お問い合わせ先

経営企画部情報企画課広報企画室
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
03-3263-1842
03-3237-8483
publicrelations*jsps.go.jp
(注)メールアドレスは「@」を「*」に置換しています。

JSPS Monthly

メールマガジンのご紹介購読についてバックナンバー

バックナンバー

╋━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 平成20年12月号 JSPS Monthly (学振便り)
╋━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
_________________________

月迫の候、各地から次々雪の便りも届き、今年もいよい よ残り僅かとなりました。

この秋、基礎科学力強化懇談会が文部科学大臣主催で開 催され、研究環境の整備・改善、研究への支援充実、若 者の興味・関心の向上のための活発な議論が開始されま した。知的好奇心を持ち続けることは、基礎研究が発展 するための普遍的な要素です。 研究者の自由な発想に基づく学術研究の一層の充実に向 けて、20年後或いは30年後の未来を見据えながら、時流 に流されない知の探究を中長期的な視点の下で推進する ことができるよう、引き続き努力して参ります。

12月号では、二国間交流事業 共同研究・セミナー(2 月締切分)、若手研究者交流支援事業、日中韓フォーサ イト事業や、ひらめき☆ときめきサイエンスの平成21年 度分の募集を新しくご紹介しています。

JSPS Monthlyは従来発行してきた学術月報に替わり、日 本学術振興会(JSPS)の公募案内や活動報告などを月1 回配信するサービスです。 JSPSの公募事業などへ関心をお持ちのどなた様でも無料 でお申し込みいただけます。 _________________________

■INDEX ┣【1】公募案内 ┣【2】行事予定 ┣【3】トピックス ┣【4】海外動向 ┗【5】お知らせ

************************* クリック数調査のため、各リンクはcz.biglobe.ne.jpを 含むアドレスとなっております。あらかじめご了承くだ さい。 *************************

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■ 【1】公募案内 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ~~~~~~現 在 応 募 受 付 中~~~~~~

◇国際学会等派遣事業  平成21年度第Ⅰ期分申請を受け付けています。海外で  開催される国際学会等への我が国の優れた研究者の参  加を支援する事業です。  受付期間:平成20年11月4日(火)~12月5日(金)  http://www.jsps.go.jp/j-is/main.html   ◇外国人著名研究者招へい事業  平成21年度分申請を受け付けています。卓越した研究  業績を有する諸外国の著名研究者を一定期間内に複数  回招へいし、受入機関全体の研究及び研究活動等への  助言・協力を継続的に享受できる機会を提供する事業  です。  受付締切:第1回:平成20年12月12日(金)       第2回:平成21年 6月 5日(金)  http://www.jsps.go.jp/j-awards/index.html

◇二国間交流事業 共同研究・セミナー(2月締切分)  平成21年度分申請のうち、次の対象国の研究者と協力  して行う共同研究・セミナーの実施経費支援事業の募  集を開始します。個々の研究者交流を発展させた二国  間の研究チームの持続的ネットワーク形成を目指す事  業です。  対象国:韓国、ベトナム、ベルギー、フィンランド  受付期間:平成20年12月1日(月)~平成21年2月12日       (木)  http://www.jsps.go.jp/j-bilat/semin/nikokukan_boshu2.html

