会議(ESRC)研究データポリシー ©2020 日本学術振興会
データ管理計画: ピアレビュアー向け指針 ©2020 日本学術振興会

OECD『公的資金による研究データへのアクセスに関する原則およびガイドライン』

 人文学・社会科学データインフラストラクチャー構築推進事業では、日本におけるデータの共有・利活用の促進のため、データの共有・利活用に係るガイドラインの策定をおこなっています。その参考資料として、OECDが2007年に公表した「OECD Principles and Guidelines for Access to Research Data from Public Funding」を翻訳しました。データの共有・利活用の際には、当該翻訳資料を是非ご活用ください。

 本翻訳物は、OECDとの取り決めにより公開されたものであり、OECDの公式翻訳ではありません。翻訳の質および原著との整合性に関しては、学振が唯一の責任を負います。原著と本翻訳物に何らかの食い違いがある場合、原著の原文のみが正当とみなされます。

<英語版(原文):OECDのHPへのリンク>
OECD Principles and Guidelines for Access to Research Data from Public Funding ©2007 OECD

<日本語訳版:PDF 1.85MB>
OECD『公的資金による研究データへのアクセスに関する原則およびガイドライン』 ©2020 日本学術振興会

人文学・社会科学データインフラストラクチャー構築推進事業の進捗と今後の展望(報告書)

 人文学・社会科学データインフラストラクチャー構築推進事業(実施期間:平成30(2018)年度~令和4(2022)年度)の概要、成果、そして令和5(2023)年度以降の人文学・社会科学データインフラストラクチャーのあり方について報告書としてまとめたものです。

『人文学・社会科学データインフラストラクチャー構築推進事業の進捗と今後の展望(報告書)』(PDF)5.23MB

『人文学・社会科学データインフラストラクチャー構築推進事業の進捗と今後の展望(骨子案)』

 人文学・社会科学データインフラストラクチャー構築推進事業(実施期間:平成30(2018)年度~令和4(2022)年度)の概要、活動実績、そしてそれらの進捗等を踏まえた令和5(2023)年度以降のあり方について骨子案としてまとめたものです。

『人文学・社会科学データインフラストラクチャー構築推進事業の進捗と今後の展望(骨子案)』(PDF)2.55MB 

人文学・社会科学系学術的調査データの現状に関する調査報告書

 本調査は、人文学・社会科学データインフラストラクチャー構築推進事業の開始にあたり、人文学・社会科学の分野における学術的調査データの現状について基本的な情報を収集し、今後の事業発展に資する基礎資料を作成するために、平成30(2018)年5月に行われました。科学研究費助成事業の機関番号を持つ機関を通じて、各機関に所属する人文学・社会科学分野の研究者および人文学もしくは社会科学に関わる学際的な領域の研究者を対象に調査を依頼し、得た回答結果を報告書としてまとめたものです。

人文学・社会科学系学術的調査データの現状に関する調査報告書(PDF)7.26MB