2021年度 2020年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度 2010年度 2009年度

2021年度

2021年12月08日 令和3年度特別研究員-RPD研究交流会を令和3年12月3日(金)に開催しました。

 12月3日(金)にweb会議形式にて、秋篠宮皇嗣妃殿下の御臨席を賜り、「特別研究員-RPD研究交流会」を開催しました。

 日本学術振興会では、優れた若手研究者が、出産・育児による研究中断後に円滑に研究現場に復帰できるように支援するため、平成18年度から「特別研究員-RPD」を採用しています。

 毎年、採用者を対象に、研究活動における出産・育児の課題と今後の研究展望等についての意見交換とともに、先輩研究者による体験談も交え、他分野の特別研究員-RPDとの分野を越えた研究交流・情報交換の機会を提供することを目的として、研究交流会を開催しています。

 14回目となる今回は、来賓の室伏きみ子お茶の水女子大学名誉教授、前学長からの挨拶、特別研究員-RPD 3名からの研究発表の後、特別研究員-RPD採用経験者2名からの講演が行われました。

 また、その後の情報交換の場では、研究と出産・育児の両立に関する日頃の課題や工夫などについて活発な意見交換が行われました。

特別研究員-RPDについて

2021年11月12日 【※受付終了】「JSPS男女共同参画推進シンポジウム」参加登録の受付を開始しました。

*参加申込を締め切りました。
たくさんのお申込みをいただき誠にありがとうございました。

 日本学術振興会では、大学等の研究機関を中心として、様々な分野における男女共同参画の取組に関するグッドプラクティス等の有意義な情報を提供するため、初めてとなるシンポジウムを令和3年12月15日(水)に開催いたします。現在、参加登録の受け付けを開始しておりますので、ぜひお気軽にご参加下さい。申し込み〆切は、12月6日(月)です。
詳細は以下の『CHEERS!』サイトをご覧ください。
https://cheers.jsps.go.jp/event/

2021年09月13日 「JDCatサロン - データインフラの最前線」にインタビューを掲載しました。

渡邉要一郎
渡邉 要一郎 東京大学 史料編纂所 特任研究員
「横断検索から広がる史資料の魅力」

続きはこちら

2021年07月28日 「JDCatサロンーデータインフラの最前線」にインタビューを掲載しました。

石井加代子
石井加代子 慶應義塾大学 経済学部 特任准教授
「パネルデータの利活用に向けて」

続きはこちら

2021年06月23日 第9回グローバルリサーチカウンシル年次会合(オンライン(南アフリカNRF・英国UKRI主催))が開催されました。

 令和3年5月24日から28日の5日間、南アフリカ共和国国立研究財団(National Research Foundation, NRF)、英国UKリサーチ・イノベーション(UK Research and Innovation, UKRI)の主催により第9回グローバルリサーチカウンシル(Global Research Council: GRC)年次会合がオンラインで開催されました。71カ国から合計70機関の長が参加し、本会からは里見理事長が出席しました。
 GRCは世界各国の学術振興機関の長によるフォーラムであり、各機関が連携を強めることでサイエンスの質を高め、単独では解決できない課題に対応するために、平成24年に米国国立科学財団(NSF)の提唱により設立されました。本会理事長は設立当時から理事会メンバーに選出され、平成27年5月から2年間理事会議長を務めるなど、GRCの運営において主導的役割を果たしています。
 第9回は2020年9月にGRC参加機関で採択された「ミッション指向の研究に関する原則の宣言(Mission-oriented Research)」と「パブリックエンゲージメントに関する原則についての宣言 (Public Engagement)」に沿った議題が設定されました。GRC参加機関はこれらの宣言に則り、各々の研究助成政策・制度を充実させていくことを目指していきます。  次回第10回GRC年次会合は、パナマ(Secretaria Nacional de Ciencia, Tecnologia e Innovacion, SENACYT)、米国(National Science Foundation, NSF)の主催により、令和4年にパナマ・パナマシティにて開催予定です。

【参考】

2021年06月22日 【延期後日程決定】ノーベル・プライズ・ダイアログ東京2022を2022年10月23日に開催します。

(続きはこちら

2021年06月15日 第13回HOPEミーティングの開催概要を更新しました。

第13回HOPEミーティング

  第13回HOPEミーティングは2022年3月7日(月)~3月11日(金)、全プログラムをオンラインにて開催します。国内参加者の募集要項・申請書を掲載しました。

 

続きはこちら


2021年06月08日 里見進 理事長がフランス国家功労勲章シュヴァリエを受章

 里見進理事長が、6月4日(金)、フィリップ・セトン駐日フランス大使により、国家功労勲章シュヴァリエを授与されました。これは、里見理事長が本会理事長として、また前任の東北大学総長として我が国とフランスとの学術交流に対する貢献が高く評価されたものです。
 大使公邸で行われた叙勲式の返礼挨拶で里見理事長は、「この受章を励みにして,またこの受章に恥じないように、これからもフランスの各対応機関と協力をしながら,これまで以上に日仏の学術交流と友好親善に努力していきたいと考えています。」と抱負を述べるとともに、関係する方々への感謝の意を表しました。

叙勲式の様子等

2021年05月06日 「JDCatサロンーデータインフラの最前線」にインタビューを掲載しました。

南山泰之(みなみやま・やすゆき)
南山 泰之 情報・システム研究機構国立情報学研究所
オープンサイエンス基盤研究センター 特任技術専門員
「機関リポジトリとデータアーカイブの接点を探る」

続きはこちら