お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
研究事業部 研究助成企画課、研究助成第一課、研究助成第二課、研究事業課
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
詳細はこちら

ENGLISH
科学研究費助成事業

科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金/科学研究費補助金)は、人文学、社会科学から自然科学まで全ての分野にわたり、基礎から応用までのあらゆる「学術研究」(研究者の自由な発想に基づく研究)を格段に発展させることを目的とする「競争的研究資金」であり、ピアレビューによる審査を経て、独創的・先駆的な研究に対する助成を行うものです。

最近の研究成果トピックス

(「科研費NEWS 2017 vol.2」より)

教授 中塚 武
人文・社会系

「酸素同位体比を用いた古気候の復原と文献史学との対話」 総合地球環境学研究所 研究部 教授 中塚 武
人間の歴史を駆動する力の1つに、気温や降水量などの物理的環境の変化があったとする考え方は古くからありました。しかし、気象観測が始まっていない19世紀 以前の気候を正確に復原することは難しかったので、これまでその考えを検証することはできませんでした。…

 
准教授 海老原 祐輔
理工系

「オーロラ・サブストームに関する新しいメカニズムの提唱」 京都大学 生存圏研究所 准教授 海老原 祐輔
ぼんやりと光るカーテン状のオーロラの一部が急に明るくなり、まばゆいばかりの明るいオーロラが極域の夜空を覆うことがあります。オーロラ・ブレイクアップと呼ばれる現象で、強い電流が宇宙空間に向かって上向きに流れるとともに、大量の電子が宇宙空間から超高層大気に降り注いでいます。電流はなぜ急に強まるのでしょうか。…

 
教授 宮城島 進也
生物系

「真核細胞・共生バクテリアの分裂同調化による光合成オルガネラ成立機構に関する研究」 国立遺伝学研究所 細胞遺伝研究系 教授 宮城島 進也
真核細胞内のエネルギー変換器である「ミトコンドリア」と「葉緑体」は、10億年以上前にバクテリア細胞が真核細胞内に共生して誕生しました。その他にも、真核細胞が別の細胞を取り込み、新しい機能を獲得する例は広く見受けられます。このような2種の細胞が世代を超えて持続的に統合するためには、宿主細胞と共生細胞が協調して成長や分裂をする必要があります。…

 
准教授 藤川 なつこ
人文・社会系

「高信頼性組織化のための地域連携のあり方についての研究:コンビナートを事例として」神戸大学 大学院海事科学研究科 准教授 藤川 なつこ
2011年、東京電力福島第一原子力発電所で発生した原子力事故は、企業の危機管理がいかに十全とはかけ離れたものであるかを露呈しました。企業の有する技術が高度化、複雑化の一途をたどる中で、ひとつの組織事故の発生は、社会に甚大な被害をもたらしかねません。そこで、組織事故の発生を未然に防ぐ仕組みづくりが急務となっています。…

 
教授 居田 克巳
理工系

「磁場トポロジーと乱流輸送の結合に関する研究」 自然科学研究機構 核融合科学研究所 教授 居田 克巳
核融合発電を目指して、環状の磁場に閉じ込められた高温プラズマの安定性と閉じ込めに関する基礎研究が世界中で行われています。高温プラズマの安定性と閉じ込めを悪化させる要因として、磁力線とサイクロトロン運動をしているプラズマとの相互作用による磁気流体力学的(magnetohydrodynamics;MHD)不安定性と、…

 
教授 森 也寸志
生物系

「人工マクロポアを利用した土壌・植生環境の修復と有機物貯留」 岡山大学 大学院環境生命科学研究科 教授 森 也寸志
土壌は陸域最大の炭素貯蔵庫であり、貯蔵量は植物の3倍、大気の2倍になります。二酸化炭素削減の要である植物の培地でもあり、表層(0~ 1 m)が最も肥沃で有機物質に富んでいます。しかし、この肥沃な表層が不適切な管理や気候変動の影響で劣化し、透水性(水の通りやすさ)の不良から表層の土壌が流出する問題も報告されています。…


 
教授 浅倉 むつ子
人文・社会系

「包括的差別禁止法制と複合差別法理の研究」 早稲田大学 大学院法務研究科 教授 浅倉 むつ子
世界各国で明文化されている差別禁止法に関連して、「複合差別(multiple discrimination)」が熱い議論の的になっています。法的に禁止される差別事由は、性別や人種などから、障害、年齢、性的指向などへと徐々に拡大しています。その結果、複数の事由により差別される人々に関心が向けられ、国連・女性差別撤廃委員会でも、複合差別問題を訴える日本の女性NGOが…

