学術システム研究センター

概要

競争的研究資金の効果を最大限に発揮させるため、厳正で透明性の高い評価システムを確立するとともに、研究経歴のある者が課題選定から評価、フォローアップまでを一貫して責任をもつプログラムオフィサー制度が必要であるとの、総合科学技術会議の提言「競争的研究資金制度改革について中間まとめ(意見)」等を踏まえ、平成15年7月に設置されました。

現在は、競争的研究資金の制度とその運用について統括する研究経歴のある高い地位の責任者である「プログラムディレクター※1」として、センター所長1名及びセンター副所長3名を配置するとともに、相談役2名を配置し、センター全般の運営について適切な助言を得る体制を整えています。

また、個々のプログラムや課題の選定、評価、フォローアップ等の実務を行う研究経歴のある責任者である「プログラムオフィサー※2」として、各研究領域に設置されている専門調査班※3を取り纏める主任研究員20名及び各研究分野に対応した専門研究員103名を配置しています。研究員は、高いレベルの研究業績を有する研究者や大学等において管理運営の経歴を有する研究者など、日本を代表する研究者で構成されています。

※1 プログラムディレクター
学術システム研究センターのプログラムディレクターは、センター所長及びセンター副所長です。プログラムディレクターとして、センターの在り方の検討や業務運営の遂行に関して、積極的に指導力を発揮し、本会の立場・意見などの対外的な発信をします。
※2 プログラムオフィサー
学術システム研究センターのプログラムオフィサーは、主任研究員及び専門研究員です。両者は主従の関係ではなく、主任研究員は専門調査班の取りまとめ役として、お互いが協力し業務に当たります。
※3 専門調査班
専門調査班は、「人文学」、「社会科学」、「数物系科学」、「化学」、「工学系科学」、「生物系科学」、「農学」、「医歯薬学」及び「総合系」の9つの専門調査班があり、主任研究員と専門研究員で構成されます。

平成29年4月7日 主任研究員集合写真