職員採用情報 -学術研究を支える先駆者の一員に-

事務職員採用情報

~事務職員を募集します~

申込期間は終了しました。以下の情報は参考までに掲載します。


 独立行政法人日本学術振興会(JSPS)は、日本の学術振興を担う唯一の資金配分機関(ファンディングエージェンシー)として、学術振興に不可欠な諸事業を幅広く実施しています。
 現在は、①世界レベルの多様な知の創造、②強固な国際協働ネットワークの構築、③次世代の人材育成と大学の教育研究機能の向上、④エビデンスに基づいた学術振興の構築と社会との連携の推進、の4本の柱を基盤に、科学研究費助成事業をはじめとする学術研究の振興や特別研究員などの若手研究者養成、学術に関する国際交流の推進、大学改革やグローバル化の支援を積極的に実施しています。
 こうした本会の目的・使命を共有し、日本の学術振興の一翼を担う人材を募集します。

【主な事業】

  • 学術研究の支援及び研究者養成
    科学研究費助成事業、特別研究員などの研究者養成事業、大学の教育研究機能の向上を図るための事業の審査・評価、国際生物学賞・日本学術振興会賞・日本学術振興会育志賞の顕彰 など
  • 学術の国際交流
    諸外国との研究者交流、共同研究、国際会議・フォーラムの開催、アジア諸国への協力、大学の国際化の支援 など
  • 学術の振興体制の検討
    学術システム研究センター・グローバル学術情報センター

※ 事業の詳細については、本会ウェブページをご覧ください。

【勤務条件等】

勤 務 地
東京都千代田区麹町
勤務時間
9:00~17:30(休憩時間12:15~13:00)【実働:7時間45分】
休日・休暇

週休2日制(土・日)、国民の祝日、年末年始(12/29~1/3)、創立記念日(9/21)、
年次有給休暇(1年間に20日間)、夏季休暇などの特別有給休暇、育児休業制度 等

福利厚生等
健康保険、厚生年金保険、企業年金基金、雇用保険、労災保険 等
初 任 給
190,000円(大学卒)
204,300円(修士修了)
221,300円(博士取得)

※経歴などに応じて本会給与規程により決定

諸 手 当
扶養手当、住居手当、通勤手当、時間外勤務手当 等
昇  給
年1回
賞  与
年2回(6月、12月)
そ の 他
海外語学研修制度、スキルアップ研修制度、自己啓発研修制度 等

【採用情報】

採 用 予 定 数
5名程度
受 験 資 格
次のいずれかの要件を満たす者
①  平成元年4月2日以降生まれの者で、学校教育法による大学の学部を卒業(または大学院の修士課程を修了)した者、もしくは平成31年3月までに卒業(または修了)見込みの者または当団体がこれらと同等と認めた者
②  平成28年3月以降に博士の学位を取得した者、もしくは平成31年3月までに取得見込みの者または当団体がこれらと同等と認めた者
申 込 期 間

平成30年4月6日(金) ~ 5月2日(水)
   土曜日・日曜日及び振替休日を除く毎日9時30分~17時。
   郵送の場合は、5月2日(水)までに到着したものに限ります。

採 用 試 験
○ 第1次試験
   ・試験日 平成30年6月24日(日)
   ・試験会場 東京大学教養学部駒場キャンパス
(東京都目黒区駒場3-8-1)
   ・試験方法 教養試験及び作文試験
 
   ※ 第2次試験は、平成30年7月を予定しています。
受 験 申 込

試験要項を確認のうえ、次の書類を提出ください。

1)受験申込書
2)履歴書・自己紹介書
3)そのほかの書類(受験資格に応じて提出してください)
資格①
*最終学歴の卒業(修了)証明書または卒業(修了)見込証明書
*最終学歴の成績証明書

資格②
*博士課程の学位取得証明書(取得見込者については在学証明書。在学中でない場合は博士課程の所定要件を満たして退学したことの証明書(単位取得退学証明書等))


   平成30年度文部科学省文教団体職員採用試験試験要項(PDFファイル) 
   受験申込書(PDFファイル)
   履歴書・自己紹介書(PDFファイル)    
連 絡 先

独立行政法人日本学術振興会 総務企画部総務課人事係
〒102-0083 東京都千代田区麹町5-3-1
TEL  03-3263-1808(直)

採 用 時 期

平成31年4月
なお、既卒者については平成31年4月以前に採用する場合もあります。