日本学術振興会賞

過去の受賞者について

第5回(平成20年度)日本学術振興会賞受賞者

photo_井上邦雄
井上 邦雄
(イノウエ クニオ)
INOUE Kunio



生年 1965年 出身地 大阪府
現職 東北大学大学院理学研究科 教授
(Professor, Graduate School of Science, Tohoku University)
専門分野 素粒子実験
略歴
1988年 大阪大学理学部卒
1990年 大阪大学大学院理学研究科修士課程修了
1992年 東京大学大学院理学系研究科博士課程中退
1992年 東京大学宇宙線研究所助手
1994年 博士(理学)の学位取得(東京大学)
1998年 東北大学大学院理学研究科助教授
2004年 東北大学大学院理学研究科教授(現在に至る)

授賞理由
「原子炉を用いたニュートリノ振動の精密測定」
(Precision Measurement of Reactor Neutrino Oscillations)
 ニュートリノには電子ニュートリノ、ミューオンニュートリノ、タウニュートリノの3種類が存在し、これらが互いに移り変わる現象はニュートリノ振動と呼ばれる。またそれぞれのニュートリノにはその反粒子である反ニュートリノが存在する。
 井上邦雄氏は、発電用原子炉で生成される反電子ニュートリノを測定するカムランド計画を現場で主導し、ニュートリノの数がニュートリノのエネルギーと共に増減することを、世界で初めて実証した。これは、超新星からのニュートリノ観測に成功した岐阜県神岡町のカミオカンデ施設の水タンクの中に、低エネルギーニュートリノに感度の高い液体シンチレータを大きな袋に詰めて沈め、種々の放射線バックグラウンドを極限まで抑えたカムランド施設を建設する事によって初めて可能となった。この研究により、ニュートリノ振動の周期からニュートリノの質量差を世界最高精度で決定した。
 この成果は、素粒子の基本的性質の理解を大きく進めるものである。同氏は、カムランドを用いて、地球内部から発生するニュートリノの観測を行うなどの新しい分野の開拓にも精力的に取り組んでおり、更なる活躍が期待される。

第5回(平成20年度)日本学術振興会賞受賞者一覧へ戻る