JSPS 日本学術振興会
採択拠点(平成14年度)
   
 
│生命科学│化学・材料科学情報・電気・電子人文科学学際・複合・新領域
   
   
 
【生命科学】
拠点
番号
拠点のプログラム名称 機 関 名 リーダー名
A01 バイオとナノを融合する新生命科学拠点 北海道大学 長田 義仁
A02 動物性蛋白質資源の生産向上と食の安全確保(特に原虫病研究を中心として) 帯広畜産大学 五十嵐 郁男
A03 バイオナノテクノロジー基盤未来医工学 東北大学 佐藤 正明
A04 細胞の運命決定制御 秋田大学 稲垣 暢也
A05 複合生物系応答機構の解析と農学的高度利用 筑波大学 深水 昭吉
A06 生体情報の受容伝達と機能発現 群馬大学 岡島 史和
A07 生体シグナル伝達機構の領域横断的研究 東京大学 高橋 智幸
A08 「個」を理解するための基盤生命学の推進 東京大学 山本 正幸
A09 戦略的基礎創薬科学 東京大学 杉山 雄一
A10 生命工学フロンティアシステム 東京工業大学 半田 宏
A11 システム生命科学:分子シグナル系の統合 名古屋大学 町田 泰則
A12 新世紀の食を担う植物バイオサイエンス 名古屋大学 水野 猛
A13 先端生命科学の融合相互作用による拠点形成 京都大学 米原 伸
A14 生物多様性研究の統合のための拠点形成 京都大学 佐藤 矩行
A15 生体システムのダイナミクス 大阪大学 柳田 敏雄
A16 細胞超分子装置の作動原理の解明と再構成 大阪大学 月原 冨武
A17 蛋白質のシグナル伝達機能 神戸大学 吉川 潮
A18 フロンティアバイオサイエンスへの展開(細胞機能を支える動的分子ネットワーク) 奈良先端科学技術大学院大学 磯貝 彰
A19 統合生命科学(ポストゲノム時代の生命高次機能の探究) 九州大学 藤木 幸夫
A20 細胞系譜制御研究教育ユニットの構築 熊本大学 田賀 哲也
A21 生理活性ペプチドと生体システムの制御 宮崎大学 中山 建男
A22 構造生物学を軸とした分子生命科学の展開 兵庫県立大学 吉川 信也
A23 天然素材による抗感染症薬の創製と基盤研究 北里大学 大村 智
A24 システム生物学による生命機能の理解と制御 慶應義塾大学 柳川 弘志
A25 ヒト複合形質の遺伝要因とその制御分子探索 東海大学 猪子 英俊
A26 微生物共生系に基づく新しい資源利用開発 日本大学 別府 輝彦
A27 放射光生命科学研究 立命館大学 山田 廣成
A28 食資源動物分子工学研究拠点 近畿大学 入谷 明
   
   
<BACK>

21世紀COEプログラム