お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
監査・研究公正室 研究公正係
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
麹町ビジネスセンター
TEL03-3263-1743
FAX03-3237-8238
MAILfuseiboushi*jsps.go.jp

(注)メールアドレスは「@」を「*」に置換しています。

研究公正~Research Integrity~

科学研究費助成事業に係る研究活動の不正行為について

本会は、名古屋大学からの研究活動の不正行為に関する調査報告書の提出を受け、「研究活動の不正行為及び研究資金の不正使用等への対応に関する規程」(平成18年12月6日規程第19号)に基づき、以下の措置を講ずることとしました。

  1. 措置の対象者
    矢野 裕太(名古屋大学大学院理学研究科・元大学院生)
    伊丹 健一郎(名古屋大学大学院理学研究科教授)
    伊藤 英人(名古屋大学大学院理学研究科准教授)
  2. 不正行為が行われた事業
    研究種目:特別推進研究
    研究課題名: 未踏分子ナノカーボンの創製
    交付額:令和元年度~令和3年度 382,850千円

    研究種目:若手研究(B)
    研究課題名:自在π拡張反応の開発とグラフェンナノリボン合成への応用
    交付額:平成26年度~平成28年度 4,030千円

    研究種目:新学術領域研究
    研究課題名:APEXポリマー化によるグラフェンナノリボンの精密ボトムアップ合成と応用
    交付額:平成28年度~平成29年度 4,160千円

    研究種目:基盤研究(B)
    研究課題名:新奇縮環π共役高分子の精密合成と構造制御
    交付額:平成30年度~令和2年度 17,810千円

    研究種目:特別研究員奨励費
    研究課題名:縮環π拡張重合反応を用いたグラフェンナノリボンの精密化学合成と物性解明
    交付額:平成30年度~平成31年度 1,900千円
  3. 不正行為の内容
    調査機関による調査の結果、論文3編においてねつ造および改ざんを行ったと認定された。
  4. 措置の内容
    ○研究費の返還命令
    不正行為と直接的に因果関係が認められた研究費の支出について、その返還を求める。

    ○研究資金を交付しない期間について
    矢野 裕太(名古屋大学大学院理学研究科・元大学院生)
    令和4年度から令和10年度の7年間、本会の研究資金を交付しないこととする。

    伊丹 健一郎(名古屋大学大学院理学研究科教授)
    令和4年度から令和6年度の3年間、本会の研究資金を交付しないこととする。

    伊藤 英人(名古屋大学大学院理学研究科准教授)
    令和4年度から令和6年度の3年間、本会の研究資金を交付しないこととする。