◇機動的国際交流  アジア諸国との国際交流事業(国際会議、研究者派遣)  の事業提案を受け付けています。  受付期間:随時  実施期間:平成20年度 平成21年1月~3月:若干数       平成21年度 平成21年4月~平成22年3月:             10件程度  http://www.jsps.go.jp/j-astrategy/01_outline_fiep.html

~~~~今 後 の 応 募 受 付 予 定~~~~

〔12月中に受付が開始されるもの〕

◇若手研究者交流支援事業  -東アジア首脳会議参加国からの招へい-  平成21年度第1回の募集を行います。「21世紀東アジ  ア青少年代交流計画(JENESYSプログラム)」の一環  として実施する事業で、我が国の大学等研究機関にお  いて、アジアを中心とした国々の若手研究者を組織的  ・計画的に受け入れることにより、当該諸国との研究  者ネットワークの形成・強化や高度人材育成への貢献  が期待されます。  受付期間:平成20年12月8日(月)~12日(金)  http://www.jsps.go.jp/j-eayouth/

◇日中医学交流事業  平成21年度分の募集を行います。日本と中国の間の医  学分野における学術交流の促進のため、大日本住友製  薬株式会社及び第一三共株式会社の支援により実施さ  れる共同研究及びセミナー支援の事業です。  本事業は、個々の研究者交流を発展させた二国間の研  究チームの持続的ネットワーク形成を目指します。  受付期間:平成20年12月12日(月)~平成21年1月28日       (水)  ホームページは後日公開予定

〔1月中に受付が開始されるもの〕

◇ひらめき☆ときめきサイエンス事業  平成21年度分の募集を行います。科研費による研究成  果の一端を小中高生が見る、聞く、触れることで、科  学と日常の関わりや、科学がもつ意味を理解してもら  う事業です。  受付期間:平成21年1月19日(月)~22日(木)  http://www.jsps.go.jp/hirameki/index.html

〔2月中に受付が開始されるもの〕

◇日中韓フォーサイト事業  平成21年度課題募集を行います。我が国と中国・韓国  の拠点機関とが、共同研究、セミナー、研究者交流を  効果的に組み合わせて実施する事業です。  受付期間:平成21年2月13日(金)~27日(金)  ホームページは後日公開予定

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△ 以上の公募案内での受付期間は、各所属機関からJSPSに 申請書類が提出される期限ですので、各所属機関におけ る締切日にご注意下さい。 △▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■ 【2】行事予定 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇【ひらめき☆ときめきサイエンス事業】  平成20年度は、全国各地で、小・中・高校生を対象と  して162プログラムが行われています。  12月以降は、全国の大学で8プログラムを開催します。  http://cp11.smp.ne.jp/gakujutu/seminar

◇【大学国際戦略本部強化事業】  平成20年度公開シンポジウムを開催します。  テーマ:「大学の国際戦略―人・財の新たな潮流創出      に向けて―」  主催:日本学術振興会、米国国立科学財団(NSF)、     科学技術国際交流センター、早稲田大学(国際     研究推進本部)  会期:平成20年12月1日(月)~2日(火)  場所:早稲田大学西早稲田キャンパス小野講堂(東京     都新宿区)ほか  http://www.u-kokusen.jp/

◇【機動的国際交流】  「火山災害評価のための火山噴火のモデル化に関する  アジア国際シンポジウム」を開催します。  主催:日本学術振興会、京都大学防災研究所  会期:平成20年12月1日(月)~4日(木)  場所:インドネシアエネルギー鉱物資源省地質学院     (バンドン・インドネシア)  http://www.jsps.go.jp/j-astrategy/09_schedule.html

◇【機動的国際交流】  「日・タイ合同シンポジウム:社会・地域の科学技術  振興における大学の役割」を開催します。  主催:日本学術振興会バンコク研究連絡センター  会期:平成20年12月12日(金)~13日(土)  場所:Siam City Hotel Bangkok(バンコク・タイ)  http://www.jsps.go.jp/j-astrategy/09_schedule.html   ◇【文科省科研費特定領域研究】  文科省科研費特定領域研究「情報統計力学の深化と展  開」公開シンポジウムを開催します。  主催:文科省科研費特定領域研究「情報統計力学の深     化と展開」総括班  日時:平成20年12月14日(日)~17日(水)  会場:北海道大学学術交流会館第1会議室(北海道札     幌市)  概要:  12月14日:平成20年度チュートリアル「情報統計力学       と量子情報」       井上純一(北大)ほか2名講演  12月15-17日:平成20年度研究成果発表会         池田思朗(統数研)ほか14名講演  参加方法:参加自由、参加費無料(但し懇親会費は実       費)  http://dex-smi.sp.dis.titech.ac.jp/DEX-SMI

 連絡先:樺島祥介(東京工業大学大学院総合理工学研      究科・教授)      〒226-8502 横浜市緑区長津田町4259      e-mail:dex-smi2008-office@sp.dis.titech.ac.jp

