お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
研究事業部 研究助成企画課、研究助成第一課、研究助成第二課、研究事業課
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
詳細はこちら

科学研究費助成事業

研究概要・成果

科研費NEWS

文部科学省及び独立行政法人日本学術振興会では、大学や研究機関等で行われる学術研究を支援するため、科研費を交付しています。
このニュースレターでは、科研費により支援した研究活動における最近の研究成果について、その一部をご紹介します。
ニュースレターは、平成19(2007)年度から平成30(2018)年度まで年4回、四半期ごとに発行していました。
令和元(2019)年度以降は科研費研究成果トピックスをご覧下さい。

以下より電子ブックでご覧いただけますのでご活用下さい。
※PDFファイルでも提供しています。


最新号(2018 VOL.4)

p.1 表 紙
p.3 1.科研費について
  2.最近の研究成果トピックス
【人文・社会系】
p.4 「イギリス感受性文化とジェンダー―医科学・教育・動物・植民地をつなげて見えてくるもの」
上智大学 外国語学部 准教授 小川 公代
p.5 「時間知覚に関する脳のはたらき」
東京大学 大学院総合文化研究科 准教授 四本 裕子
p.6 「数学教育における数学的探究の促進に関する研究」
信州大学 学術研究院教育学系 准教授 小松 孝太郎
【理工系】
p.7 「原始惑星系円盤の化学」
東京大学 理学部天文学科 教授 相川 祐理
p.8 「イオン導電性高分子薄膜の創製とエネルギーデバイスへの応用」
山梨大学 クリーンエネルギー研究センター 教授 宮武 健治
p.9 「仮想壁を用いた高齢者の転倒リスクの見える化~転倒災害ゼロ社会の実現を目指して~」
横浜国立大学 大学院工学研究院 准教授 島 圭介
p.10 「微生物を利用した排水等からの資源回収」
広島大学 大学院工学研究科 教授 大橋 晶良
p.11 「バーチャルサイボーグ:意図推定によるロボット制御と身体拡張」
大阪大学 大学院情報科学研究科 教授 前田 太郎
【生物系】
p.12 「ハエの音識別学習の発見と神経機構の解明」
名古屋大学 大学院理学研究科 教授 上川内 あづさ
p.13 「ツキノワグマの春から夏のしのぎ方」
東京農業大学 地域環境科学部 教授 山﨑 晃司
p.14 「環境撹乱に対する陸域生態系の応答」
北海道大学 大学院農学研究院 教授 平野 高司
p.15 「機械学習で日本人集団の白血球の血液型を解明」
大阪大学 大学院医学系研究科 教授 岡田 随象
p.16 「真核生物・哺乳類におけるイオウ呼吸の発見」
東北大学 大学院医学系研究科 教授 赤池 孝章
  3.科研費からの成果展開事例
p.17 「間伐材と自律型極限計測センサを用いた土砂・雪崩災害警報システムの社会実装」
秋田県立大学 システム科学技術学部 教授 下井 信浩
p.17 「ウイルス・受容体・感染阻害分子の構造情報解明による創薬展開」
九州大学 大学院医学研究院 准教授 橋口 隆生
p.18-20 4.科研費トピックス

■バックナンバーはこちら

■分野ごとの一覧はこちら
最近の研究成果
科研費からの成果展開事例