特別研究員

制度概要

  申請資格・支給経費・採用期間

(1)特別研究員-DC1(大学院博士課程在学者)

申請資格 在学年次 採用年度の4月1日現在、我が国の大学院博士課程に在学し、次のいずれかに該当する者
(外国人も含む)
  1. 区分制の博士課程後期第1年次相当(在学月数12ヶ月未満)に在学する者
  2. 一貫制の博士課程第3年次相当(在学月数24ヶ月以上36ヶ月未満)に在学する者
  3. 後期3年の課程のみの博士課程第1年次相当(在学月数12ヶ月未満)に在学する者
  4. 医学、歯学、薬学又は獣医学系の4年制の博士課程第2年次相当(在学月数12ヶ月以上24ヶ月未満)に在学する者

※ 1~3 において、採用年度の4月に博士課程後期等に進学する予定の者を含む
※ 申請後、博士課程において休学をした場合は、申請資格を満たさない場合があるため留意すること。
採用経験者の制限 特別研究員(DC,PD,SPD)に採用されたことがある者は申請できない
採用期間 3年間
研究奨励金 月額 200,000円(支給予定額)
研究費
(科学研究費助成事業)
毎年度 150万円以内

(2)特別研究員-DC2(大学院博士課程在学者)

申請資格 在学年次 採用年度の4月1日現在、我が国の大学院博士課程に在学し、次のいずれかに該当する者
(外国人も含む)
  1. 区分制の博士課程後期第2年次以上の年次相当(在学月数12ヶ月以上36ヶ月未満)に在学する者
  2. 一貫制の博士課程第4年次以上の年次相当(在学月数36ヶ月以上60ヶ月未満)に在学する者
  3. 後期3年の課程のみの博士課程第2年次以上の年次相当(在学月数12ヶ月以上36ヶ月未満)に在学する者
  4. 医学、歯学、薬学又は獣医学系の4年制の博士課程第3年次以上の年次相当(在学月数24ヶ月以上48ヶ月未満)に在学する者
※ 申請後、博士課程において休学をした場合は、申請資格を満たさない場合があるため留意すること。
採用経験者の制限 特別研究員(DC,PD,SPD)に採用されたことがある者は申請できない
採用期間 2年間
研究奨励金 月額 200,000円(支給予定額)
研究費
(科学研究費助成事業)
毎年度 150万円以内

(3)特別研究員-PD(博士の学位取得者等)

申請資格 学位 採用年度の4月1日現在、博士の学位を取得後5年未満の者(申請時においては、見込みでも良い。)。

受入研究機関等の選定

受入研究者が在籍する機関(複数の機関に籍を置く研究者の場合は、その研究者が本来籍を置く機関)を受入研究機関とします。(募集要項「受入研究機関」を参照)受入研究機関については、大学院博士課程在学当時の所属研究機関(以下「出身研究機関」という。)以外の研究機関を選定すること(以下「研究機関移動」という。)。
学位取得後間もない若手研究者が全く環境の異なる状況において、ある期間流動性を持ち、自由な発想と幅広い視野を身に付けながら独創的な研究者として成長していくことは、特に新しい学問や学際領域の開拓には極めて有効かつ緊要であるため、特別研究員-PDは、博士課程での研究の単なる継続ではなく、研究環境を変えて、新たな研究課題に挑戦することを求めております。そのため、以下の条件1及び2の双方を満たすことを申請資格とします。

  1. 受入研究機関については、大学院博士課程在学当時(修士課程として取り扱われる大学院博士課程前期は含まない)の所属大学等研究機関(以下「出身研究機関」という。)以外の研究機関を選定すること(以下「研究機関移動」という。)。
  2. 受入研究者については、大学院博士課程在学当時の研究指導者以外を選定すること。

特例措置について

出身研究機関を受入研究機関に選定する者、大学院博士課程在学当時の研究指導者を受入研究者に選定する者は、特別研究員等審査会において以下のやむを得ない事由のいずれかに該当すると判定された場合のみ、研究機関移動に関する特例措置を認めます。また、出身研究機関以外の研究機関を受入研究機関に選定したが、実質的な研究機関移動に該当しない者についても、特別研究員等審査会において以下のやむを得ない事由に該当すると判定された場合のみ、研究機関移動に関する特例措置を認めます。(特例措置が認められない場合は不採用となります。)
  • 身体の障害、出産、育児等の理由により出身研究機関以外の研究室で研究に従事することが難しい場合
  • 研究目的・内容及び研究計画等から研究に従事する研究室を出身研究機関以外の研究室に変更することが国内の研究機関における研究の現状において、極めて困難な場合
ただし、1及び2の双方を満たす者であっても、実質的な研究機関移動に該当しない者については、原則申請資格を満たさないものとします。
資格審査のガイドライン及び過去の申請資格審査状況については、こちらを参照のこと。
国籍 日本国籍を持つ者、又は日本に永住を許可されている外国人
採用経験者の制限 特別研究員に採用されたことがある者は、「特別研究員採用経験者の申請資格」も満たす必要がある。詳細は募集要項を参照すること
採用期間 3年間
研究奨励金 月額 362,000円(支給予定額)
研究費
(科学研究費助成事業)
毎年度 150万円以内

(4)特別研究員-SPD(博士の学位取得者)

特別研究員-PDに申請し、上位で合格し、審査方針に合致する特に優れたものを採用しますが、次の要件を満たす必要があります。
  • 採用年度の4月1日現在、博士の学位を取得している者
  • 受入研究機関について、出身研究機関以外の大学等研究機関を選定する者
採用期間 3年間
研究奨励金 月額 446,000円(支給予定額)
研究費
(科学研究費助成事業)
毎年度 300万円以内

(5)特別研究員-RPD(博士の学位取得者等)

申請資格 年齢 制限なし
学位

採用年度の4月1日現在、博士の学位を取得している者(申請時においては、見込みでも良い。)。

研究中断 次のいずれかに該当する出産・育児のため、3ヶ月以上研究活動を中断した者。
1. 採用の前年度の4月1日時点で未就学児を養育している者。
2. 採用の前年度の4月1日から遡って過去5年以内に、出産又は疾病や障害のある子を養育した者。
国籍 日本国籍を持つ者、又は日本に永住を許可されている外国人
採用経験者の制限 特別研究員-RPD採用経験者は、前回の特別研究員-RPD採用開始後に新たに出産した場合(配偶者の出産を含む)のみ、申請資格を有するものとします。
採用期間 3年間
研究奨励金 月額 362,000円(支給予定額)
研究費
(科学研究費助成事業)
毎年度 150万円以内