お問い合わせ先

本件に関する問合せ先
独立行政法人日本学術振興会
国際生物学賞委員会事務局
TEL 03-3263-1724/1918
FAX 03-3234-3700
E-mail

国際生物学賞

国際生物学賞 受賞者決定

第35回(令和元年)国際生物学賞の受賞者決定
ナオミ・エレン・ピアス博士
(ハーバード大学生物体・進化生物学科ヘッセル教授)

 独立行政法人日本学術振興会(理事長 里見 進)は、8月2日に国際生物学賞委員会(委員長 井村 裕夫:日本学士院幹事)を開催し、第35回国際生物学賞の受賞者をハーバード大学生物体・進化生物学科ヘッセル教授 ナオミ・エレン・ピアス博士に決定しました。今回の授賞対象分野は「昆虫の生物学(Biology of Insects)」です。

Dr. Naomi Ellen Pierce
氏  名 ナオミ・エレン・ピアス博士(受賞者の略歴・研究業績)
生年月日 1954年10月19日
国  籍 米国
現  職 ハーバード大学 生物体・進化生物学科ヘッセル教授
略  歴
1983年 ハーバード大学 生物学 (Ph.D.)
1983年–1984年 グリフィス大学 生物学 博士研究員
1984年–1986年 オックスフォード大学 生物学 講師
1986年–1989年 プリンストン大学 生物学科 助教授
1989年-1990年 プリンストン大学 生物学科 准教授
1991年-現在 ハーバード大学生物体・進化生物学科ヘッセル教授、
比較動物学博物館チョウ目主事

授賞理由

 ハーバード大学の生物体・進化生物学科教授で比較動物学博物館主事でもあるナオミ・ピアス博士は、現代昆虫学の最高権威のひとりである。ピアス博士の研究のメインテーマは昆虫と他生物の間の共生関係である。ピアス博士の研究は、シジミチョウとアリの共生関係に関する行動生態学が出発点であった。アリがシジミチョウ幼虫を寄生蜂などの攻撃から守り、チョウはその報酬として甘い蜜をアリに与えるのだが、たとえば蜜を分泌するチョウが成虫になると痩せてしまうなど、この共生行動にはコストが伴うことを野外実験で初めて厳密に明らかにした。これを皮切りに、昆虫が示す共生関係一般へと視野を広げ、現在の研究テーマは、共進化、相互適応、適応放散、寄生と防御反応と多岐にわたる。博士はまず、基本情報である共生の「登場人物」たるチョウとアリ、そしてやはり奇妙な送粉共生を示すランとハナバチの分子系統樹を構築した。これらのいわば「屋台骨」となる情報と生態情報を組み合わせた現代的比較法により、ピアス博士らは次々と新学説を提唱した。たとえば、ランとハナバチの共生関係は、以前に考えられていたよりも起源が古いこと、アリとシジミチョウの共生では相利性から寄生性が繰り返し進化したこと、アリの多様化には腸内共生菌が関与していることなどである。また機能的な側面からは、植物が病原微生物と食植性昆虫という二大天敵に対して示す防衛反応に関係するシグナリング経路やトレードオフに関する分子生物学的研究も行った。
 先端科学研究では、進展とともに研究対象を深く掘り下げる方向に進むのが常である。結果として材料生物も一種に絞り込まれることが多い。しかし、ピアス博士は逆に、研究対象生物を常に広げ続ける博物学的なアプローチをとっており、これは特筆に値する。ハーバード大学での指導では、常に新たな生物を対象にした新しい研究テーマを最先端技術を取り入れながら提示し続けてきた。ピアス博士は卓越した教育者でもあることから、博士の指導や助言を入り口に、多数の研究室出身者が、今では各々の対象生物と研究分野の権威として、世界中で活躍し研究を深めている。
 このように広くかつ深い研究分野の開拓者であるピアス博士の業績は高く評価され、今回の授賞対象分野が陸上環境で最も多様化した動物である昆虫に関する科学であるという点からも、国際生物学賞を授賞するに相応しいと結論づけた。

 ※授賞式は、11~12月頃に、東京・上野の日本学士院において行われる予定です。