日本学術振興会

実施体制

本事業は公募等により選定した下記機関に業務委託を行っています。

中核機関

「中核機関」は⼈⽂学・社会科学のデータアーカイブ(リポジトリ等)の運⽤に関する知識や経験を持ち、「人文学・社会科学データインフラストラクチャー構築推進事業」において作り上げたJDCat を主体的に運⽤すると同時に、関係機関を取りまとめ、事業全体の運営について中⼼的役割を担います。
研究機関・実施研究所等名 概要 中間評価について 最終評価について 成果について

拠点機関

「拠点機関」は、⼈⽂学・社会科学の専⾨分野でデータの保存・共有等に取り組んできた実績に基づき、既に所蔵するデータ及び他機関と連携するデータについて、メタデータを作成し、JDCat へ提供することで、学術的に利⽤可能なデータのより⼀層の充実・強化に貢献します。
研究機関・実施研究所等名 概要 中間評価について 最終評価について 成果について

システム担当機関

「システム担当機関」は、情報システムに関連したJDCatの運⽤と改良を担当し、中核機関と連携・協働して、拠点機関等に対する技術的⽀援を⾏います。
研究機関・実施研究所等名 概要 中間評価について 最終評価について 成果について