2021年06月08日

里見進 理事長がフランス国家功労勲章シュヴァリエを受章


 里見進理事長が、6月4日(金)、フィリップ・セトン駐日フランス大使により、国家功労勲章シュヴァリエを授与されました。これは、里見理事長が本会理事長として、また前任の東北大学総長として我が国とフランスとの学術交流に対する貢献が高く評価されたものです。
 大使公邸で行われた叙勲式の返礼挨拶で里見理事長は、「この受章を励みにして,またこの受章に恥じないように、これからもフランスの各対応機関と協力をしながら,これまで以上に日仏の学術交流と友好親善に努力していきたいと考えています。」と抱負を述べるとともに、関係する方々への感謝の意を表しました。

叙勲式の様子等