お問い合わせ先

【問い合わせ先】
独立行政法人日本学術振興会
研究事業部 研究事業課 産学協力係

〒102-0083 東京都千代田区麹町5-3-1

03-3263-1728

学術の社会的連携・協力の推進


事業の概要

独立行政法人日本学術振興会(JSPS)は、学術の振興を目的とする我が国の中核的な機関として、科学技術基本計画などの国の学術振興に関する方針を踏まえ、学術研究への助成、研究者養成のための支援、学術に関する国際交流の促進とともに、学術の社会的連携・協力推進事業を行っています。
学術の社会的連携・協力推進事業については産学の指導的研究者による「産学協力総合研究連絡会議」を設置するとともに、主題別に「産学協力研究委員会」、「研究開発専門委員会」、「先導的研究開発委員会」を設置し、学術振興のために寄与しております。

図解:事業の概要

産学協力総合研究連絡会議

産学協力総合研究連絡会議は、学界と産業界等との協力について総合的に調査研究を行うため、研究者などから提案された「産学協力研究委員会」の設置・設置継続の審査、今後の発展を促すべき適切な研究課題についての「研究開発専門委員会」及び「先導的研究開発委員会」の設置などを行っています。

産学協力研究委員会

日本学術振興会では、学界と産業界の第一線の研究者等からの発意に基づくボトムアップ事業を推進しており、緊密な連携のもとに基礎研究、応用研究及び開発研究に関する自由でインフォーマルな研究発表、情報交換を行う場として、テーマ別に「産学協力研究委員会」を設置することにより、産学協力の場を提供しています。
この事業は、昭和8(1933)年から実施しており、これまでに200以上の産学協力研究委員会を設置し、平成30年4月現在、70委員会(学界約2,800名、産業界約1,700名の計4,500名)が活発に活動しています。なお、委員会活動は産業界の会員の会費で運営されています。

☆産学協力研究委員会の主な活動内容は、以下のとおりです。

  1. 研究会の実施
  2. 学界のシーズと産業界のニーズのマッチングを図り、将来実現可能な課題等について実用化へ誘導

産学協力研究委員会一覧

研究開発専門委員会・先導的研究開発委員会

産学協力総合研究連絡会議委員から提案される、今後の発展を促すべき適切な研究課題、学界及び産業界からのニーズの高まりが予想される先導的な研究課題について調査・研究するため、「研究開発専門委員会」、「先導的研究開発委員会」を設置(設置期間:3年以内)し、産学協力を推進しています。

研究開発専門委員会・先導的研究開発委員会一覧