お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
世界トップレベル拠点形成推進センター
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
麹町ビジネスセンター10階
TEL03-3263-0967
MAILjspstoplevel@jsps.go.jp

事業内容全般・補助金について
文部科学省
研究振興局 基礎研究振興課
〒100-8959
東京都千代田区霞が関3-2-2
TEL03-5253-4111 (内線:4244)
03-6734-4248
FAX03-6734-4074

ENGLISH

世界トップレベル研究拠点プログラム

採択拠点

平成30年度採択拠点

ホスト機関名拠点名称拠点長名拠点の概要
北海道大学 化学反応創成研究拠点
(ICReDD)
前田 理 化学反応の本質的理解に基づく合理的設計と高速開発
量子化学計算による最新の反応経路自動探索により化学反応経路ネットワークを算出し、情報科学によって、実験的に検討する意味のある情報を抽出し実験条件を絞り込みます。加えて、実験科学のデータを、情報科学を通じて計算科学へとフィードバックする。これらにより、新しい化学反応の合理的設計と高速開発を目指します。
京都大学 ヒト生物学高等研究拠点
(ASHBi)
斎藤 通紀 多分野融合研究により、ヒトの設計とその破綻機構を解明
本拠点は、生命・数理・人文科学の融合研究を推進し、ヒトに付与された特性の獲得原理とその破綻を究明する先進的ヒト生物学を創出、革新的医療開発の礎を形成することを目指します。


平成29年度採択拠点

ホスト機関名拠点名称拠点長名拠点の概要
東京大学 ニューロインテリジェンス国際研究機構(IRCN) タカオ ヘンシュ 究極の問い「ヒトの知性はどのようにして生じたか?」に、脳神経発達の理解から迫る
神経回路発達の基礎研究、精神疾患の病態研究、人工知能研究の三者を有機的に結びつけ、融合による相乗効果によって、ヒトの知性(HI)を実現する柔軟な神経回路の形成原理を明らかにし、その原理に基づくAIの開発を促進するとともに、神経回路発達の障害による精神疾患の克服に貢献することを目標としています。
金沢大学 ナノ生命科学研究所(NanoLSI) 福間 剛士 細胞内外の「未踏ナノ領域」を開拓し、生命現象の仕組みをナノレベルで理解する
さまざまな生命の基本単位である「細胞」。その表層や内部においてタンパク質 や核酸といった生体内で重要な役割を担う高分子等がどのように振舞うか、その 動態をナノレベルで直接動画として観察、分析、操作する「ナノ内視鏡技術」を 開発します。それにより様々な生命現象をナノレベルで根本的に理解することを 目指します。
平成29年度採択拠点 拠点構想

平成24年度採択拠点

ホスト機関名拠点名称拠点長名拠点の概要
筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構(IIIS) 柳沢 正史 睡眠覚醒機構の解明を目指し、基礎から臨床までを網羅する世界トップレベルの睡眠医科学研究拠点
睡眠覚醒の神経科学および関連領域の世界トップレベル研究者を集結し、睡眠覚醒機構を解明し睡眠を制御する戦略を開発することを目指し、睡眠障害および関連する疾患の制御を通して人類の健康増進に貢献することを目指します。
東京工業大学 地球生命研究所(ELSI) 廣瀬 敬 地球と生命の起源を探る国際融合研究拠点
地球惑星科学および生命科学分野の世界一線級の研究者を結集し、「生命の起源に関する研究は初期地球環境の研究と不可分である」というコンセプトのもと、地球、さらには地球−生命システムの起源と進化の解明に挑みます。
名古屋大学 トランスフォーマティブ生命分子研究所(ITbM) 伊丹 健一郎 世界を分子で変える:合成化学と動植物科学の融合
ITbMのゴールは、生命科学・技術を根底から変える革新的機能分子「トランスフォーマティブ生命分子」を生み出すことです。名古屋大学の強みである合成化学、触媒化学、システム生命科学、動植物科学の調和によって、大きな社会的波及効果をもたらしうる最先端科学を創成することを目指します。
 平成24年度採択拠点 拠点構想


平成22年度採択拠点

ホスト機関名拠点名称拠点長名拠点の概要
九州大学 カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(I2CNER) ペトロス ソフロニス カーボンニュートラル・エネルギー社会実現への道筋
CO2の排出を減らすとともに、非化石燃料によるエネルギーシステムを構築するための基礎科学を創出することによって、環境調和型で持続可能な社会の実現に貢献します。
 平成22年度採択拠点 拠点構想


平成19年度採択拠点

ホスト機関名拠点名称拠点長名拠点の概要
東北大学 材料科学高等研究所(AIMR) 小谷 元子 世界トップの材料科学研究拠点形成
物理学・化学・材料科学、バイオエンジニアリング、電子・機械工学に関する世界第一線級の研究者が本機構に集まり、優れた研究環境の下、研究システム改革も踏まえ、世界トップレベルの研究成果を出し、目に見える材料科学研究拠点の形成を達成することを目的としています。
東京大学 カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU) 大栗 博司 宇宙の起源と進化の解明を目指す融合型研究拠点
現代基礎科学の最重要課題である暗黒エネルギー、暗黒物質、統一理論(超弦理論や量子重力)などの研究を数学、物理学、天文学における世界トップクラスの研究者の連携によって進め、目に見える国際研究拠点の形成を目標としています。
京都大学 物質-細胞統合システム拠点(iCeMS) 北川 進 細胞科学と物質科学を統合した学問分野をメゾ領域で創出
本拠点の目的は、細胞の化学原理を理解し、幹細胞をはじめとする細胞の機能を操作する化学物質や、細胞機能に触発された機能材料を創成することです。究極的には、物質-細胞統合科学という新たな研究領域の開拓を目指します。
大阪大学 免疫学フロンティア研究センター(IFReC) 審良 静男 免疫を視る ―動的ネットワーク解明へ新たな挑戦―
IFReCは世界トップレベルの研究者を中核として、免疫学とイメージング技術の融合を通して、免疫学に革新をもたらすような成果を発信していきます。
物質・材料研究機構 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(MANA) 佐々木 高義 マテリアル・ナノアーキテクトニクス ―新材料開発のための新しいパラダイム―
MANAは「マテリアル・ナノアーキテクトニクス」と名付ける材料開発の新しいパラダイム変換を目指しており、また、システム改革の面から、「メルティングポット環境」、「若手研究者の育成」および「世界的ネットワークの構築」を3つの柱としています。
 平成19年度採択拠点 拠点構想