日本学術振興会賞

過去の受賞者について

第6回(平成21年度)日本学術振興会賞受賞者

photo_杉野目 道紀
杉野目 道紀
(スギノメ ミチノリ)
SUGINOME Michinori



生年 1966年 出身地 北海道
現職 京都大学大学院工学研究科 教授
(Professor, Graduate School of Engineering, Kyoto University)
専門分野 有機合成化学、有機金属化学
略歴
1988年 京都大学工学部卒
1990年 京都大学大学院工学研究科修士課程修了
1992年 日本学術振興会特別研究員-DC(1993年からPD)
1993年 京都大学大学院工学研究科博士課程修了
1993年 博士(工学)の学位取得(京都大学)
1993年 京都大学大学院工学研究科助手
2002年 京都大学大学院工学研究科助教授
2004年 京都大学大学院工学研究科教授(現在に至る)

授賞理由
「高機能ホウ素反応剤のデザインと創製に基づいた触媒的精密有機合成の研究」
(Study on New Catalytic Organic Syntheses Based on the Design of Novel Boron Reagents)
 新機能を発現する物質・材料を迅速・効率的・選択的に合成する新しい方法論の確立が求められている。杉野目道紀氏は、金属性を持ち炭素とも安定な共有結合を形成するホウ素に着目し、ホウ素を含んだ有機化合物の新しい合成法を開発し、上記の要請に大きな進展をもたらした。
 同氏の研究の独創的な点は、ホウ素の特性を活かした反応剤の設計である。有機化合物と選択的に反応する反応性置換基、ホウ素を保持したまま変換反応を行うための保護基、変換反応を促進する触媒誘引基などのユニークな機能の官能基をホウ素上へ巧みに導入することを特徴としている。これにより、有機ホウ素化合物の新しい触媒的合成法を開発した。
 安定で貯蔵可能な有機ホウ素化合物は、医薬品や機能材料の開発段階における多種少量生産やコンビナトリアル合成を飛躍的に効率化するだけでなく、自身が医薬品や機能材料となる可能性を秘めている。同氏の業績は、有機化学の基礎研究を医農薬や機能材料開発などの実用化に結びつける上で多彩な貢献を果たすものであり、更なる発展が期待される。

第6回(平成21年度)日本学術振興会賞受賞者一覧へ戻る