お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
研究事業部 研究助成企画課、研究助成第一課、研究助成第二課
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
詳細はこちら

科学研究費助成事業

研究概要・成果

科研費NEWS

文部科学省及び独立行政法人日本学術振興会では、大学や研究機関等で行われる学術研究を支援するため、科研費を交付しています。
このニュースレターでは、科研費により支援した研究活動における最近の研究成果について、その一部をご紹介します。
ニュースレターは、2007年(平成19年)から年4回、四半期ごとに発行しています。

以下よりダウンロード可能(PDF)となっていますので、ご活用下さい。


2014 VOL.1

photo_newsletter
一括ダウンロード
全ページ(5.07MB)
p.1 表紙
p.2 目次
p.3 1.科研費について
2.最近の研究成果トピックス
【人文・社会系】
p.4 「よみがえる中国古代思想─竹簡学の誕生─」
大阪大学・大学院文学研究科・教授・湯浅 邦弘
p.5 「人はなぜ迷うのか~眼球運動と経済的意思決定の関係」
一橋大学・経済学研究科・准教授・竹内 幹
p.6 「グローバル金融危機以降のアジア経済社会の変容とジェンダー」
お茶の水女子大学・大学院人間文化創成科学研究科・教授・足立 眞理子
エッセイ「私と科研費」
p.7 「求められる深く広い基礎知識」
総合研究大学院大学・学長・高畑 尚之
【理工系】
p.8 「極限の宇宙を南極からニュートリノで探査する」
千葉大学・大学院理学研究科・教授・吉田 滋
p.9 「液晶性有機半導体を用いたプリンタブル薄膜太陽電池」
大阪大学・大学院工学研究科・教授・尾﨑 雅則
p.10 「人工光合成機能を有する光触媒システムの開発」
東京理科大学・理学部・教授・工藤 昭彦
p.11 「世界の持続的な水管理メカニズム解明のための人間活動も考慮した統合的な水循環・水資源モデルの開発」
東京大学・生産技術研究所・教授・沖 大幹
p.12 「防災情報による被害軽減のための豪雨災害犠牲者の特徴に関する研究」
静岡大学・防災総合センター・教授・牛山 素行
エッセイ「私と科研費」
p.13 「科研費-伸びる研究」
九州大学・副学長・伊藤 早苗
【生物系】
p.14 「細胞内共生から始まった葉緑体進化の不思議」
大阪大学・蛋白質研究所・准教授・中井 正人
p.15 「メダカの個体認知を介した配偶者選択の神経機構の解明」
東京大学・大学院理学系研究科・助教・竹内秀明
p.16 「新たな人工林のあり方を目指して
」山梨県森林総合研究所・森林研究部・主任研究員・長池 卓男
p.17 「悪性リンパ腫の原因遺伝子の特定」
筑波大学・医学医療系・教授・千葉 滋
p.18 「腎臓の起源同定による3次元腎臓組織の試験管内誘導」
熊本大学 発生医学研究所 教授 西中村 隆一
エッセイ「私と科研費」
p.19 「アフリカでの28年の水田Sawah研究を支えてくれた科研費」
島根大学・名誉教授・若月 利
p.20 3.科研費からの成果展開事例
「抗腫瘍物質ハリコンドリンBの単離・構造決定に基づく乳がん治療薬エリブリンの創出」
神奈川大学・理学部・教授・上村 大輔
「外国人被災者への情報伝達に役立つ「やさしい日本語」の提言と「やさしい日本語」化のための言語資源の開発研究」
弘前大学・人文学部・教授・佐藤 和之
p.21-23 4.科研費トピックス

■バックナンバーはこちら

■分野ごとの一覧はこちら
最近の研究成果
科研費からの成果展開事例