2019年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度 2010年度 2009年度

2019年度

2019年06月03日 第12回HOPEミーティングの開催概要を掲載しました。

第12回HOPEミーティングは2020年3月9日(月)~3月13日(金)、
つくば市(予定)において開催します。募集要項・申請書を掲載しました。

続きはコチラ


2019年05月28日 第8回グローバルリサーチカウンシル年次会合(ブラジル・サンパウロ)が開催されました。

 令和元年5月1日から3日の3日間、サンパウロ州立研究財団(São Paulo Research Foundation, FAPESP)、ドイツ研究振興協会(German Research Foundation, DFG)、アルゼンチン国立科学技術研究会議 (National Scientific and technical Research Council, CONICET)の主催により第8回グローバルリサーチカウンシル(Global Research Council: GRC)年次会合がブラジル・サンパウロにおいて開催されました。49カ国・2国際機関から合計58機関の長が参加し、本会からは里見理事長が出席しました。
 GRCは世界各国の学術振興機関の長によるフォーラムであり、各機関が連携を強めることでサイエンスの質を高め、単独では解決できない課題に対応するために、平成24年に米国国立科学財団(NSF)の提唱により設立されました。本会理事長は設立当時から理事会メンバーに選出され、平成27年5月からの2年間は理事会議長を務めるなど、GRCの運営において主導的役割を果たしています。
 年次会合に向けて毎年特定の議論テーマが設定され、第8回は「社会的・経済的効果への期待に応えるための原則 (Addressing Expectations of Societal and Economic Impact)」に関する宣言文が採択されました。GRC参加機関はこれらに則り、各々の研究助成政策・制度を充実させていくことを目指していきます。
 次回第9回GRC年次会合は、南アフリカ共和国 (National Research Foundation, NRF)、英国(UK Research and Innovation, UKRI)の主催により、令和2年5月に南アフリカ共和国・ダーバンにて開催予定です。

(写真のとおり)

第8回グローバルリサーチカウンシル年次会合集合写真

【参考】

学振HP: グローバルリサーチカウンシルホームページ
     https://www.jsps.go.jp/j-grc/index.html
Global Research Council Website: http://www.globalresearchcouncil.org/

2019年04月03日 「ノーベル・プライズ・ダイアログ東京2019」を開催しました。

2019年3月17日(日)パシフィコ横浜会議センターにおいて、日本学術振興会とノーベル・メディアABとの共催により、ノーベル・プライズ・ダイアログ東京2019が開催されました。「The Age to Come 科学が拓く明るい長寿社会」をテーマに、ノーベル賞受賞者5名に加え、国内外の著名研究者・有識者14名が、活発な対話を行いました。
当日は約1,000名の参加者を迎え、盛会のうちにイベントを終えました。また、レセプションには高円宮妃殿下の御臨席を賜りました。
当日の全講演・ディスカッションのストリーミング映像は、以下のURLから視聴いただけますので、ぜひご覧ください。
https://www.youtube.com/nobeldialogue
特設ウェブサイト