平成27年度 日本-スイス若手研究者交流事業 渡航者一覧・報告書
領域 特別研究員区分 氏名 所属機関・部局 渡航先
特別研究員としての研究課題名
総合 情報学 PD 橘 亮輔 東京大学総合文化研究科 Institute of Neuroinformatics,University of Zurich and ETH Zurich 睡眠時リハーサルによる手続き学習定着の神経機構:鳴禽類の歌行動をモデルとした研究
人文社会 人文学 DC1 阪本 佳郎 東京外国語大学総合国際学研究院 University of Zurich Romance Seminar 20世紀ルーマニア亡命者の文学における「祖国」表象についての文化的研究
人文社会 人文学 DC2 北野 安寿子 東京大学総合文化研究科 Swiss Center for Affective Sciences,University of Geneva 現象的概念に関する注意-情動理論の構築と社会機能障害研究への応用的意義
理工 数物系科学 DC1 高橋 亘 東京大学理学系研究科 Department of Astronomy of the University of Geneva 自転運動を考慮した大質量星進化・超新星元素合成の網羅的計算
理工 数物系科学 DC2 阿部 隆博 北海道大学大学院理学院 VAW,ETH-Zurich ユーコン地域における氷河サージ発生機構の解明
理工 数物系科学 DC2 西村 美紀 東京大学理学系研究科 Paul Scherrer Institut ミューオンのレプトンフレーバー非保存現象からの新物理検証
理工 化学 PD 宇野 真之介 東京大学薬学系研究科 Institute of Chemical Sciences and Engineering of Ecole Polytechnique Federale de Lausanne(EPFL) 新規光機能性分子によるタンパク質機能の制御
理工 工学 PD 梁 政寛 東京工業大学理工学研究科 Eidgenossische Anstalt fur Wasserversorgung, Abwasserreinigung und Gewasserschutz(Eawag) 魚類の保全を目的とした統合河川環境モデルに基づくダム放流操作の提案
生物 生物学 DC2 小川 遼 神戸大学農学研究科 Museum d'histoire naturelle,Geneve インドネシア・スラウェシ島のファウナの起源-デオキノコムシを用いた生物系統地理-
生物 医歯薬学 PD 北沢 太郎 東京大学医学系研究科 Friedrich Miescher Institute for Biomedical Research 頭頚部における、Hox遺伝子による領域決定の分子メカニズムの解析
備考: 辞退者2名(総合・複合領域・PD、人文社会・社会科学・PD)は含まない。なお、特別研究員区分は申請時の区分。