 
特別特任教授 金子 克美
理工系

「強いファンデルワールス引力場があるナノ空間の物質科学」 信州大学 先鋭領域融合研究群 環境・エネルギー材料科学研究所 特別特任教授 金子 克美
私たちが生活している温度では、大気中の窒素分子は激しく運動しています。しかし、温度を下げるとその運動エネルギーが小さくなり、ファンデルワールス力によって窒素分子どうしが引き合うようになります。沸点(−196℃)まで温度が下がると、窒素分子間のファンデルワールス力が分子の運動エネルギーを上回るので液体になります。…

 
教授 稲泉 博己
生物系

「実践コミュニティが農村の維持発展に果たす役割」 東京農業大学 国際食料情報学部 教授 稲泉 博己
農村の維持発展のために、これまでの公的な農業普及事業という枠組みをこえた、新たな支援方策(AKIS;Agricultural Knowledge and Information System、農業知識情報システム)を模索しました。この研究の前段階では、立場の異なる研究者と大学教員が、農業普及を基本から勉強するために私的に集まり、…

 
教授 長谷川 英之
理工系

「心臓内血流動態の超高速超音波イメージング」 富山大学 大学院理工学研究部 教授 長谷川 英之
循環器疾患はわが国における死因の4分の1ほどを占めており、早期に治療し重篤化を防ぐには早期診断と予後の評価がたいへん重要です。心臓などの循環器は動的な器官なので、その機能を評価するには動態計測が必要です。毎秒数十枚の撮像速度を誇る超音波診断は、CT(Computed Tomography)やMR(I Magnetic Resonance Imaging)などと比較して…

 
教授 和田 隆志
生物系

「キラルアミノ酸バイオマーカーを用いた腎臓病病態の無侵襲診断」 金沢大学 大学院医薬保健学総合研究科 教授 和田 隆志
腎臓病の診療において、発症予測、早期診断、特異診断、治療反応性予測、予後推定など各腎臓病の病態に応じたバイオマーカーがもとめられています。ことに、無侵襲かつ個別化医療など目的に応じたバイオマーカーの開発とその臨床応用が期待されています。…

 
グループリーダー 志村 拓也
理工系

「位相共役波(時間反転波)による水中音響通信~マルチユーザ通信、MIMO通信への適用~」 海洋研究開発機構 海洋工学センター 海洋基幹技術研究部先端技術研究グループ グループリーダー 志村 拓也
海中では、電波は吸収されてしまうため、通信や測位には音波が使われます。しかし、海中の音波による通信は、①反射波や屈折波などのマルチパス波が非常に多く受信される、②使用できる周波数帯域幅が非常に狭い、③移動によるドップラーシフトの影響が大きいなど、空中における…

 
研究准教授 前川 知樹
生物系

「生体内タンパク質を利用した炎症と骨の吸収制御メカニズムの解析」 新潟大学 大学院医歯学総合研究科 研究准教授 前川 知樹
歯周病はう蝕(むし歯)と並ぶ歯科の二大疾患のひとつです。これは、歯の周りの組織や骨が歯周病原細菌により破壊されるのが特徴で、人類で最も感染者の多い炎症性疾患です。病気が進行すると歯を支えている歯槽骨の吸収がおこり、最終的には歯が抜けてしまいます。しかし、これまでに有効な治療法はありませんでした。…

 
科研費NEWS オープンアクセス ひらめきときめきサイエンス
基金化とは ~科研費ロゴ 科研費改革の動向
~エッセイ~私と科研費 最近の研究成果 科研費からの成果展開事例
電子申請のご案内
審査委員候補者情報登録システム 科研費に関するご意見・ご要望 受付窓口

