お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
研究事業部 研究助成企画課、研究助成第一課、研究助成第二課、研究事業課
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
詳細はこちら

科学研究費助成事業

特別推進研究

令和2(2020)年度 特別推進研究 中間評価課題一覧

    各研究課題について、研究代表者が作成した研究概要と審査・評価第一部会において決定された評価結果をPDF形式で公表しています。
    なお、研究概要は原則として研究代表者が作成したものをそのまま掲載しています。研究代表者の所属等は令和2(2020)年3月現在のものです。

評価結果 A+:想定を超える研究の進展があり、期待以上の成果が見込まれる
A :順調に研究が進展しており、期待どおりの成果が見込まれる
A-:概ね順調に研究が進展しており、一定の成果が見込まれるが、一部に遅れ等が認められるため、今後努力が必要である
B :研究が遅れており、今後一層の努力が必要である
C :研究が遅れ、研究成果が見込まれないため、研究経費の減額又は研究の中止が適当である

小委員会名課題番号研究代表者所属機関・部局・職研究課題名評価
結果
研究
概要
理工系18H05205三澤 弘明
(みさわ
 ひろあき)
北海道大学・電子科学研究所・特任教授ナノ共振器-プラズモン強結合を用いた高効率光反応システムの開拓とその学理解明PDFPDF
18H05206吉田 滋
(よしだ
 しげる)
千葉大学・大学院理学研究院・教授IceCube-Gen2 実験で拓く高エネルギーニュートリノ天文学の新展開PDFPDF
18H05207古澤 明
(ふるさわ
 あきら)
東京大学・大学院工学系研究科(工学部)・教授時間領域多重2次元大規模連続量クラスター状態生成とその応用に関する研究PDFPDF
18H05208腰原 伸也
(こしはら
 しんや)
東京工業大学・理学院・教授光と物質の一体的量子動力学が生み出す新しい光誘起協同現象物質開拓への挑戦PDFPDF
18H05209八島 栄次
(やしま
 えいじ)
名古屋大学・工学研究科・教授記憶力を有するラセン高分子の創成と究極機能の開拓PDFPDF
18H05210中村 光廣
(なかむら
 みつひろ)
名古屋大学・未来材料・システム研究所・教授原子核乾板 -基礎研究・分野横断研究への21世紀的展開-PDFPDF
18H05211藤巻 朗
(ふじまき
 あきら)
名古屋大学・工学研究科・教授パルスを情報伝達担体とする超低電力100GHz級超伝導量子デジタルシステムの探求PDFPDF
18H05212藤原 康文
(ふじわら
 やすふみ)
大阪大学・工学研究科・教授半導体イントラセンター・フォトニクスの開拓PDFPDF
生物系18H05213井ノ口 馨
(いのくち
 かおる)
富山大学・学術研究部医学系・教授アイドリング状態の脳における情報処理メカニズムPDFPDF
18H05214佐々木 裕之
(ささき
 ひろゆき)
九州大学・生体防御医学研究所・教授多階層オミックスによる卵子の発生能制御分子ネットワークの解明PDFPDF
18H05215中山 敬一
(なかやま
 けいいち)
九州大学・生体防御医学研究所・主幹教授幹細胞における細胞周期の制御と代謝系との連関に関する総合的研究PDFPDF

←戻る