お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
研究事業部研究事業課
企画・人社係
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
麹町ビジネスセンター7階
TEL 03-3263-1106、4645
FAX 03-3263-1716
MAIL h-s@jsps.go.jp

課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業:シンポジウム

課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業シンポジウム開催報告

 日本学術振興会は、令和2年2月16日(日)にベルサール東京日本橋において、
課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業シンポジウムを開催しました。
 はじめに、日本学術振興会 家泰弘理事による開会挨拶、文部科学省振興企画課
原克彦課長による来賓挨拶が行われました。
 次に、日本学術振興会「課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業」
事業委員会 盛山和夫委員長より、本事業の概要について説明されました。
 続いて、平成26年度「領域開拓プログラム」及び平成27年度「実社会対応プログ
ラム」に採択された4名の研究代表者より、成果報告について発表されました。
 引き続き、盛山和夫委員長の司会進行により、4名のパネリストとともに
「本事業における人文学・社会科学の特性を踏まえた研究評価」をテーマとして
パネルディスカッションが行われ、研究評価の特徴や指標、手法について、
参加者からの質疑応答を交えながら議論が交わされました。
 最後に、盛山和夫委員長による閉会挨拶が行われ、研究者や学生、大学・研究機関
の職員等から52名の方の参加を得て、盛会のうちに終了いたしました。
シンポジウムポスター


【プログラム】

■事業説明 資料1
 盛山 和夫(日本学術振興会「課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業」事業委員会 委員長)
■平成26年度「領域開拓プログラム」採択テーマ成果報告
 亀田 達也(東京大学 教授) 資料2
 溝上 智惠子(筑波大学 系長・教授) 資料3
■平成27年度「実社会対応プログラム」採択テーマ成果報告
 佐藤 翔輔(東北大学 准教授) 資料4
 藤原 佳典(東京都健康長寿医療センター 研究部長) 資料5
■パネルディスカッション「本事業における人文学・社会科学の特性を踏まえた研究評価」
 パネルディスカッション発言録 資料6
 本事業における研究評価 資料7
 小泉 周(自然科学研究機構 特任教授) 資料8
 後藤 真(人間文化研究機構 准教授) 資料9
 山本 進一(大学改革支援・学位授与機構 研究開発部長)
 岸本 美緒(日本学術振興会学術システム研究センター 副所長)
■登壇者略歴 資料10


パネルディスカッション