学振TOPICS

科学の健全な発展のために-誠実な科学者の心得-(暫定版)

「科学の健全な発展のために-誠実な科学者の心得-(暫定版)」を公開しました。

当会において日本学術会議と連携・協力して作成した研究倫理教育教材「科学の健全な発展のために-誠実な科学者の心得-(暫定版)」を公開しました。
(続きはコチラ

CONCERT-Japanプロジェクト ロゴ

CONCERT-Japanプロジェクト“Resilience against Disasters”ワークショップの開催について


CONCERT-Japanプロジェクトでは、先に実施した共同研究課題の公募により採択されたプロジェクトの進捗を共有するワークショップを東京にて開催しました。
(続きはコチラ

第11回日独先端科学(JGFoS)シンポジウム

第11回日独先端科学(JGFoS)シンポジウムを開催しました。

2014年10月30日~11月2日、第11回日独先端科学(JGFoS)シンポジウムがドイツ・ブレーメンにて開催。日独の新進気鋭の若手研究者56名が参加しました。
(続きはコチラ

日比谷 潤子 国際基督教大学・学長

「私と科研費No.70
(平成26年11月)」を掲載しました。

「科研費と研究支援」
日比谷 潤子
国際基督教大学・学長
(続きはコチラ

安西祐一郎 日本学術振興会理事長、天野浩 名古屋大学教授、小林 誠 学術システム研究センター所長

天野浩
名古屋大学教授(2014年ノーベル物理学賞)が表敬訪問

平成26年10月22日(水)午後、ノーベル物理学賞の受賞が決まった名古屋大学の天野浩教授が日本学術振興会を訪問されました。
(続きはコチラ

すべて見る

 

電子申請・メンテナンス情報は、こちらをご覧下さい

メールマガジン「JSPS Monthly(学振便り)」

公募案内や活動報告などを月1回配信するサービスです。是非ご登録ください。

リンク
不正使用・不正行為受付窓口

平成25年度チャレンジ・キャンペーン~女子高校生・学生の理工系分野への選択~