NEWS

2017年11月22日
平成29年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(基盤研究(S))の新規採択課題について
2017年11月20日
平成29年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(特別研究員奨励費)第5回の交付決定について
2017年11月13日
科学研究費助成事業における審査及び評価に関する規程(平成29年10月30日改正)について
2017年11月10日
平成29年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(特別研究員奨励費)第6回の交付内定について
2017年11月6日
平成29年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(特別研究員奨励費)第4回の交付決定について
2017年11月1日
「私と科研費No.105(平成29年11月)」を掲載しました。
2017年10月13日
平成30年度科学研究費助成事業-科研費-の公募要領の英語版(Ⅳ~Ⅵ)を掲載しました。(Ⅰ~Ⅲについては、9月22日に掲載済みです。)
2017年10月13日
平成29年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(特別研究員奨励費)第5回の交付内定について
2017年10月11日
平成29年度科研費等の審査に係る総括について
2017年10月11日
審査委員名簿の更新について
2017年10月10日
平成29年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)の交付決定の変更(若手研究(B)における独立基盤形成支援(試行))について
2017年10月6日
平成29年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(研究活動スタート支援)の交付決定について
2017年10月6日
平成29年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)の交付決定の変更(調整金前倒し使用分(第1回))について
2017年10月2日
「私と科研費No.104(平成29年10月)」を掲載しました。
2017年10月1日
平成29年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(特別研究員奨励費)第4回の交付内定について
2017年9月29日
平成29年度科研費の審査委員表彰について
2017年9月28日
科研費NEWS2017Vol.2を掲載しました。
2017年9月27日
科研費パンフレット2017を作成しました。
2017年9月26日
[文部科学省]科研費改革関連FAQの更新について<文部科学省のHPへのリンク>
2017年9月22日
平成30年度科学研究費助成事業-科研費-の公募要領(I~III)の英語版を掲載しました。
2017年9月22日
審査における評定基準等(平成30年度)の英語版を掲載しました。
2017年9月14日
科研費ハンドブック-2017年度版-【研究機関用】を掲載しました。
2017年9月6日
平成29年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(特別研究員奨励費)第3回の交付決定について
2017年9月5日
科学研究費助成事業における審査及び評価に関する規程(平成29年8月28日改正)について
2017年9月5日
[文部科学省]科研費改革関連FAQについて<文部科学省のHPへのリンク>
2017年9月4日
科学研究費助成事業(研究活動スタート支援)の審査結果の開示について
2017年9月1日
平成30年度科学研究費助成事業-科研費-の公募について
2017年9月1日
平成30年度科学研究費助成事業-科研費-の研究計画調書等の英語版を掲載しました。
2017年9月1日
平成30年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(奨励研究)の公募について
2017年9月1日
平成30年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(研究成果公開促進費)の公募について
2017年9月1日
平成29年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(国際共同研究加速基金(帰国発展研究))の公募について
2017年9月1日
審査委員名簿の更新について
2017年9月1日
「私と科研費No.103(平成29年9月)」を掲載しました。
2017年8月31日
平成29年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(若手研究(B)における独立基盤形成支援(試行))の交付内定について
2017年8月25日
平成29年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(研究活動スタート支援)の交付内定について
2017年8月22日
平成30年度科学研究費助成事業の研究計画調書について(※日本語版の掲載に加えて、英語版も掲載しました)
2017年8月18日
平成29年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(基盤研究(B・C)(特設分野研究))の交付決定について
2017年8月18日
平成29年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)の交付決定の変更(調整金次年度使用分)について
2017年8月18日
科学研究費助成事業(基盤研究(B・C)(特設分野研究))の審査結果の開示について
2017年8月17日
科学研究費助成事業「国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)」審査要項(平成29年7月24日一部改正)について
2017年8月10日
科研費ハンドブック(研究者用)-2017年度版-(英語版)を掲載しました
2017年8月10日
平成30年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(研究成果公開促進費)の公募に関する個別相談会の開催について   ※申込みは終了しました。
2017年8月10日
科学研究費助成事業(挑戦的研究(開拓・萌芽))の審査結果の開示について
2017年8月9日
平成29年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(挑戦的研究(開拓))の交付決定について
2017年8月9日
平成29年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(挑戦的研究(萌芽))の交付決定について
2017年8月7日
平成30年度科学研究費助成事業の研究計画調書について
2017年8月4日
平成29年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(特別研究員奨励費)第2回の交付決定について
2017年8月3日
[文部科学省]「平成30年度科学研究費助成事業公募要領等説明会」の開催について(通知)<文部科学省のHPへのリンク>
2017年8月1日
「私と科研費No.102(平成29年8月)」を掲載しました。

過去のNEWS一覧はこちら