お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
研究事業部 研究助成企画課、研究助成第一課、研究助成第二課
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
詳細はこちら

科学研究費助成事業

特別推進研究

平成21年度特別推進研究の研究進捗評価・事後評価について

 特別推進研究として採択された研究課題については、「科学研究費補助金(基盤研究等)における審査及び評価に関する規程」に基づき、日本学術振興会科学研究費委員会審査・評価第一部会において、平成21年度の研究進捗評価・事後評価を行いました。
 研究進捗評価は、対象となる研究課題の進捗状況を把握し、当該研究のその後の発展に資することを目的に、これまでの中間評価及び事後評価を見直し、研究期間の最終年度前年度(研究期間3年の研究課題はその最終年度)に実施するものです。本年度は、対象となる17件の研究課題についてヒアリングを行い、その結果に基づいた審議の上、各評価結果を決定しました。
 なお、研究進捗評価の一環として、研究の立ち上げ時期(研究期間の2年目又は3年目)に研究代表者の研究室等に出向き、研究の進展状況や購入された設備等の活用状況等を確認し、成果を上げるために十分な研究環境を整え、順調に研究が進んでいるか等について把握するため、対象となる19件の研究課題について、現地調査を行い、その結果に基づいた審議の上、各評価コメントを決定しました。
 事後評価は、『研究進捗評価』が導入されたことに伴って廃止される予定ですが、既に研究期間の最終年度前年度を経過している研究課題については、研究期間終了後に経過措置による事後評価を行います。本年度は、対象となる12件の研究課題についてヒアリングを行い、その結果に基づいた審議の上、各評価結果を決定しました。
 今回、研究進捗評価・事後評価の対象となった研究課題について、以下のとおり評価結果を公表します。