学術システム研究センター

主な業務

学術システム研究センター研究員は、主として日本学術振興会が実施する研究費の助成事業(科学研究費助成事業等)、研究者の養成事業(特別研究員事業等)、国際事業についての助言・提言及び具体的業務を行っています。

※センター研究員は、審査・採択そのものには関わりません。

主な年間の業務スケジュール

  業務内容
4月 科研費 審査・評価結果の検証(~6月)
科研費 審査委員の配置検討
科研費 審査基準・公募要領の見直し等の検討
特別研究員 審査会委員等選考会の出席
5月 特別研究員 SPD中間・事後評価(書面評価)(~8月)
6月 特別研究員 SPD発表会
日本学術振興会賞 査読・候補者絞込み(~10月)
学術システム研究センター 学会及び大学での説明会
7月 科研費 審査委員候補者案の作成(~8月)
特別研究員 審査会等の陪席
科研費 審査会(研究活動スタート支援)の議事進行
育志賞 査読・候補者絞込み(~11月)
9月 科研費 審査委員選考会
科研費 「時限付き分科細目」に関する検討(~1月)
特別研究員 審査会等の陪席
11月 日本学術振興会賞 審査会
特別研究員 審査会等の陪席
12月 特別研究員 審査セットの検討・決定
国際事業 バルザン賞受賞候補者の推薦
特別研究員 審査結果の検証(~1月)
科研費 審査意見書作成者候補(特別推進研究)の選考
1月 国際事業 審査結果の検証(~2月)
国際事業 審査セット区分け及び割り付け(~3月)
2月 特別研究員 審査会委員・専門員候補者案の作成
国際事業 審査会委員・専門員候補者案の作成
科研費 審査会の議事進行(~4月)
科研費 大型研究種目の評価協力者候補の選考