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■ 【3】トピックス ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇「第2回アジア学術振興機関長会議」を開催しました。  11月26日(水)~28日(金)にアジア10ケ国の学術振  興機関の長または代表者がお台場(港区)に集まり、  アジア地域の共通課題の解決や研究ネットワーク構築  に向けて、国際共同研究についての実情や課題につい  て意見交換し、新たな協力の可能性について検討を行  いました。  http://www.jsps.go.jp/j-astrategy/08_asiahorc_02.html

◇「日英先端科学(UK-Japan FoS)シンポジウム」を開  催しました。  日英の新進気鋭の研究者約70名が、10月4日(土)~6  日(月)の3日間にわたり異なる7つの研究領域におけ  る先端的な科学トピックに関するディスカッションを  行い、国や研究領域を超えた交流を促進しました。  http://www.jsps.go.jp/j-bilat/fos_juk/kaanren_1st.htm

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■ 【4】海外動向 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

JSPSでは海外9ケ国10ケ所(ワシントン、サンフランシ スコ、ボン、ロンドン、ストックホルム、ストラスブー ル、バンコク、北京、カイロ、ナイロビ)に海外研究連 絡センターを設置しています。各センターのホームペー ジはJSPSのホームページからリンクしています。 http://www.jsps.go.jp/j-map/kaigai_center.html

〔12~1月の主なシンポジウム〕

◇JSPSロンドンセンター主催ワークショップ  "High Energy Density Science"をテーマに英国科学  技術設備会議(STFC)と共催のワークショップを開催  します。  会期:平成20年12月15日(月)~16日(火)  場所:Royal Society(ロンドン・英国)  http://www.stfc.ac.uk/resources/pdf/HEDSProg.pdf

◇サンフランシスコ・ベイエリア大学間連携ネットワー  ク(JUNBA)主催シンポジウム  "Next Step to a Greener Earth"をテーマに「JUNBA2  009」を実施します。  会期:平成21年1月12日(月)~13日(火)  場所:カリフォルニア州バーリンゲーム(米国)  http://www.jspsusa-sf.org/junba/junba2009_j.html

◇JSPSストラスブールセンター主催シンポジウム  "Molecular dialogue of bacteria with the host"を  テーマにフランス国立農業研究所(INRA)と共催のシ  ンポジウムを開催します。  会期:平成21年1月30日(金)  場所:INRA本部(パリ・仏国)

〔海外の学術動向〕

◇スウェーデン研究・イノベーション法案について  スウェーデン政府は研究イノベーション法案を公表し  ました。  http://www.jsps.go.jp/j-news/data/kaigai05/26.pdf

◇フランス高等教育・研究省予算について  フランス高等教育・研究大臣は同省の2009年~2011年  の予算について発表しました。  http://www.jsps.go.jp/j-news/data/kaigai05/25.pdf

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■ 【5】お知らせ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇「魅力ある大学院教育」イニシアティブ〈平成18年度  採択教育プログラム〉事後評価結果について  国公私立大学からの、46件の事業結果報告を受けて、  「魅力ある大学院教育」イニシアティブ委員会におい  て事後評価を実施し、評価結果が公表されました。  http://www.jsps.go.jp/j-initiative/index.html

◇サマー・プログラム  平成21年度の日程が決まりました。  米・英・仏・独・加の博士号取得前後の研究者が夏期  2ケ月間、日本の文化体験および大学等での共同研究  をするプログラムです。募集については、各国の協力  機関において行っています。  日程:平成21年6月16日(火)~8月26日(水)  場所:総合研究大学院大学(神奈川県葉山町)、国内     の大学等研究機関  http://www.jsps.go.jp/j-summer/index.html

◇本メールマガジンは転送・転載・紹介を推奨します。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋  ◇次号は平成21年1月5日(月)配信予定  ◇内容・記事に関するご意見・お問い合わせ   kikaku@jsps.go.jp  ◇配信停止・登録・バックナンバーはこちらから   http://www.jsps.go.jp/j-mailmagazine/index.html

 <学術月報電子版「学振便り」>  発行:独立行政法人 日本学術振興会(JSPS)     総務部企画情報課 http://www.jsps.go.jp/

 Copyright(C)2008 JSPS All rights reserved. ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