日本学術振興会賞

第8回(平成23年度)日本学術振興会賞の受賞者決定について

第8回(平成23年度)日本学術振興会賞受賞者

photo_浦野 泰照
浦野 泰照
(ウラノ ヤステル)
URANO Yasuteru



生年 1967年 出身地 東京都
現職 東京大学大学院医学系研究科 教授
(Professor, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo)
専門分野 ケミカルバイオロジー
略歴
1990年 東京大学薬学部卒
1992年 東京大学大学院薬学系研究科修士課程修了
1992年 日本学術振興会特別研究員-DC
1995年 東京大学大学院薬学系研究科博士課程修了
1995年 博士(薬学)の学位取得(東京大学)
1995年 日本学術振興会特別研究員-PD
1997年 東京大学大学院薬学系研究科助手
2004年 科学技術振興機構さきがけ研究員兼任
2005年 東京大学大学院薬学系研究科助教授
2007年 東京大学大学院薬学系研究科准教授
2010年 東京大学大学院医学系研究科教授(現在に至る)

授賞理由
「がん診断に資する論理的精密設計に基づく蛍光プローブの開発」
(Development of Innovative Fluorescence Probes for Live Imaging of Tumors and Cellular Responses)
 浦野泰照氏は、分子が蛍光を発するメカニズムの詳細な基礎研究に基づいて、独創的なアイデアで多くの新しい蛍光プローブ分子を開発し、それを生体内での分子の追跡に応用する道を開き、細胞生物学の発展に大きく寄与した。
 生体内での分子を追跡するイメージング技術は医学生物学領域においてますます重要性を増している。浦野氏は独創的なアイデアに基づく低分子の有機蛍光プローブを多く開発し、ケミカルバイオロジーと呼ばれる分野の若きリーダーとみなされている。特に、近年開発した、がん細胞においてのみ蛍光を発するプローブは、前臨床試験が開始されるなど非常に期待されている。多くの外科医が、この蛍光プローブを実際の手術で早く使いたいという声を上げていることは注目に値する。
 同氏の研究は独創性に溢れた画期的なものであると同時に、将来の臨床応用を視野に入れた実用性の高いものでもあり、浦野氏の今後の顕著な活躍を強く期待させる。

第8回(平成23年度)日本学術振興会賞受賞者一覧へ戻る