お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
研究事業部 研究助成企画課、研究助成第一課、研究助成第二課
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
詳細はこちら

科学研究費助成事業

研究概要・成果

科研費NEWS

 文部科学省及び独立行政法人日本学術振興会では、大学や研究機関等で行われる学術研究を支援するため、科研費を交付しています。
 このニュースレターでは、科研費により支援した研究活動における最近の研究成果について、その一部をご紹介します。
 ニュースレターは、2007年(平成19年)から年4回、四半期ごとに発行しています。

 以下よりダウンロード可能(PDF)となっていますので、ご活用下さい。


2013 VOL.1

photo_newsletter
一括ダウンロード
全ページ(5.42MB)
p.1 表紙
p.3 1.科研費について
2.最近の研究成果トピックス
【人文・社会系】
p.4 「文化の発展につながるチンパンジーの模倣能力を発見」
京都大学・霊長類研究所・特定助教・山本 真也
p.5 「イノベーション・プロセスの推移を、テキストマイニング分析で定量的に測定:オンライン証券業界の事例」
東京理科大学・経営学部・准教授・高井 文子
p.6 「ジェンダー視点から見る生活保障とグローバル経済危機」
東京大学・社会科学研究所・教授・大沢 真理
エッセイ「私と科研費」
p.7 「科研費による研究者養成」
神戸大学・学長・福田 秀樹
【理工系】
p.8 「大気中のブロッキングはなぜ長く持続する?」
九州大学・名誉教授・伊藤 久徳
p.9 「ウイルスの化学合成を目指して:ペプチドの自己集合によるアプローチ」
鳥取大学・大学院工学研究科・教授・松浦 和則
p.10 「バルクナノメタルの研究」
京都大学・大学院工学研究科・教授・辻 伸泰
p.11 「発展する都市「つくば」のヒートアイランドの現在と将来:60年後の夏は2010年猛暑並?」
筑波大学・大学院生命環境科学研究科・准教授・日下 博幸
エッセイ「私と科研費」
p.12 「私と科研費」
早稲田大学・名誉教授・工学博士・吉村 作治
【生物系】
p.13 「アフリカのホモ・エレクトスが作成した旧石器の時代的変遷」
東京大学・総合研究博物館・教授・諏訪 元
p.14 「サケの母川記銘・回帰メカニズムに関する生理学的研究」
北海道大学・北方生物圏フィールド科学センター・教授・上田 宏
p.15 「植物の高温耐性を強化する遺伝子を発見」
東京農業大学・応用生物科学部・准教授・太治 輝昭
p.16 「骨髄ニッチの造血幹細胞を老化から守る低酸素応答システム」
慶應義塾大学・医学部・専任講師・田久保 圭誉
p.17 「Dclk1 distinguishes between tumor and normal stem cells in the small intestine 腸腫瘍幹細胞特異的マーカーDclk1の同定」
京都大学・医学研究科・教授・千葉 勉
 
p.18-20 3.科研費から生まれたもの
「選挙と投票行動の研究  ― サーベイ・リサーチという手法 ―」
京都大学・名誉教授、日本学術振興会・学術システム研究センター・副所長、
文部科学省・国立大学法人評価委員会・委員長(第四期)・村松 岐夫
同志社大学・法学部・教授、同志社国際学院・初等部・国際部・校長、
日本政治学会・理事、学校法人同志社評議員・理事・西澤 由隆
p.21 4.科研費からの成果展開事例
p.22-23 5.科研費トピックス

■バックナンバーはこちら

■分野ごとの一覧はこちら
最近の研究成果
科研費からの成果展開事例