お問い合わせ先

【問い合わせ先】
独立行政法人日本学術振興会
研究事業部 研究事業課 産学協力係

〒102-0083 東京都千代田区麹町5-3-1

03-3263-1728

学術の社会的連携・協力の推進

研究開発専門委員会・先導的研究開発委員会一覧

研究開発専門委員会

  委員会名 委員長 設置期間
(1)
リソースロジスティクスに基づくサプライチェーンリスク戦略
長坂徹也
東北大学大学院工学研究科・金属フロンティア工学専攻・教授
平成30.10.1~
令和3.9.30
(2)
電力と情報通信のネットワーク基盤の融合による超スマート社会
尾辻泰一
東北大学電気通信研究所・教授
平成30.10.1~
令和3.9.30

○リソースロジスティクスに基づくサプライチェーンリスク戦略
近年、具現化しつつある地球環境問題、社会問題、更には、資源問題は、科学技術の研究開発と社会普及においても看過できない問題となっている。しかし、これらの資源供給に関わる制約を未然に把握し管理する為の情報や手法は依然として整っていない。本提案「リソースロジスティクスに基づくサプライチェーンリスク戦略」では各フィールドのどこに、どのように,どれだけの資源が用いられているのか、新技術の導入に伴いどの資源利用にどのような変化が生まれるのか、あるいはその利用に関して予想される物理的・経済的障壁の程度、さらには技術革新の喚起による波及効果はどの程度なのかといった「リソースロジスティクス」を可視化し、ロジスティックに係わる多くのステークホルダーの抽出と、その関与の度合いを定量的に示すことを目指す。

○電力と情報通信のネットワーク基盤の融合による超スマート社会
情報通信技術の深化により、いわゆる"超スマート社会"と呼ばれる未来社会の具体像が描けるまでに発展しています。一方、情報通信技術に支えられながら日々繰り広げられる社会・経済活動の大半は電力エネルギー資源に依存しています。今後の一層の高度技術社会の発展には、電力機器エネルギー利用効率の向上と情報通信技術の高度化を同時に実現することが不可欠であり、その実現には、情報通信と電力のネットワーク基盤を融合した新しい社会インフラの創成が鍵になるものと見込まれます。本委員会では、電力と情報通信のネットワーク基盤を融合する学理の全方位的な探求、学術界と産業界さらには官との連携による産業技術・社会技術としての開発・育成を目指します。

先導的研究開発委員会

現在採択されている先導的研究開発委員会はありません。