電子申請のご案内

電子申請については
こちらをご覧ください。

お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
国際事業部 国際企画課
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1 
麹町ビジネスセンター

TEL03-3263-1918/1724
FAX03-3234-3700
MAILbottom-up@jsps.go.jp

ENGLISH

国際共同研究事業

事業の趣旨

独立行政法人日本学術振興会は、学術研究活動のグローバルな展開に対応するために、海外の学術振興機関との連携のもと、我が国の大学等の優れた研究者が海外の研究者と協力して行う共同研究を推進するとともに、若手研究者の研鑽機会の充実を通じた育成を目的として、国際共同研究事業を実施しています。

 

スイスとの国際共同研究プログラム(JRPs)【新規】

スイス科学財団(Swiss National Science Foundation, SNSF)との合意により、一国のみでは解決が困難な課題に対して、国際共同研究を実施することで資源の共有や研究設備の共用化等を通じた相乗効果を発揮するとともに、若手研究者等に国際共同研究の機会を提供することを目的として、我が国の大学等の優れた研究者がスイスの研究者と協力して行う国際共同研究を支援する事業を実施します。

 

国際共同研究教育パートナーシッププログラム -PIREプログラム-

米国国立科学財団(National Science Foundation, NSF)との合意により、持続可能性に関連した一国のみでは解決が困難な課題に対して、国際共同研究を実施することで資源の共有や研究設備の共用化等を通じた相乗効果を発揮するとともに、若手研究者等に国際共同研究の機会を提供することを目的として、日米の国際共同研究を実施しています。

 

欧州との社会科学分野における国際共同研究プログラム(ORAプログラム)

欧州の4か国の主要な学術振興機関(French National Research Agency(ANR)(フランス)、German Research Foundation(DFG)(ドイツ)、Economic and Social Research Council(ESRC)(英国)、Netherlands Organisation for Scientific Research(NWO)(オランダ))と共同で、社会科学分野における多国間の研究者からなるコンソーシアムによる優れた国際共同研究を支援する事業を実施します。

 

多国間国際研究協力事業 -G8 Research Councils Initiative-

Natural Sciences and Engineering Research Council of Canada (NSERC)(カナダ)、French National Research Agency (ANR)(フランス)、German Research Foundation (DFG)(ドイツ)、Russian Foundation for Basic Research (RFBR)(ロシア)、Research Councils UK (RCUK)(英国)、National Science Foundation (NSF)(米国)との合意により、多国間で学際的な手法によってのみ解決できるグローバルな課題に対して日本、カナダ、フランス、ドイツ、ロシア、英国、米国の内3カ国以上の研究者からなるコンソーシアムの活動による優れた多国間共同研究を支援することを目的として、参加する各国の研究者が協力して行う多国間共同研究事業を実施しています。

 

国際化学研究協力事業 -ICCプログラム-

米国国立科学財団(National Science Foundation, NSF)との合意により、化学分野において新たな見地を切り開き、高いレベルの相乗効果を実現させることを目的として、日米の化学分野における国際共同研究事業を実施しています。

 

災害からの回復力強化等に関する領域横断的研究協力事業

災害等に関する調査観測等の成果を積極的に活用した防災体制の強化、災害発生の際の迅速な被害状況の把握及び情報伝達、リスク管理も含めた災害対応能力の強化に向けた研究開発等の必要性を背景に、米国国立科学財団(National Science Foundation, NSF)との連携に基づき、日米の分野横断的な国際共同研究事業を実施しています。