お問い合わせ先

本件に関する問合せ先
独立行政法人日本学術振興会
国際生物学賞委員会事務局
TEL03-3263-1724/1918
FAX03-3234-3700
E-mail

ENGLISH

国際生物学賞

第34回(平成30年)国際生物学賞の受賞者決定
アンドリュー・ハーバート・ノール博士
(ハーバード大学 自然史学 フィッシャー記念教授)


 独立行政法人日本学術振興会(理事長 里見 進)は、8月23日に国際生物学賞委員会(委員長 井村 裕夫:日本学士院幹事)を開催し、第34回国際生物学賞の受賞者をハーバード大学自然史学 フィッシャー記念教授 アンドリュー・ハーバート・ノール博士に決定しました。今回の授賞対象分野は「古生物学(Paleontology)」です。

アンドリュー・ハーバート・ノール博士

氏名
アンドリュー・ハーバート・ノール博士(受賞者の略歴・研究業績)
生年月日
1951年4月23日
国籍
米国
現職
ハーバード大学自然史学 フィッシャー記念教授
略歴
1973年
ハーバード大学 地質学 (Ph.D.)
1977年–1982年
オーバリン大学 地質学 助教
1982年–1985年
ハーバード大学 有機進化生物学 准教授
1985年–2000年
ハーバード大学 生物学・地球科学 教授
2000年–現在
ハーバード大学 自然史学 フィッシャー記念教授
授賞理由
 

 ハーバード大学の自然史学教授であるアンドリュー・ハーバート・ノール(Andrew Herbert Knoll)博士は、現在の古生物学領域の代表的な研究者である。初期の地球上の生命と環境に関する研究領域で世界的リーダーとして活躍し、多くの功績をあげた。これまでに400報以上の原著論文を始め、多くの著書を執筆してきた。中でも、ノール博士単著の"Life on a Young Planet"はいくつかの言語に翻訳されて出版され、 日本語版の『生命 最初の30億年』(日本語訳:斉藤隆央)は我が国でも多くの読者を獲得している。これらのノール博士の活動は、地球上の生命の初期進化についての我々の理解に多大な影響を与えている。
 ノール博士は世界に先駆けて、先カンブリア時代の生命、すなわち地球誕生から最初の40億年の生命を理解するために数多くの野外観察を基にした研究を行ってきた。まず、ノルウェーのスピッツベルゲン島の先カンブリア時代末期~カンブリア紀の地層から微生物化石を発見し、続いて、東グリーンランド、シベリア、中国、ナミビア、西北アメリカ、オーストラリアでの探索から初期の微生物記録を発見し続けた。これらの研究は、8億年前の微化石(顕微鏡を用いないと見えない大きさの化石)の多様性を示すとともに、最古の真核生物の明瞭な記録を提供した。ノール博士による細心の微化石観察は、カンブリア爆発による多様な動物の誕生以前に、すでに地球上の生物が多様化していたことを示し、生物についての情報が極めて乏しいカンブリア紀以前(原生代)の生命の進化の理解に大きく寄与した。ノール博士は、国際地質科学連合が定めている地質時代区分の中で、先カンブリア時代最後の原生代に新たにエディアカラ紀を加えることに貢献した。
 ノール博士はまた、生命の進化と地球上の環境変動との関係に焦点を当て、原生代の環境史研究を推進した。さらに発生生物学と生理学を組み合わせて、植物や動物の進化の歴史を理解することに貢献した。具体的には、大気中の急速な二酸化炭素の蓄積がペルム紀(二畳紀)の終わりの大量絶滅をもたらしたという新たな仮説を立て、それに基づいて、ペルム紀、トリアス紀(三畳紀)の海洋無脊椎動物についての生理学的観察と実験を行い、実際にその時代の化石から予想される絶滅種と生存種の区別が、急速な二酸化炭素の蓄積による低酸素環境の出現によって説明できることを提唱した。その後、実際にペルム紀の終わりの大規模な火山活動によって二酸化炭素に起因する地球温暖化、海洋の脱酸素、酸性化が起こったことは現在広く受け入れられている。また、このことは現在の地球上の温暖化を正しく理解して、我々の未来を予測することが極めて重要であることを示唆している。
 さらに、ノール博士は最近の10年間、NASAの火星探査プロジェクト(MER rover mission)に加わり、研究計画と実践を牽引してきた。原生代地球の生命とその進化に関する彼の知識と経験は、火星の生命を解明するために大きく貢献している。
 以上のように、今日までのノール博士による研究は、初期の地球上の環境とその変化に基づいて、先カンブリア時代における生命の初期進化についての理解を進め、古生物学を発展させた。さらに、環境が生命にどのような影響を与えるのかを詳細に分析することによって、顕生代における進化を理論付けた。これらは、地球上の生命の今後を予測する上でも重要な知見を与えるものであり、古生物学領域の研究として高く評価され、国際生物学賞を授賞するのに十分であるとの結論に至った。

 

 

国際生物学賞とは

国際生物学賞は、昭和天皇の御在位60年と長年にわたる生物学の御研究を記念するとともに、本賞の発展に寄与されている今上天皇の長年にわたる魚類分類学(ハゼ類)の御研究を併せて記念し、生物学の奨励を目的とした賞です。本賞は昭和60年に創設され、以後毎年1回、生物学の授賞分野を選定の上、当該分野の研究において優れた業績を挙げ、世界の学術の進歩に大きな貢献をした研究者(原則として毎年1人)を選考して授賞しています。
受賞者には、賞状・賞牌及び賞金1千万円が贈られ、例年天皇陛下から賜品を賜っています。