日本学術振興会賞

第9回(平成24年度)日本学術振興会賞の受賞者決定について

第9回(平成24年度)日本学術振興会賞受賞者

photo_山口 茂弘
山口 茂弘
(ヤマグチ シゲヒロ)
YAMAGUCHI Shigehiro



生年 1969年 出身地 三重県
現職 名古屋大学物質科学国際研究センター 教授
(Professor, Research Center for Materials Science, Nagoya University)
専門分野 有機元素化学
略歴
1991年 京都大学工学部卒
1993年 京都大学大学院工学研究科修士課程修了
1993年 日本学術振興会特別研究員-DC
1993年 京都大学大学院工学研究科博士課程中退
1993年 京都大学化学研究所助手
1997年 博士(工学)の学位取得(京都大学)
2003年 名古屋大学大学院理学研究科助教授
2005年 名古屋大学大学院理学研究科教授
2012年 名古屋大学物質科学国際研究センター教授(現在に至る)
授賞理由
「典型元素を含むπ電子系化合物の創製と機能開拓」
(Creation and New Functions of π-Electron Materials with Main Group Elements)
  有機ELディスプレイ、有機トランジスタ、有機太陽電池などに代表される有機エレクトロニクスは、われわれの生活を豊かにするだけでなく、エネルギー問題の解決に欠かすことができない新しい材料の創出につながる。
  山口茂弘氏は、すでに知られている既知の基本骨格をもった化合物を改良するのではなく、理論化学の視点から新しい結合・構造をもつ分子、特に、ホウ素、ケイ素、リンなど典型元素を含むπ電子系化合物を自ら設計し、そして、その合成法も新しく開発するという、合成と物性の両面から研究を進めている。その中でもケイ素を含むシロール系化合物は、有機EL素子の電子輸送材料として世界最高レベルの性能を示すことを報告し、実際に携帯電話のディスプレイ材料へと実用化されている。
  これらの成果は、山口氏の独創的着想、創造性によって達成されたものであり、有機機能性材料、特にπ電子系材料の分野を先導する研究者として学術的のみならず実用的観点からも評価が高く、更なる発展、貢献が期待されている。

第9回(平成24年度)日本学術振興会賞受賞者一覧へ戻る