職員採用情報 -学術研究を支える先駆者の一員に-

非常勤職員採用情報


独立行政法人日本学術振興会 短時間勤務有期雇用職員 募集要領

1. 募集職種、人員、職務内容

職種 人数 主な職務内容
特任職員 1名

若手研究者海外挑戦プログラム、若手研究者交流事業、特別研究員に対する海外渡航支援事業に関する業務

  • 各事業の募集、審査、日常管理に関する業務(事務用機器を操作した書類作成、データ入力、ファイリング等)
  • 電話、FAX、E-mailによる問合せ対応
  • 特別研究員等審査会の運営補助(会場設営、受付等)
  • アンケート集計、調査、分析
  • その他庶務的な業務(文書の接受・回覧・発送、消耗品の管理等)など

(問合せ対応等の業務で英語を使用する場合あり)

募集者名称:独立行政法人 日本学術振興会

2. 勤務条件

(1) 勤務期間  令和2年5月のできるだけ早期(採用日については応相談)から令和3年3月31日まで
以降、予算の状況、業務の必要性、勤務成績の評価により更新することもある。
(当初の採用日から最長5年間)         
※試用期間(採用された日から14日間)あり。
(2) 就業日 1日7時間 週5日勤務(月~金) 週35時間
就業時間 9:30~17:15(休憩時間45分)
※所定労働時間を超える労働あり。
(3) 報酬
時給制(経歴等により1,553円~)
  社会保険 健康保険、厚生年金保険、企業年金基金、雇用保険に加入
(4) 各種手当 通勤手当(支給条件、上限あり)、時間外勤務手当
(5) 休日 土・日、祝日、年末・年始(12月29日から1月3日)、創立記念日(9月21日)
(6) 休暇 有給休暇、特別休暇等
(7) 勤務地

(独)日本学術振興会人材育成事業部海外派遣事業課
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1 麹町ビジネスセンター6階
※時給については就業規則事項であるため、変更する場合あり。

※勤務地については会議等のための近隣の会場等への外出勤務あり

3. 応募条件

(独)日本学術振興会の基本理念や活動内容をよく理解し、本会のスタッフと協力しながら、責任をもって着実に業務を遂行できる方を求める。
次の条件を全て満たしていること。

  • ビジネス英文書の読解、作成ができ、英語で円滑にコミュニケーションがとれること。(TOEIC(L&R)600点以上又は英検2級以上に相当する能力)
  • 大学卒業以上又はそれと同等以上の学力を有すること。
  • 社会人としての接遇マナーを心得た対応や電話・メールの応対ができること。
  • パソコン(Windows)の基本的な操作ができること。また、ビジネスアプリケーションのうち、ワードは表、画像及び図形等が挿入された文章が作成できること、エクセルは複合グラフの作成や関数を活用し、状況に応じたデータ加工、表計算などを行うことができること。パワーポイントは基本操作を理解し、既存資料の修正ができること。
  • 担当する業務に対し理解を深める積極性を有していること。
  • 繁忙期に一日2~3時間程度の超過勤務及び早朝勤務が可能であること。

上記に加え、大学等の教育研究機関や独立行政法人等の学術研究支援機関における支援業務の経験があること。

4. 応募方法

  • 履歴書を(独)日本学術振興会人材育成事業部海外派遣事業課(樋口)あて、郵送すること。
  • 応募封筒及び履歴書欄外に朱書きで「特任職員」と記載すること。
  • 貼付写真は、上半身、正面、無帽、無背景、6ヶ月以内に撮影のものとする。
  • 応募期限 随時(随時選考し、適任者が決まり次第、締め切ります)
    (応募書類は、返却は行わず、採否決定後速やかに本会の責任をもって廃棄いたしますので、あらかじめご承知置き願います)
  • 提出先及び問合せ先:
    (独)日本学術振興会人材育成事業部海外派遣事業課 担当:樋口、坂野
    〒102-0083
    東京都千代田区麹町5-3-1 麹町ビジネスセンター6階
    電話:03-3263-1850
    e-mail:toku-haken*jsps.go.jp
    (注)メールアドレスは、「@」を「*」に置換しています。

5. 選考方法及び合否の決定

  • 書類により一次選考し、一次選考合格者に対して後日面接試験を行います。
    ※詳細は一次選考合格者へ随時電話でお知らせします。
    ※正式な合否は、書面で通知します。